Subscribe: RSS Twitter

ビジネス英語ライティング表現・例文紹介:丁寧なニュアンスの命令・依頼する際のフレーズ



毎回ある程度人気になるビジネス英語のライティング表現についての記事ですが、今回紹介するビジネス英語のフレーズは「相手に何かを頼む・お願いする際の丁寧なフレーズ」を紹介していきたいと思います。

英語圏でのビジネス上の人間関係として、人に何かをお願いする際に強く「命令」すると言うニュアンスよりも、部下に何かを「頼む」・「お願いする」という考え方が前提にあります。

これは日本の企業でも業種や職種によって様々なケースがあると思いますが、英語圏でのビジネス上の人間関係では、誰かに仕事を頼む際あからさまに強く「命令」すると部下の信頼やリスペクトを失い、仕事を指揮する上司として嫌われてしまうので、あまり良いビジネス上ので人間関係が築けません。


特に英語では、日本語のような「敬語」という文法がありません。その代わり英語圏のビジネス環境では目上の人と話す際に、言葉遣いやマナー、言い方などの点に注意を払って英語を話す必要があります。この言い方やマナー・伝え方が日本語の敬語にあたる相手への丁寧な接し方になります。

ですので、ビジネス上で相手に何かを頼む際には下記のフレーズを覚えておくといいと思います。


丁寧なニュアンスのビジネス英語例文紹介

丁寧なニュアンスのビジネス英語例文紹介







ビジネス英語で何かを頼む際のフレーズ

 


  • Could you ○○?  (○○してくれませんか?)
  • Would you mind ○○ing? (○○して頂けませんか?)

先程も説明した通り、英語には日本語と違って敬語という文法がありませんから、日本語の敬語を完璧なニュアンスで英語に置き換えて翻訳する事は出来ません。

上記のビジネス英語の例文は、例えば英語圏の会社で上司が部下に言った場合も、部下が上司に言った場合でもニュアンス的にOKです。失礼な表現にはなりません。Could you ○○? という表現は特に役に立つフレーズです。いつでも使える丁寧な表現です。


丁寧なビジネス英語例文


  • Could you finish this by the end of the day? (これを今日中に済ませてもらえませんか?)
  • Would you mind calling Mr Smith for me? (スミスさんに電話して頂けませんか?)




ビジネス英語で命令する行為をやわらかく表現する場合のフレーズ



英語には敬語はないと伝えてきましたが、やはり会話する相手によって、命令する場合、頼みたい事をやわらかく伝えたい場合が出てくると思います。その際には上記のフレーズを以下のように付け加えて表現します。


さらに丁寧なビジネス英語例文


  • When you have time, could you ○○? (時間があれば、○○してもらえませんか?)
  • If you have a moment, would you mind ○○ing? (少し時間があれば、○○して頂けませんか?)
  • Could you do me a favor? (あなたにお願いがあるんですが。)
  • If you’re not too busy, could you ○○? (もしお忙しくない場合、○○をしてもらえませんか?)(直訳)


※上記のフレーズは無理やり日本語の敬語に直訳したものです。勿論ニュアンス的には正しい丁寧なビジネス英語として使えますが。日本語がネイティブの日本人にとっては少し変な言い方に聞こえるかもしれません。


しかし英語圏の上司は、自分の部下にこういった表現を使って話します。
上司は自分の部下に丁寧な表現を使ってお願いをしますが、上司と部下の間では、これらの表現が「命令」だという事が理解出来ます。

私は、ビジネス英語を教えている際によく「よろしくお願いします。は、英語で何と言いますか?」と質問される事がありますが、英語には、このような決まり文句がありませんし、直訳する事が出来ません。

ただ英語で何かを頼むときに、しっかりととpleaseとthank youと言えば良いですし、気持ちの良い人間関係が作れると思います。


丁寧なビジネス英語例文:感謝


A. Could you send this letter for me? (この手紙を送ってくれませんか?)

B. Sure. I’ll do it now. (かしこまりました。直ぐに送ります。)
A. Thanks. (よろしくお願いします。)







   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。

   ビジネス英語教材:ビジネス・イングリッシュ・マスター





当サイトの英語圏のネイティブライターが行う無料メルマガ英語塾の会員募集



マスターランゲージでは現在、当サイトの4ヶ国のネイティブ英語講師が行う無料メルマガ英語塾を開講しています。

全8回で行われるこのメルマガ英語塾は、コミュニケーションを主体とする話せる英話学習をテーマにした内容で行っております。

ネイティブとの会話の際にすぐ使える実践型の英会話テクニックやビジネス英語講座、TOEICのスコアアップ講座等も合わせて紹介していきます♪
メールを送るサーバーの限界があるので、初回300名様限定とさせて頂きます。

・第一日目: 1.英語圏の文化を理解する為に必要な英語のイディオムとフレーズの学習:食べ物やカルチャー偏

・第二日目: 2.英語力を磨くために:句動詞をマスターする学習

・第三日目: 3.パターントレーニングに応用可能な映画やドラマなどの会話フレーズで学習

・第四日目: 4.シークレットアドバイス:ネットで無料で英語スピーキングする為の方法やサイトの紹介

・第五日目: 5.絶対にTOEICのスコアアップをさせる為に必要なスキルとオリジナルノウハウ紹介

・第六日目: 6.恋愛英語フレーズと国際恋愛英語

・第七日目: 7.すぐに使えるビジネス英語フレーズ集

・第八日目: 8.リスニング力をアップさせる教材の探し方とテーマの選び方について

また、お申し込み頂いた方に以下の無料で英語学習のE-BOOKをプレゼントしています。
このE-BOOKは「ビジネス英語をマスターする為の英語フレーズにテーマをしぼった教材です」

※こちらのE-BOOKは、メルマガ英語塾の最終回である第八日目にプレゼントさせて頂いております。



※ 最近、携帯電話のキャリアのメールアドレスにはメールが届きにくくなっています。登録の際はパソコンのメールアドレス(プロバイダーのアドレスやyahoo,gmail等)のアドレスでのご登録をお願い致します。

※また、こちらのメールシステムの都合上、お名前を登録して頂く際に変わったニックネームで名前を登録されますと、メールが届かなくなってしまう事があるので、出来るだけニックネームではなく、お名前で登録お願いします。


お名前
メールアドレス




© 2016 独学で英語を勉強してマスターする為の方法を紹介する英語学習サイト:マスターランゲージ | イギリス英語の学習方法も紹介しています。 · Subscribe: RSS Twitter · マスターランゲージ