アメリカ英語の特徴と英語圏のカルチャーコラム:州によっても違うアメリカ英語



英語カルチャーコラム・州によっても違うアメリカ英語



今回は、アメリカ英語についてのコラムを書いてみたいと思います。

アメリカの歴史的を、ひも解いてみると移民のカルチャーと密接に関係しています。
そういった理由から、同じアメリカ内でも、エリアによっては、かなり異なったアクセントの英語を話す事も多いです。


州によっても違うアメリカ英語
州によっても違うアメリカ英語




州によって色濃く残る英語の違い


東側のボストンは歴史的に見ても、イギリス系の人達が住んでいた事から
イギリス英語に近い言葉を話す人が多いでしょう。

変わって西側のカリフォルニア周辺は、メキシコ系を中心として、ラテン語をルーツの人々や
アジア系の移民の影響を受けているので、英語のタイプやアクセントもマチマチです。


やはり移民が多いエリアや、南部地方もかなり、強いアクセントがありますね。

またアメリカの都市部には、人種毎にまとまった街が形成されていて
そのコミュニティのカルチャーがとても強いです。


そういったコミュニティでは
日本では、全く考えられない話ですが
時には全く英語が通じないなんていうエリアあったりします。


同じ英語でも、国や地域、その人の出身地によかっても、話される英語に違いがあり
それによって、聞き取りやすい英語や聞き取りにくい英語などに、分類されることも多いと思います。


日本にいる人には、こういったアクセントの強い英語を聞く事は殆どないと思いますが
アメリカやイギリスの都市部で生活していると、よく出くわすシーンですね。


また、日本に生活している英語ネイティブの人も
比較的、アクセントの強い特有の話し方をする人も少ないでしょうし

まず日本で英会話の講師をしているネイティブては
強いアクセントがある人は、講師として採用してもらえないようですから・・。


ですから生の英語を聞いて、何処の英語なのかの違いを発見出来るようならば
あなたも、もう一人前の英語リスナーですね(^-^)



また、話はそれますが
アメリカに英語に慣れた人がイギリスに行った際に
ローカルのイギリス人が話していた、言葉が、全く聞き取れなかったという人もいます。

イギリスには、労働者階級が主に使うコックニー英語と呼ばれる下町英語がありますので
そういった言葉で話されたら、アクセントもクソもないんですけどね(笑)。


逆に、生の英語をリスニングする際にも
話してのイントネーションやアクセントに注目して聴いてみると面白いかもしれません。












   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post