ネイティブの英語講師が考える日本の英語教育の問題点と盲点について



英会話教室のネイティブ外国人講師が考える日本の英語教育の問題点と盲点



私の周りには、幸いな事に日本で英語を教えている外国人の英語講師の友人が何人かいます。

日本で英語を教えているネイティブ講師の中には、色々なタイプ・契約をしている外国人講師がいて例えば例をあげると・・。

  • フランチャイズの英会話スクールで英語を教えている人・個人経営の英会話スクールの人
  • 日本の私立・公立学校で英語教師として働いている人
  • 大手企業の英語講師を専門としてその会社員に英語を教えている人

大まかに分けると、以上のようなタイプの人たちがいると思います。



日本の英語教育の問題点
日本の英語教育の問題点




彼ら、ネイティブスピーカーの英語講師達の話を聞いていると、よく口を揃えて同じような意見を耳にする事があります。

それは、日本の小・中・高の学校で教えている英語教育の盲点です。


彼らいわく、日本人はネイティブよりも様々な英語の知識を持っている人が多く、特に発音のアクセントについてや、発音記号、イディオムなどの知識は、講師陣が驚ほど豊富だと言っていました。

しかし、そんなすごい知識を持っている人が多いにも関わらず、何故か基本的な英会話の能力が無い事もにも驚いていました。

また、学校で学んで来た英語教育の為なのか、実際に会話してみても、もっとシンプルで簡単な表現で話せば伝わるのに、より複雑な文法を駆使して文章を作り会話しようと思っている人が多い。

これは、あきらかに簡単な表現の英語を話す訓練をしていない為に、起こる問題だと言っていました。

確かに、私の時代の学校教育も100%教科書のみで行われる英語授業がメインで、年に数回ネイティブスピーカーの講師を呼んで英語の授業をして、実際に会話したりするようなアクティビティーはあるにはありましたが、あくまで、お祭りのような数日のイベント行事に過ぎず、英語ゲームや英語クイズなどをして楽しかった記憶はありますが、効果などは全くなかったように記憶していますね。


しかも、もっと驚くことに・・・。

当事の私達の高校の先生は、英語の先生としてを教えているわりには、学校の先生の研修に来た、外国人先生とのコミュニケーションとる際に、英語が通じおらず、コミュニケーションに非常に苦労している先生もいましたからね・・・・汗。

学校の先生は、英文法を中心に教えているだけでしょうから、基本的には英会話力はさっぱりなのかもしれません・・・。

実際に、留学した経験のある先生(年代の若い先生に多いようです)や生のネイティブスピーカーとの会話になれている先生などは、非常に英語が上手な方もいるようです。

それでも、そういった先生は少ないみたいですね。


やっぱり、そう考えると・・・・。

今の学校教育の場だけで、英語を学んでいる限り、それ以上の努力を自分で行うようにしていかなくては、英語の修得な無理なんだと思います。

また、逆に英語を話せるようになる為のトレーニングさえしていれば、留学にいかなくとも、英会話スクールに通い詰めにならなくとも英語を話せるようになるんだと思います。

ですから、彼ら外国人講師曰くもっと、会話を中心とした実践型の授業を多くした英語教育を日本の英語の授業に取り入れれば、大人になっても、英語の勉強で困らないのにな~っと言っていました。


こういった意見からも、今後もずっと英語能力の格差って出てくるんでしょうね。

ですから、このサイトを見てくれている方と我々は、会話を重視したコミュニケーションのツールとしての英語を学んでいくべきでしょうね。











   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post