英語教材は必要なのか?英語を勉強する上で英語教材の必要性を問う


英語教材は必要なのか?英語を勉強する上で英語教材の必要性を問う。


 

ネットで、様々な情報が無料で手に入る今の世の中。
英語の教材も同じく無料でお金を掛けずに無料で手に入れたい!!
そう考えている人も多いんじゃないでしょうか。

英語の勉強の仕方や個人の英語のレベルによっては
無料で勉強出来る方法は、意外と多いと思います。

しかし、ここで付け加えておきたいのが
あなたの現在の英語のレベルによっては
英語学習の際に、使用する教材が変わるという事です。


 

例えば、これからまっさらの状態で、はじめて英語の勉強を本格的に始めようと考えている人には
無料で、学習出来る物はあまりオススメできないかもしれません。

 

まずこれから学習をスタートする初心者の方の場合
当たり前ですが、自分の英語学習スタイルが確立されていない上に
始めに何からスタートしていいか、戸惑ってしまう傾向があると思います。

 

ですから、非常に効率の悪い学習方法になる可能性があります。
以上の事を考えると、これから英語学習を学ぼうと思っている初心者の方には
教材を利用してステップ式に学ぶ勉強方法の方がやりやすいと言えます。

 

英会話教材・活用方法
英会話教材・活用方法


 

中級者でしたら、シャドーイングの練習やリスニングに磨きをかける等で
英語教材を使う機会は、まだまだあると思います。


またこれとは反対に、ある程度英語に自身のある上級者の方なら
逆に教材は必要ないと思うんです。

このレベルの人なら、コミュニケーションを中心としたネイティブとの会話や
字幕無しの映画、英語新聞などに、積極的にトライした方が確実に英語力が伸びるでしょう。

また、一般的に日本人は、中高生時代に通算6年間の英語学習をしてますので
英単語や文法についてもある程度のベースが出来てます。
大学受験をした方は、リーディングに関してもかなりの知識を持っているでしょう。

少し話しは、それますが、私がアメリカに留学した際にも
学校入学の際の筆記試験の点数が他の国の留学生よりも良かったものの
リスニングやスピーキングがさっぱり…。

日本人で留学してくる人は、こういう人が多かったです。

やっぱり日本の英語教育は、文法と単語力が強くなる
ペーパーテスト対策の為の教育ですので、仕方ないと思いまが(私もですが笑)

基本的には、コミュニケーションを中心とした、英会話を中心にやっていくと良いと思います。


まとめますと、以上の事を考えると、英語教材の必要性は、個人のレベルにより、全く異なるのです。

まずは、自分の現在の英語レベルを一度把握することも
始めにしておく必要があると思います。

 






   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post