外資系企業でもよく使われているビジネス英語のイディオム紹介



ビジネス英語で使われているイディオムの紹介



英語のイディオムもビジネス英語のイディオムとなれば、日常生活とは違うシーンで使われる事が多いので特殊なイディオムが非常に多いです。またビジネス英語のイディオムは、グローバルな外資系企業とローカルな英語圏の企業では使われているイディオムも異なってくるでしょう。


それぞれのイディオムには各国の国民性や企業の体質などが含まれて、使われている場合もあるので、その辺りに注目してイディオムの使われ方にフォーカスしてみても面白いのではないかと思います。


以前に紹介したビジネス英語の記事に「英語圏の国で使うと嫌われるビジネスジャーゴン」についての記事を紹介しました。


その記事で紹介したフレーズは、ビジネス上では誤解される事も多くなりますので、出来るだけ使わない方が良いと紹介しました。

しかし、いくら自分がビジネスジャーゴンやビジネス英語のイディオム使わなくとも、回りのスタッフ達が使うケースもありますので、必要最低限のイディオムは覚えた方が良いと思っています。そこで今回は、外資系企業も含めて、ビジネス英語(ビジネス会話、雑誌、新聞)でよく使われているイディオムとスラングを紹介します。


今回のイディオムは、社内において嫌な人、嫌なビジネス環境の事を話す際に使うイディオムです。
結構マニアックなビジネス英語のイディオムです(笑)。



外資系企業でもよく使われているビジネス英語のイディオム
外資系企業でもよく使われているビジネス英語のイディオム






今回紹介するビジネス英語のイディオムのリスト




  1. toxic employee
  2. cut-throat
  3. dead wood
  4. rat race
  5. to be a big fish in a small pond






外資系企業でもよく使われているビジネス英語のイディオム: 1. toxic employee



toxic employee (周りの同僚に悪い影響を与える社員)

どこの会社にも、良いスタッフと同僚がいます。彼らはチームプレイが上手で、同僚と上司とのコミュニケーションも上手な人たちです。
しかし、中には悪いスタッフも当然いると思います。(笑)

彼らはよく機嫌が悪くなりますし、ネガティブな性格もあります。周りの同僚や上司とはあまりコミュニケーションを取りたがらないでしょうし、仲もよくありません。
そんな彼らの事をビジネス英語のイディオムで「toxic employee」と呼びます。

「toxic」という単語は、「毒のある~」という意味で、「employee」は「雇い人」という意味になります。このような人のせいで会社内の雰囲気が悪くなります・・。


例文:

Mike Smith is a toxic employee.
(マイク・スミスは悪い社員です。)




外資系企業でもよく使われているビジネス英語のイディオム: 2. cut-throat



cut-throat (厳しいビジネス、厳しいビジネス環境)


例文:

Investment banking is a cut-throat business.
(投資銀行という企業は、とても厳しい会社(業界)です。)
※ この企業(業界)で失敗すると首になるというニュアンスが含まれています。




外資系企業でもよく使われているビジネス英語のイディオム: 3. dead wood


dead wood (不効率的な人や部)


例文:

We need to cut away some of the dead wood at this company.
(我が社の非効率的な社員をリストラする必要があります。)




外資系企業でもよく使われているビジネス英語のイディオム: 4. rat race



rat race (人生の厳しい生存競争)


例文:

I decided to leave the rat race and become a housewife.
(私は、この競争的な生活を辞め、専業主婦になる事にしました。)




外資系企業でよく使われているビジネス英語のイディオム: 5. to be a big fish in a small pond



to be a big fish in a small pond (「井の中の蛙」)


例文:

ABC company is just a big fish in a small pond. If it opens an office in America, it will be in trouble.
(ABC会社は井の中の蛙です。アメリカで事務所を創ったら、困るでしょう。)



さらに詳しいビジネス英語のイディオムを勉強したい方は、当サイトの教材ビジネス・イングリッシュマスターで詳しく紹介しています。英語と日本語訳が交互で流れる音声を使ってビジネス英語を勉強出来ます。











   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post