バイリンガルの外国人から教わった英語の勉強方法


バイリンガルの外国人から教わった・外国語(英語)の勉強方法



英語を勉強する際に、私達?私も含めてそうですが(笑)。
日本人が一番やってしまう行為で
英語を勉強している際に”日本の表現を英語の表現で表そうとする事”が結構あります。

実は、これは結構問題な事なんです。
そもそも、日本語と英語は全く異なった言語ですし、生活習慣も文化も全く違った人達が使う言葉なので
日本語のフレーズを直接英語に出来ない、表現が多々あります。



バイリンガルの外国人から教わった英語の勉強方法
バイリンガルの外国人から教わった英語の勉強方法




日本語と英語の言語についての違い


例えば、簡単なわかりやすい例をあげると
私の友達を例に出しますが(笑)
彼が英語圏のネイティブの人に質問していた内容で

英語で”お疲れ様”ってなんていうの?とか
”いただきます”や”ご馳走様でした”って
英語でどう表現するの?などの質問をしていました。


このような表現は主に、日本特有の言い回しで英語圏には存在しないフレーズです。
(日本語と英語の言語についての違いについて)

ですから、ここで私が言いたいこととして
英語の会話のフレーズを使う時には、英語で話す前に、いちいち自分の頭の中で日本語から英語に翻訳して
言葉として、発するのではなく、深い意味は、気にせずに直接フレーズを覚えて話す事をおすすめします。

例えば、生活のシーンでネイティブが使っている
生の会話のフレーズで、会話を覚えていった方が
教科書で学ぶ会話のフレーズよりもスムーズで自然な言い方が出来ると思います。



例えば映画を見ている際にも
俳優、女優が使っているお決まりのセリフとかも参考になると思います。

とにかく、生の英語のコミュニケーション、会話から学ぶ事は
教科書で学ぶ英語よりも、とても多いですよね。



ネイティブの子供も同様、私達も小さい頃言葉を覚える際に
意味などは気にせずに、両親や兄弟がしゃべっていた単語やフレーズを
いつの間にか、自然にコピーして話せるようになりましたよね。

以上の事を考えると
文法や、単語など意味をしっかり確認してから
頭の中で日本語から英語の文章を作って話し始めるのではなく

始めは、細かい事は気にせず
自然とフレーズとして、英語が出るような勉強の仕方で英語を覚えた方が
スムーズな英会話ができると思うんです。


その結果いつの間にか
以前と日常会話レベルの会話くらいは出来るようになると思います。







   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post