Subscribe: RSS Twitter

ビジネス英語メールマナーについて:ビジネス英語メールの書き方:挨拶


ビジネス英語を学んでいる人の中でも、特にビジネスメールの書き方について探している方が多いと思います。
当サイトでは、このような需要を見越して、すでに「ビジネスメールの書き方ガイド」を書いておきました。

このガイドは、Ebookとして無料で配っているので、読んでみたいと思っている方は、当サイト発行の無料メール英語塾に参加すれば、この35ページのガイドがもらえます。ガイドの中には、ビジネス英語メールの挨拶に始まり、ビジネス英語の決まり文句、ビジネス英語としてすぐに使える例文が数多く掲載されているので、とても役立つビジネス英語ガイドブックです。



ビジネス英語メールの書き方:挨拶編

ビジネス英語メールの書き方:挨拶編




ビジネス英語メールガイドの内容サンプル



今回は、サンプルとして、ビジネス英語メールガイドの「挨拶」の章を少し紹介します。


パート1:ビジネス英語の挨拶・決まり文句


ビジネスシーンにおいて、名前?名字?どちらを使えばいいのでしょうか?

名前の呼び方は、個人の考えや、人間関係にもよりますが
もし、分からない場合は、Eメールでも手紙でも、Mr や、Ms などのタイトルと名字を使いましょう。

  • Mr 男性。
  • Ms 女性、一般の名称。
  • Miss 若い結婚していない女性。少し古い感じもあるが、子供ではないなら、Ms を使った方が良い。
  • Mrs 夫の名字を使っている婦人。


女性の場合は、結婚しているかどうか分からないなら、Ms を使いましょう。

そして、上記のタイトルは、名前ではなく、名字を使います。
相手を名前で呼ぶなら、Mr やMs などのタイトルは必要ありません。

例えば:

  • Mr John Smith 使ってOKです。
  • Mr Smith 使ってOKです。
  • Mr John NGです。使わないで下さい。


相手と仲良がいい間柄なら、名前だけで呼んでも大丈夫でしょう。
しかし、初めて会う相手には、正式な呼び方で呼んだ方がよいでしょう。
相手は後で「Please call me ~」と言って、このように呼んで下さいと言ってくる事もあります。

英語では、「名前」は「first name」か「given name」に相当します。
「名字」は、「last name」か「family name」か「surname」に相当します。

「Dear ~」か、「Hi ~」か、「Hello ~」?のうち、何を使うのが正しいのでしょうか?

「Dear ~」は、正式な手紙における、拝啓の意味です。ビジネスEメールに使ってもいいですが、Eメールは手紙ほど正式なコミュニケーションメディアではない為に、英語圏のネイティブ達には、「Hi」 や「Hello」 の方がよく使われています。


  • Dear John
  • Dear Mr Smith
  • Dear Mr John Smith


上記の拝啓の例は、ファーストコンタクトの際のEメールや、少し正式なやりとりを行う際にに使ます。
同僚や、知り合いや、仲の良い人とメールする時には、「Hi ~」や「Hello ~」を使えばいいでしょう。
そして、「Hi」や「Hello」を使う時、名前だけで大丈夫です。


  • Hi John
  • Hello John


ビジネス手紙を書くときに、相手の名前が知らない時がある。こういう時に、下記の拝啓を使う。


  • Dear Sir
  • Dear Madam
  • Dear Sir/Madam

Eメールを書くときに、相手との関係が親しければ、少し「スモールトーク」のような文章を入れてもいいと思います。

例えば:

How are you? (Eメールだけ)
(調子はどうですか)

I hope you are well. (Eメール、手紙)
(あなたが元気だと望んでいる)

日本人は、手紙を書く時に、天気や季節関係の文章を入れる事が多いと思いますが、英語のビジネスEメールには、あまり必要ないかもしれません。ですが場合によって、書いてもOKだと思います。

特に、変わった天気の時や、気持ちのいい天気などの日に^^

I hope you are enjoying the hot weather.
(この良い天気を楽しめるといいですね。)


このビジネス英語のメールガイドの続きを読みたければ、以下の無料メール英語塾に参加してください。^^

↓   ↓   ↓



   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。

   ビジネス英語教材:ビジネス・イングリッシュ・マスター





当サイトの英語圏のネイティブライターが行う無料メルマガ英語塾の会員募集



マスターランゲージでは現在、当サイトの4ヶ国のネイティブ英語講師が行う無料メルマガ英語塾を開講しています。

全8回で行われるこのメルマガ英語塾は、コミュニケーションを主体とする話せる英話学習をテーマにした内容で行っております。

ネイティブとの会話の際にすぐ使える実践型の英会話テクニックやビジネス英語講座、TOEICのスコアアップ講座等も合わせて紹介していきます♪
メールを送るサーバーの限界があるので、初回300名様限定とさせて頂きます。

・第一日目: 1.英語圏の文化を理解する為に必要な英語のイディオムとフレーズの学習:食べ物やカルチャー偏

・第二日目: 2.英語力を磨くために:句動詞をマスターする学習

・第三日目: 3.パターントレーニングに応用可能な映画やドラマなどの会話フレーズで学習

・第四日目: 4.シークレットアドバイス:ネットで無料で英語スピーキングする為の方法やサイトの紹介

・第五日目: 5.絶対にTOEICのスコアアップをさせる為に必要なスキルとオリジナルノウハウ紹介

・第六日目: 6.恋愛英語フレーズと国際恋愛英語

・第七日目: 7.すぐに使えるビジネス英語フレーズ集

・第八日目: 8.リスニング力をアップさせる教材の探し方とテーマの選び方について

また、お申し込み頂いた方に以下の無料で英語学習のE-BOOKをプレゼントしています。
このE-BOOKは「ビジネス英語をマスターする為の英語フレーズにテーマをしぼった教材です」

※こちらのE-BOOKは、メルマガ英語塾の最終回である第八日目にプレゼントさせて頂いております。



※ 最近、携帯電話のキャリアのメールアドレスにはメールが届きにくくなっています。登録の際はパソコンのメールアドレス(プロバイダーのアドレスやyahoo,gmail等)のアドレスでのご登録をお願い致します。

※また、こちらのメールシステムの都合上、お名前を登録して頂く際に変わったニックネームで名前を登録されますと、メールが届かなくなってしまう事があるので、出来るだけニックネームではなく、お名前で登録お願いします。


お名前
メールアドレス




© 2016 独学で英語を勉強してマスターする為の方法を紹介する英語学習サイト:マスターランゲージ | イギリス英語の学習方法も紹介しています。 · Subscribe: RSS Twitter · マスターランゲージ