ビジネス英会話を学習を始める前に知っておくべきビジネス英語のルール


各国のビジネス英語とビジネスマナーのルールを理解しビジネス英会話を勉強する

 

日本のグローバル化の波が止まらず、今後もどんどん企業が海外に進出していく必要がある時代になってきました。
それに伴って、ビジネス英語は、日本の社会人にとっては、なくてはならないものになりました。

ビジネス英語は、仕事上で使用する日本語と同じく、ボキャブラリーや話し方などが日常の会話とは違ってきます。

また、海外のマナー(英語を話す相手の国)にも、注意を払う必要があるので、ビジネス英語を使う際は
前持って基本的な、ビジネス英会話のルールを知っておく必要があります。



ビジネス英語をを使って話す相手は、当然日本人ではないので、相手の国のルールや生活習慣などにも気を配る必要があります。
また、ビジネスの交渉相手として、会社の信用と取引のがかかっている場面もありますので、慎重にならざるを得ません。
普段、日常英会話が話せる人であってもビジネスのシーンとなれば緊張する事もあるでしょう。

 
ビジネス英会話学習方法
ビジネス英会話学習方法


 
 


ビジネス英会話を使うシーンから勉強方法を考える

 
しかしビジネス英語といってもは、相手も人間です^^

日本人の交渉相手の時と違ったマナーややり取りをする事さえ抜きにすれば
そんなに肩肘を張らずに、コミュニケーションのコツをつかむことが出来ると思います。

まずは、自分の会社の業種の専門用語や会議や社内で使用される書類、取引先からのメールなどで使われる言葉を、英語で理解できるようにすること。

また、我々日本人は、殆ど行なうことのない、表情やジェスチャーを使ったボディーランゲージは、英語を母国語として使う人々にとって
言葉以上に、強力な意思表示なる事が多々あります。
嬉しい時は嬉しい、厳しい時は厳しく、表情で表す事もビジネス英語を使うシーンにおいては重要です。

英語圏では、ファーストネームで相手の名前呼ぶことが多いです。
だからといって、ビジネス英語の際、いきなりファーストネームで相手の名前を呼ぶ事は
かなり、馴れ馴れしく思われてしまいます。


このような際には、一度相手をMr,~などと、一番丁寧な呼び方で話すようにして
相手の方から、『ファーストネームで呼んでくれていいですよ』と、言われてから、初めてファーストネームで呼ぶようにしましょう。
また、英語は、フランクな言語ではなく、英語にも丁寧な表現や話し方は存在しています。


ビジネス英語の学習の肝は、この丁寧な英語の表現や使い方が重要になるわけです。
どの国の言葉も、言葉や言い方を表現する時に、たくさんの話し方があります。
ビジネス英会話を使うシーンでは、とくに丁寧な言葉使いと言い回しができるように、準備しておきましょう。




ビジネス英会話の習得する為の最終目標を設定する

 
また、ビジネス英語を学習する上で、自分が将来どの程度まで英語で仕事がしたいのか?
この事をあらかじめ考える必要があると思います。

例えば。
同僚にネイティブスピーカーが何人もいるような外資系の会社に仕事をするくらいの英語を身につけたいのか?
それとも、とりあえず、ビジネス会議だけは英語で出来るようになりたいのか?
自社製品を海外に売り込みするための英語が必要など。

英語を使って、どの程度ビジネスに役立たせるのか、明確に目標設定する必要があります。







   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post