Subscribe: RSS Twitter

必ず守らなければならないイギリスのマナーリスト


今回紹介する記事は、イギリスに留学中の人、イギリスに在住の人には特に必見の記事です。
イギリスに訪れた事がない人は、まだ、「イギリス紳士」のイメージを想像する人が多いかもしれません。

しかし現代のイギリスおいては、人種や文化が様々に入り組んだ多様な国家になっている事もあり
日本人が考えるイギリスのイメージと少し違うかもしれません。

今の若者は、自分の親や祖父母の世代ほどマナーに厳しくないですが
イギリスの社会には、まだ国民に守られているマナーにおいてのルールがあります。

下記リストでは、それらのルールを紹介していきます。
イギリスに行った際にはこららのマナーを守りましょう^^


イギリスのマナー

イギリスのマナー






1.イギリスでは行列を守る



イギリス人にとっては、行列を作って並ぶ事は大切です。
これは、ただのステレオタイプではなく、本当の事です。

しかし、「並ぶことが楽しい」や、「行列が好き」というわけではありません。
イギリス人にとって行列は、最もフェアなシステムだと思われているからです。

以上の理由から、行列で待たずに先に入る人はかなり嫌われます。
横は入りするような人がいれば、周りの人達は何も言わなくとも舌打ちをする人がいるでしょう。



2. イギリス人は「Please」と「thank you」を忘れない



イギリス人にとっては当たり前のマナーですが
どのシチュエーションにおいても、「please」と「thank you」を言わなければならない。

バスを降りる時に運転手に「thank you」や「thanks」や「cheers」(イギリスでは、乾杯だけではなく、ありがとうというニューオンスもある)などの感謝を表す。

コンビニで商品を買う時にも「thank you」を言う。
パブやレストランに行って注文するときにも必ず
「please」と「thank you」を言う。何も言わない人はマナーが悪い人だと思われます。



3.イギリス人は人のためにドアを開ける



これは、「レディーファースト」のことだけではなく、後ろから来た人の為に、ドアを開けておく事です。
知らない人であっても、ドアを少し押さえてあげる事がいいマナーです。
そして、誰かがドアを開けてくれれば、「thank you」を言う。



4.イギリス人は人にぶつかったら「sorry」を言う(自分のせいではなくても!)



イギリス人は、本当に「sorry」という言葉が好きです。(笑)。
別に謝っている訳でもないのに「sorry」をやたら使います。

イギリス人の「sorry」は、多くの微妙なニュアンスの意味を含んでいる。

例えば・・・

  • ごめんなさい。
  • 聞こえない。
  • すみません。
  • 申し訳ない。

道で知らない人にぶつかったら、二人とも「sorry」という言う可能性が高いです。
イギリス人の「sorry」は、自動的に発してしまう事が多いです。
(車の事故に遭ったら、sorryを言わない方が良いと思いますが・・。)




5.イギリス人は知らない人にアイコンタクトをしないようにする



道や電車などの公共のスペースで知らない人に余計なアイコンタクトをする事は
イギリス人のとって失礼で少しアグレシッブな行為にあたります。

人にジロジロ見られると怒られる可能性もありますので注意が必要です。
また殆どのイギリス人は、ジロジロ見られることが嫌いです。




6.イギリス人はパーソナルスペースが重要



イギリス人は、身の周りにスペースを空ける事が好きです。
そして、余計なコンタクト(八グ、タッチなど)はしません。

初めて人に会う時には握手をしますが、その後タッチを避ける人が多いです。
ですからイギリス人と話す時には、少しスペースを空けた方が無難でしょう。

人に近づきすぎると、その人は少し後ずさりするかもしれない(笑)。
最近の若者は、アメリカの影響もあって挨拶するときに八グやエアーキスするようになってきました。




7.イギリス人にお金の話はタブー



「お金の話」というのは、人の給料についてという事です。
「給料はいくらですか」と人に聞けばストレートな答えはもらえないでしょう。

例えば「安い給料だよ」や「ぜんぜん足りないよ!」などの少し皮肉った回答が出てくるかもしれません。
大抵が、イギリス特有のブラックユーモアで返されるかもしれませんね。

そして、誰かが高額な買い物(家等)した場合に、直接値段を聞かない方が無難でしょう。





   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。

   ビジネス英語教材:ビジネス・イングリッシュ・マスター





当サイトの英語圏のネイティブライターが行う無料メルマガ英語塾の会員募集



マスターランゲージでは現在、当サイトの4ヶ国のネイティブ英語講師が行う無料メルマガ英語塾を開講しています。

全8回で行われるこのメルマガ英語塾は、コミュニケーションを主体とする話せる英話学習をテーマにした内容で行っております。

ネイティブとの会話の際にすぐ使える実践型の英会話テクニックやビジネス英語講座、TOEICのスコアアップ講座等も合わせて紹介していきます♪
メールを送るサーバーの限界があるので、初回300名様限定とさせて頂きます。

・第一日目: 1.英語圏の文化を理解する為に必要な英語のイディオムとフレーズの学習:食べ物やカルチャー偏

・第二日目: 2.英語力を磨くために:句動詞をマスターする学習

・第三日目: 3.パターントレーニングに応用可能な映画やドラマなどの会話フレーズで学習

・第四日目: 4.シークレットアドバイス:ネットで無料で英語スピーキングする為の方法やサイトの紹介

・第五日目: 5.絶対にTOEICのスコアアップをさせる為に必要なスキルとオリジナルノウハウ紹介

・第六日目: 6.恋愛英語フレーズと国際恋愛英語

・第七日目: 7.すぐに使えるビジネス英語フレーズ集

・第八日目: 8.リスニング力をアップさせる教材の探し方とテーマの選び方について

また、お申し込み頂いた方に以下の無料で英語学習のE-BOOKをプレゼントしています。
このE-BOOKは「ビジネス英語をマスターする為の英語フレーズにテーマをしぼった教材です」

※こちらのE-BOOKは、メルマガ英語塾の最終回である第八日目にプレゼントさせて頂いております。



※ 最近、携帯電話のキャリアのメールアドレスにはメールが届きにくくなっています。登録の際はパソコンのメールアドレス(プロバイダーのアドレスやyahoo,gmail等)のアドレスでのご登録をお願い致します。

※また、こちらのメールシステムの都合上、お名前を登録して頂く際に変わったニックネームで名前を登録されますと、メールが届かなくなってしまう事があるので、出来るだけニックネームではなく、お名前で登録お願いします。


お名前
メールアドレス




© 2016 独学で英語を勉強してマスターする為の方法を紹介する英語学習サイト:マスターランゲージ | イギリス英語の学習方法も紹介しています。 · Subscribe: RSS Twitter · マスターランゲージ