外資系ビジネスマンはチェックしたいビジネス英語リスト:アメリカのビジネスカルチャーポイントのトップ10


アメリカのビジネスカルチャーポイントのトップ10リスト


アメリカのビジネスカルチャーやマーケティングモデルは、世界中で紹介されているようにとてもパワフルなものが多いです。
今回の記事では、外資系ビジネスマンを目指している人に役に立つビジネスカルチャーのポイントをトップ10リストで紹介していきます。


アメリカのビジネスカルチャーのポイント紹介
アメリカのビジネスカルチャーのポイント紹介



アメリカのビジネスカルチャーポイント



  1.  アメリカの会社では年齢よりも成績で昇進する。
  2.  

  3.  遠回りの話し方よりも、直接に話せば相手にリスペクトしてもらえる。

  4.  自嘲や謙遜する話し方はNG、自分の長所を話した方がリスペクトされる。

  5.  「時間イコールお金」という考え方があるので、遠回しな話で時間を無駄しないように。

  6.  熱心に新しいアイディアを売り込んだ方がいい。

  7.  アメリカの会社では新しくて革新的なアイディアがリスペクトされる。

  8.  取引先やお客先に贈り物を与える習慣がない。逆に贈り物は賄賂のようなニュアンスがあるので禁止されている場合がある。

  9.  アメリカの会社では、自由な雰囲気があります。しかし階層がなさそうに見えるが実はしっかりとした階層がある。

  10.  長期の考え方よりも、短期で利益を生み出す事を目標としている場合が多い。

  11.  偉そうな職名(肩書)が流行っているので、人の職業が知りたければ直接質問した方がいい。












   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post