英語学習においてTOEICスコアだけを求めてはいけない理由



英語学習においてTOEICスコアだけを求めてはいけない理由


今回は、年々益々需要が上がっている日本企業内においての英語力
その確固たる目安としてTOEICのスコアがあります。

今回は、そのTOEICついてのコラムを書いてみようと思います。


会社での就労、語学留学、英語関係の仕事を考えるなら
まず始めに思う浮かぶのが、TOEIC試験。

現在の日本企業が会社のグローバル化に向けて、益々、社会人は英語を求められています。

電車内やテレビのCMを見ても、プッシュしまくっていますよね^^

ひと昔は、英語のスキルが必要な企業と言えば、貿易会社や外資系企業ぐらいでしたよね。

そして時代は変わり、英語のスキルも、今では、一般企業でも求められるようになってきていて
求人募集を探してみても、英語能力は歓迎されるスキルに上げられていますし
人気のIT関連の仕事では、もはや必須のスキルになりつつあります。


しかし、英語を学習し始めている私達には、ここで一つ考えなくてはいけない事があります。

それは・・・・。

TOEICのハイスコアを取ることだけが、英語学習のターゲットになってしまうと・・・。

英語習得の上で大切な目的を見失ってしまう!
この事に気がつく必要があると思います。


本来は、英語をマスターして、諸外国と人達とコミュニケーションを取る為の英語のはずが
テストで、満点を取るような勉強スタイルに陥ってしまう可能性があるからです。



ここで、一つある事例を紹介して
説明してみたいと思います。


私は、過去に海外向けにビジネスをしている会社や
外資系企業で勤務していた事がありました。


そこの会社では、勿論、英語を日常業務で、使用する機会が多く。
社内のメールも、英語が混ざる事も多々あり、海外からの問い合わせもある。
そんなレベルの英語が使われる会社でした。

この会社には、TOEICのハイスコアを持っている人には色々と優遇されるシステムがあり
社員達は、就業外でも会社主催の英語レッスンを受ける熱の入りよう。


しかし、ある時に事件は起きました(笑)。

社内でも、英語が出来ると評判のMさんが
外国企業の打ち合わせの電話を受ける事になり

彼のその対応は散々たる結果でした・・・。
Mさんの評判は、瞬く間に崩れ去りました。


彼はTOEIC900点台のスコアを
持っているにも関わらず・・・
英語でのコミュニケーションが全く取れませんでした。



普通、私達の考えからすると
TOEIC900点台なんて、かなり流暢な英語を話せるんだろうな~と
思ってしまいがちですが、実はそんな事はないです。


彼の英語力は、テスト対策を万全にした
TOEICの為の英語でした。




コミュニケーションを中心(会話など)とした英語学習ではなく
本来一番大切な、部分を忘れて勉強してしまった暗記の学習スタイルでした。



この例からもわかるように
本来、言語を学習する為には
テストで満点を取るような学習方法では
一生使えるような英語スキルは身につかないという事です。


ですから、会社で出世する為に
必死で、TOEIC英語を暗記したからと言っても
結局は、英語でコミュニケーションが円滑に、はかれないと意味はないですよね。

勿論、素晴らしいTOEICのスコアを持っていて
コミュニケーションもバッチリな人も当然いますが。

社会人になってから、英語を勉強すると
学生時代のように暗記中心で学習する人が多いので
それでは、いけないと思いましたので、今回はあえて紹介してみました。









   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post