ビジネス英語のフレーズ紹介:人や物・商品を紹介する際に使えるフレーズ


ビジネス英語フレーズ集:人や物を紹介する時に便利なフレーズ



ビジネス英語の学習と言うと、まだビジネス英語について馴染みがない方は少し難しそうなイメージを持たれる方も多いと思います。

それもそのはずで、ビジネス英語はビジネスシーンでのみ使われる特殊な表現やフレーズが多い事から使う範囲も限定されています。
ビジネスならではの言い回しやボキャブラリー、ビジネス英語のイディオムなどが多いです。


以上の事からも、ビジネス英語に対して「特殊な英語というイメージ」を持たれている方も多いと思います。
また日本人のビジネスマンの場合、英語圏のビジネスマン以外にも非英語圏である外国のビジネスマンとコミュニケーションしたり、会議やプレゼンテーションを行う事も多いと思います。


また英語は日本語の敬語のようなコンセプトはありません。
しかしいくら敬語がないからと言っても、ビジネスレベルで使える丁寧な英語の表現は多く存在しています。

ですから特に、ビジネスのシーンで使うビジネス英語の表現のニュアンスには気をつけて話す必要が出てくると思います。
またビジネスのシーンで使う英語は丁寧なニュアンス以外にも、伝え方や態度で丁寧さを表す事もあります。
(この部分はネイティブ達とビジネスする際はとても大切なマナーだと思います)


ビジネス英語は自分のビジネス環境で使うツールと捉えて必要な知識のみ勉強していく方法がお勧めです。
特にビジネスのシーンでは人を紹介する場合、同僚や取引先を他の誰かに紹介する場合、何か物・商品を紹介したりする事が多いと思います。


そこで今回は、ビジネス英語の中でも人を紹介する時に使うフレーズについて紹介したいと思います。


人や物を紹介する際に使うフレーズ
人や物を紹介する際に使うフレーズ






ビジネス英語で人を紹介する時に使うフレーズ



・This is my colleague, Taro Yamada.
(こちらは、私の同僚の山田太郎です。)

※ワンポイントアドバイス

Colleagueはアメリカ英語でも、イギリス英語でも使われている単語です。Co-worker(同僚)という単語はアメリカ英語になります。



・I’d like to introduce our company president, Mr Sato.
(我が社の社長佐藤を紹介させて頂きたいと思います。)


・I’d like you to meet Ms Yamaguchi.
(あなたに山口さんに会って欲しいと思っています。 こちらは山口さんです。)


・His name is Kato. I’ll have him e-mail you. Can I give him your e-mail address?
(こちらは加藤さんと言います。後日メールで連絡してもらいたいと思っていますので、メールアドレスを教えてもらってもいいでしょうか?)


・Tom, this is Nick. Nick, this is Tom.
(トムさん、こちらはニックさんです。 ニックさん、こちらはトムさんです。)


・Let me introduce my business partner, Makoto Tanaka.
(私のビジネスパートナーの田中誠を紹介させて頂きます。)

※ 人を紹介する時に、フルネームを使った方が丁寧です。


・I’d like to put you in contact with a Toy company.
(あなたに紹介したいトイ(おもちゃ)会社があります。)









   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post