英語圏の会社・外資系の会社の社内カルチャー・ビジネス英語紹介:英語圏の国において上下関係を表す敬語はありますか?英語に敬語の表現はあるのでしょうか?


英語圏のビジネス英語マナーについて:英語に敬語の表現はあるのでしょうか?


日本の会社の中では、上下関係を表す先輩・後輩の関係が、かなり明確に決まっていると思います。

人と話をする時、その上下関係によって言葉遣いを変える必要が出てくると思います。そして、日本語の「敬語」は、普段遣われている日常会話と異なり違います。日本人はビジネスの関係では、違った動詞を使い、違う文章のパターンも使うでしょう。

しかし、英語圏において、日常生活と違った言葉遣いである敬語等が使われるシーンはあるのでしょうか?
英語圏の職場において、日本のような先輩・後輩のような関係はあるのでしょうか?

今回は、この質問から英語圏の敬語についてと、英語圏の会社・外資系の会社の社内カルチャーについて書いてみたいと思います。


英語圏の会社・外資系の会社の社内カルチャー・ビジネス英語紹介
英語圏の会社・外資系の会社の社内カルチャー・ビジネス英語紹介




英語圏の会社・外資系の会社の社内カルチャー



英語圏の国の中でも、それぞれの国によってビジネスカルチャーの違いがあります。一般的に日本と比べると、英語圏の国の会社では、社内においてもっと平等的な考え方があると思います。

年齢という理由で上下関係が決まるというよりも、個人の才能や個人の成績でポジションが決まる場合が多いです。

言葉遣いに関しても、日本の職場のように相手によって、極端に変える事はありません。また、「敬語」というコンセプト自体ありません。しかし英語でも、丁寧な話し方はありますし、それらは社内においても使われています。

英語で丁寧な表現をしたいと思っている場合、単語でその事を伝えるよりも、雰囲気でリスペクトを表します。

自分のボスや、上司と話す時には、余計な「敬語」のような言葉を使いすぎると、逆に「イエスマン」のような印象を残してしまいます。そして、自分の後輩にあたる人に何かを頼む時には、逆に丁寧な言葉を使わないと嫌われるかもしれません。

ですから英語圏の国のオフィスでは、相手が誰であっても、誰に対しても、丁寧な言葉でコミュニケーションして話しかける事が一番いいでしょう。 



英語の丁寧語とは?



英語には、日本語のような敬語ありませんが丁寧な話し方はあります。

例えば相手に何かを頼む場合:

  • I want you to ~。 私はあなたに~をしてほしいです。 (ダイレクトで失礼な言い方)
  • Can you ~ ?  ~してもらえますか? (普通)
  • Could you ~? ~していただけますか? (丁寧)
  • Would you ~? ~していただけますでしょうか? (とても丁寧)


またこれ以外にも、他の表現で「ソフト」に話す事が出来ます。

  • When you have time, would you ~ ? (時間があれば、~していただけますでしょうか?)
  • Sorry to bother you but …..? (お忙しい所……)
  • Could you do me a favor? Could you ~? (ちょっとお願いがあるんですが。~していただけますか?)
  • Would you mind ~ing for me? ~(してくれませんか?)
  • I’d be really grateful if you could ~… ((直訳)あなたが~をしてくれれば、私はとても感謝します)

日本語に直訳できない場合も多いですが、時と場所を選べは、さらに多くの丁寧なフレーズが使えます。そして、声のイントネーションや雰囲気で、感謝やリスペクトなどの感情を表す事も出来ます。






ビジネス英話学習教材:ビジネスイングリッシュ・マスター










   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post