英会話スクールは英語学習に有効手段となるのか?


英会話スクールは英語学習に有効手段となるのか?



英会話教室に通って本当に英語力を伸ばす事が出来るのか。

このテーマについては
英語を勉強している人にとってよく耳にする話でしょうし

この意見についても人によっては賛否両論だと思いますが
よく色々なメディアで議論になっているテーマで
注目されている話題だという事は確かだと思います。


私も、以前アメリカに短期留学する前に
少しだけ英会話スクールに通った事がありました。

ECCのような大手英会話スクールと、私の地元の駅の近くにあった
規模の小さい地域密着型の英会話スクール両方で授業を受けたことがありました。


スクールの個人的な印象として
どちらのタイプの英会話スクールがいいと言う判定は難しいですが

私の個人的な意見として、大手よりも、地域密着型のスクールの方が
アットホームな雰囲気があり、先生との距離感も近く
ビジネスライクな感じるがなくて好きでしたね。




英会話以外にも、先生から文化交流的な部分を教えてもらったりして
授業以外でも、パーティーに誘ってもらったりと楽しい思い出できましたし^^。

しかし、実際英会話スクールに通ってみてわかった事は
英語は英会話スクールに通っただけでは、簡単には伸びない。

もっというなら、スクールに通いながら
それ以外にも勉強しないと英語力の伸びは期待できない!
という事を感じました。

勿論、ネイティブの生の英語を聴いたり、彼らと話したり出来る環境は、非常に有効な方法ですが。
その環境を生かした、英語学習を自分でやっていかない限り、英語は、伸びないと思いました。



以上の事を考えると
英語を勉強する為のモチベーションは維持する為や
ネイティブの生の英語を聴いてコミュニケーションできる場としては
非常に為になる機会ですが。

基本的に、ただ単に英会話スクールに行っただけでは
英語は、上手にならないと思いました。

しかし、英会話スクールに通う事で、同じく英語の勉強をしている仲間が出来たので
英語を続けていくモチベーションを維持する事に、とても有効でした。

結局のところ、繰り返しになりますが
英会話スクールに通う本人のモチベーションが一番の鍵だと思います☆








   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post