「サラリーマン」と「OL」は英語で何と言うのでしょうか?英単語に関する疑問・質問について紹介



英単語に関する疑問・質問シリーズ:「サラリーマン」と「OL」は英語で何と言うのでしょうか?




「サラリーマン」と「OL」は英語で何と言うのでしょうか?
「サラリーマン」と「OL」は英語で何と言うのでしょうか?






英語で新しい友達や知り合いと会話する際に、自然と仕事の話になる事があると思います。日本では会社員という言葉を説明する際に「サラリーマン」、「OL」という和製英語がよく使われていると思います。

この言葉は同じ日本人同士である場合は全く問題なく通じますが、例えば外国人と仕事について話す際、これらの単語は通じるのでしょうか?



実はこの「サラリーマン」と「OL」という単語は元々英語の単語ではありませんでしたが、最近日本のカルチャーガイドやドキュメンタリー番組の普及によって、これらの単語は英語圏の国でも少しづつ知られるようになってきました。

しかしサラリーマンやOLという単語は、英語圏の国では、あまりポジティブなニュアンスが含まれている言葉ではありませんので、英語で仕事の話をする際には、違った言い方を使い説明した方がいいと思います。今回は、英語で仕事について話す際によく使われているフレーズを紹介していきたいと思います。




誰かの仕事について質問する際に使うフレーズ



What do you do?
What do you do for a living?
(あなたの仕事は何ですか?)


What line of work are you in?
(あなたはどんな仕事をしていますか?)



自分の仕事を説明する際に使うフレーズ



オフィスで勤務している方の場合、会社名や自分の専門などの詳細を話します。
特に専門性がない職業の場合は、○○部や、一般の事務職である事を言いましょう。


I work for Sony.
(私はソニーで働いています。)


I work for Sony as a salesman.
(私はソニーでセールスマンとして働いています。)


I work for Hitachi, in the marketing department.
(私は日立のマーケティング部で働いています。)


I’m an office administrator.
(私は事務員です。)



OLという立場を英語で紹介する際のフレーズ



OLの場合はサラリーマンと同じように、自分の仕事の内容を説明しましょう。


I’m an office administrator.
(私は事務員です。)


I work in the human resources department.
(私は人事部で働いています。)


他には、自分の専門分野を説明してもいいでしょう。


I work in IT.
(私はIT関連の仕事をしています。)


I work in finance.
(私は金融関係の仕事をしています。)










   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post