ビジネス英語を活かす日本のグルーバル化対策:ビジネス英語勉強法


ビジネス英語を学んでで海外企業と取引・日本のグルーバル化に備えるビジネス英語勉強法



急速に進みつつあるグローバル化に対応しようと
日本企業も次々に英語に対する重要性を認識しています。


かつては、仕事で英語を使用する職場といえば
一部の外資系企業が中心でしたが
現在の日本企業では、大手企業でなくとも
グローバル化の波に乗る為に、英語の必要性が出てきました。


またそれに伴い、ビジネス英語の需要も拡大してきました。
本屋さんの英語学習の棚の品揃えを見れば一目瞭然でしょう。



しかし日本においての英語学習の認識といえば
英語の知識(英単語や文法、イディオムなど)が重要視されている為に
英語を身につけるうえで、最も重要な
”ネイティブとのコミュニケーションを中心とした会話能力”が完全に、疎かにされています。


ですから、この事実を理解してから
ビジネス英語の学習に取り掛かる必要があると思います。



ビジネス英語というと、英会話が苦手な人にとっては
遠い目標のように思っている人もいると思いますが

ビジネス英語と言っても、レベルがありますし
さらに言うと、すべてを聞き取り理解する必要もないのかなと思っています。


また、ビジネスにおいてネイティブと英語で会話する時には
そこまで、深い英語の知識がなくともコミュニケーションをとる会話は可能だと思っています。

そして、最も大切な事は、ネイティブとの会議の間
相手の会話を瞬時に聞き取り、その会話について、自分なりの意見を発言する事が大切です。


もちろん、ペラペラと英語を話せるに越した事はありませんが
ここで言いたいのは、ビジネス英語において、重要なのは
会話の内容を理解し、相手からの質問にレスポンスよく、反応できる体制が必要になります。
例えば、簡単な感想を述べたり、相手に質問したりなどが、それに該当します。


かと言って、相手の話を100パーセント理解しようとすると無理が出るので
話のポイントになる部分をサンプルして理解するようにします。


日本人は、まじめな性格の方も多いので
綺麗な発音を意識したり、綺麗な文法で話せないしな・・・。など
色々考えてしまうと、黙ってしまう可能性があります。


綺麗な文法を意識するよりも、少し間違えた英語でも
その姿勢でディスカッションする方が重要だと思います。

英語の知識は浅くても、会話内のポイントを押さえる事に集中しましょう。


また、ビジネス英語を勉強する上では、英語のビジネスニュースを聴いたりしながら
会話の要点を抜き出す方法も有効です。
ネットラジオには、無料で聴ける数多くのビジネスニュースがありますから
リスニングも兼ねてトライしてみるといい成果があると思います。









   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post