「担当」,「係」は英語で何と言うのでしょうか?ビジネス英語に役に立つ表現の紹介



ビジネス英語に役に立つ表現:日本語の「~担当」,「~係」は英語で何と言うのでしょうか?


「担当」,「係」は英語で何と言うのでしょうか?
「担当」,「係」は英語で何と言うのでしょうか?


私は中学校で英会話を教えている事もあり度々生徒から、日本語の「~は英語で何と言いますか」という質問をよく受けます。昨日生徒から「日直は英語で何と言うんですか?」という質問をされました。

「日直」という習慣は日本の学校特有の習慣ですので、英語に上手く翻訳する事が出来ません。しかし「the person on duty today」などのフレーズを使えば、英語圏の人達にも「日直」というコンセプトを説明する事が出来ると思います。

お勧めの教材


この記事を書いたライター(Mairi)が書いた電子書籍をお勧めします!


ビジネス英語でも使える~担当、係りという表現



英語圏のビジネスシーンにおいても当然「日直」という言葉は使われていませんが、「~担当」や「~係り」という表現はよく使われています。例えば「in charge of」や「responsible for」という表現は、これらを説明する際にとても役に立つと思います。


例文:

She is in charge of the reception desk.
(She is the receptionist).
彼女は受付係りです。


He is in charge of the junior high school first graders.
(彼は中学校一年生を担当しています。)


Who is in charge of this area?
Who is responsible for this area?
(この地域の担当者は誰でしょうか?)












   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post