Subscribe: RSS Twitter

英会話学校だけで英会話は上達するのか?

 

英会話学校の口コミサイトの情報

英会話学校の口コミ情報やサイトをみると度々紹介されている口コミランキングとして
以下の英会話学校が多くランキング入りしています。


 

英会話学校だけで英会話は上達するか?

英会話学校だけで英会話は上達するか?</






・AEON(イーオン)

文科省がガイドラインを定めた「全国外国語教育振興協会」の優良校として指定。


・Gabaマンツーマン英会話

近年、都心の電車広告のすべてを占領しているのでは?というような
パワーセールスをしているGabaマンツーマン英会話。


・シェーン英会話&留学

こちらも全国外国語教育振興協会に登録していて
イギリス英語が強いイメージ、しかし講師はアメリカ人、オーストラリア人、イギリス人、カナダ人など。


・ECC 英会話

全国に155店舗を展開する英会話学校の老舗英会話スクール。全国外国語教育振興協会に登録。


・Berlitz(ベルリッツ)

こちらも電車広告でお馴染みのBerlitz(ベルリッツ)英会話学校
ビジネス英会話を強みにしている感じがする広告。


以上のように、英会話教室の規模的にも全国規模の英会話学校がランクインしています。

通いやすさの視点からみると、大手英会話スクールの利用システムや通学の利便性がメリットとして上げられますが、授業の内容や質、講師の質、授業料から見た場合でも、やはり大手の英会話スクールは学費が全体的に高いです。

これらの事を踏まえた上で、英会話学校だけで英会話は上達するか?という問題を考えます。




英会話学校だけで英会話は上達するかの?



この事実を解説する前に、英会話学校の中身と実態とを解説しておきます。
英会話学校で、授業を行なっているネイティブの英語講師達は外国人に英語を教える訓練を受けてる人もいたり、ただ端に母国語として英語を話す人で一切、教育関連のプログラムを受けていない講師も含まれています。


勿論、日本の英語学校で授業を行なう前には、トレーニング期間も多く設けていますので
先生としての役割を最低限こなすトレーニングは受けています。


これらを考えても、同じ英会話学校の中でも講師のレベルは全く異なる訳です。
また、年齢も様々ですし、各講師の英語教育に関するモチベーション、英語をしっかり教えようという気持ちも違う訳です。


英会話学校に通う生徒によっては、講師に対して好きなタイプ、嫌いなタイプが異なるでしょうし相性もあると思います。
楽しく英語を教えてくれるような講師の場合は、学習モチベーションも上がりますし英語力も伸びていくでしょう。


これは、英語講師の英語の教え方というよりも、講師のキャラクターによっても左右されるポイントだと思います。

また、英会話学校に通う理由は、英会話は外国人に習うのが一番いいと考える方も多いと思います。

勿論、英語ネイティブと英会話学習することはこの上ない、英語力アップの恩恵を受ける事は出来ますが、端に英会話学校に通う頻度を上げて、教室の講師に言われている通りに授業を受けているだけでは、英語力のアップにはつながりにくいでしょう。




英会話学校の有効性まとめ



最終的には、英会話学校の授業だけで英会話を上達させる事は難しいと思います。
それよりも、個人の英語学習に対する取り組み方、姿勢の方が重要になります。

実際日本人の学習スタイルは、海外の人達との学習スタイルと違い、受身になる学習方法が多いです。

しかし、英会話は受身では絶対に上達する事はありません。
英会話上達には、自分で積極的英語を話し、活用して、自分の言葉として使っていく必要があります。


英会話学校の授業で習った会話のフレーズをネイティブとの会話の中で
自分の言葉、フレーズとして自然に口から発する機会として、英会話学校を使うという利用方法であれば
英会話学校は、大変有意義な学習方法になると思います。


また、個人的には大手の英会話スクールよりも、個人経営の規模の小さい英会話スクールの方がおすすめだったりします。
その理由については、以下のページ紹介しています。

英会話スクールは英語学習に有効な手段となるのか?

留学体験の過去記事でも紹介したように、日本の英会話学校だけで英会話がペラペラになる人もいますので
留学に行って英語を習得する人もいれば、日本の英語学習環境だけで英語が習得できるようになる人も大勢います。

つまるところ、英会話は上達においては、やはり個人のモチベーション、英語学習のマインドセットが重要になってくると思います。








   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。

   ビジネス英語教材:ビジネス・イングリッシュ・マスター





当サイトの英語圏のネイティブライターが行う無料メルマガ英語塾の会員募集



マスターランゲージでは現在、当サイトの4ヶ国のネイティブ英語講師が行う無料メルマガ英語塾を開講しています。

全8回で行われるこのメルマガ英語塾は、コミュニケーションを主体とする話せる英話学習をテーマにした内容で行っております。

ネイティブとの会話の際にすぐ使える実践型の英会話テクニックやビジネス英語講座、TOEICのスコアアップ講座等も合わせて紹介していきます♪
メールを送るサーバーの限界があるので、初回300名様限定とさせて頂きます。

・第一日目: 1.英語圏の文化を理解する為に必要な英語のイディオムとフレーズの学習:食べ物やカルチャー偏

・第二日目: 2.英語力を磨くために:句動詞をマスターする学習

・第三日目: 3.パターントレーニングに応用可能な映画やドラマなどの会話フレーズで学習

・第四日目: 4.シークレットアドバイス:ネットで無料で英語スピーキングする為の方法やサイトの紹介

・第五日目: 5.絶対にTOEICのスコアアップをさせる為に必要なスキルとオリジナルノウハウ紹介

・第六日目: 6.恋愛英語フレーズと国際恋愛英語

・第七日目: 7.すぐに使えるビジネス英語フレーズ集

・第八日目: 8.リスニング力をアップさせる教材の探し方とテーマの選び方について

また、お申し込み頂いた方に以下の無料で英語学習のE-BOOKをプレゼントしています。
このE-BOOKは「ビジネス英語をマスターする為の英語フレーズにテーマをしぼった教材です」

※こちらのE-BOOKは、メルマガ英語塾の最終回である第八日目にプレゼントさせて頂いております。



※ 最近、携帯電話のキャリアのメールアドレスにはメールが届きにくくなっています。登録の際はパソコンのメールアドレス(プロバイダーのアドレスやyahoo,gmail等)のアドレスでのご登録をお願い致します。

※また、こちらのメールシステムの都合上、お名前を登録して頂く際に変わったニックネームで名前を登録されますと、メールが届かなくなってしまう事があるので、出来るだけニックネームではなく、お名前で登録お願いします。


お名前
メールアドレス




© 2016 独学で英語を勉強してマスターする為の方法を紹介する英語学習サイト:マスターランゲージ | イギリス英語の学習方法も紹介しています。 · Subscribe: RSS Twitter · マスターランゲージ