日常会話においてのアメリカ英語とイギリス英語の違いとは?TOP10リスト紹介


日常会話においてのアメリカ英語とイギリス英語の違い:両国の異なる単語TOP10リスト



以前の記事でも紹介したように、日常会話において、アメリカ英語とイギリス英語には違いがあります。

大きく分けて説明すると、まず、ポイントとしては以下のような違いがあります。


  • 英語のスペルの違い
  • 発音の違い
  • アクセントの違い
  • 読み方の違い
  • 微妙ですが文法の違い


以上の事があげられます。

日本で英語学習している人達は、殆どその違いに気がつくことなく英語を学んでいる方が殆どだと思います。


しかし、ビジネスシーンやビジネス英語においては、アメリカ英語とイギリス英語の二つの違いを意識しておく必要があると思います。


マナー的にも、そうですが、アメリカで通用するマナーがイギリスで通用する事はないと考えて下さい。

アメリカとイギリスは双方ともに英語圏の国ですが、マナー的な部分やカルチャー、性格、国民性は全く異なります。

そしてビジネスや人間関係を円滑に進めていくには、双方の国のルールやマナー、国民性について知っておくととても役に立つと思います。

以上の事から、今回の記事では、アメリカ英語とイギリス英語の違いについて英単語のTOP10のリストを紹介したいと思います。


アメリカ英語とイギリス英語の単語の違い
アメリカ英語とイギリス英語の単語の違い





アメリカ英語とイギリス英語の単語の違いのポイント



1.蛇口

・イギリス英語:tap
・アメリカ英語:faucet

2.大型トラック

・イギリス英語:lorry
・アメリカ英語:truck

3.高速道路

・イギリス英語:motorway
・アメリカ英語:freeway

4.駐車場

・イギリス英語:carpark
・アメリカ英語:parking lot

5.車のトランク

・イギリス英語:boot
・アメリカ英語:trunk

6.会計

・イギリス英語:bill
・アメリカ英語:check

7.お札

・イギリス英語:note
・アメリカ英語:bill

8.歩道

・イギリス英語:pavement
・アメリカ英語:sidewalk

9.秋

・イギリス英語:autumn
・アメリカ英語:fall

10.ガソリン

・イギリス英語:petrol
・アメリカ英語:gas / gasoline



以上、TOP10形式で紹介しました。

これらの単語は日常でもよく使われる単語なので、英語を勉強する際、イギリス映画見る際など
そういった視点で意識してみると結構面白いと思います。


また、以上の違いを紹介しましたが、例えば、イギリスに行ってアメリカ英語を使ってもイギリス人は理解できますが、逆にアメリカに行ってイギリス英語を使用すると通じない場合があると思います。


出来れば、マナー的にも”郷に入れば郷に従え”のルールで、その国によって英語を使い分けた方が、それぞれの国の人たちと上手にコミュニケーションが取れると思います。









   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post