英語で恋人の呼び方を教えて下さい:英語圏の各国の恋人の呼び方・愛称(ニックネーム)について


英語で恋人は何と言いますか?英語で恋人の呼び方・愛称(ニックネーム)について



英語圏のネイティブは、自分の友達や子供、恋人に対して「愛称」(英語:pet name)をよく使います。愛称とは具体的にいうと、「darling」や「honey」のようなニックネームだと思ってもらえると分かりやすいと思います。また英語圏各国によっても使われている愛称の呼び方が異なります。


そこで今回は、英語圏の中でもイギリス人とアメリカ人がよく使う恋人の呼び方(愛称)について紹介したいと思います。各国で使われている愛称は、国によっても違いますし、使う人の年齢によっても異なると思います。私はイギリス人ですから、まずはイギリス人がよく使う愛称を先に紹介したいと思います。


英語で恋人の呼び方について
英語で恋人の呼び方について


お勧めの教材


この記事を書いたライター(Mairi)が書いた電子書籍をお勧めします!



英語圏の恋人の呼び方: 1. イギリス人がよく使う恋人の呼び方



まずは私の身近な人を例に紹介しようと思ったんですが、私の親は残念な事にお互いに話す時に愛称を使いません(笑)。 彼らは「Darling」や「honey」などの呼び方は使いません。しかし、お互いの「名前を基にしたニックネーム」を時々使う事があります。

日本語で言うと、「~ちゃん」のようなニックネームにあたる呼び方になると思います。イギリス人の中高年は、恋人を呼ぶ際に一般的には愛称のような呼び方はあまり使わない気がします。

もし中高年のカップルがお互いの事を愛称使って呼ぶ場合、「dear」や「darling」や「love」などの愛称を使う事が多いと思います。


若いカップルの場合、ハリウッド映画の影響がどうか分かりませんが、「babe」という愛称をよく使うと思います。「Babe」という愛称は女性に対して使っても良いですし、男性のパートナーに対しても大丈夫です。「Baby」という愛称も使われています。中高年のカップルは「babe」や「baby」を言わないと思います(笑)。



しかし多くの英語圏のネイティブ達は恋人から呼ばれる愛称があまり好きではないみたいです(笑)。イギリスの新聞 Dailymailの記事によると、イギリス人の女性が最も呼ばれたくない呼び方についてアンケートを実施しました。以下のリンクではその結果が紹介されています。


そしてこのアンケートの結果によると、イギリス人の女性が最も嫌いな呼び方としてあげたのが、「babe」という呼び方のようです(笑)。

参考ページ:(イギリス人女性の最も嫌いな(呼ばれたくない)愛称 TOP10




イギリス人女性の最も嫌いな(呼ばれたくない)愛称 TOP10



  1. Babe (baby) (ベイブ・ベイビー)
  2. Love (lovely) (ラヴ・ラヴリー)
  3. Darling (ダーリング)
  4. Sweetie (スウィーティー)
  5. Sweetheart (スウィートハート)
  6. Gorgeous (ゴージャス)
  7. Cuddles (カドルズ)(=抱っこちゃん!!)
  8. Doll (ドール)(=人形ちゃん!)
  9. Pudding (プディング) (プリン!?)
  10. Stinky (スティンキー)(臭いちゃん!!!)


私はこのリストの10位を見た後に笑ってしまいました^^ 恋人の事を「Stinky」って呼ぶ人がいるのか?とびっくりしましたね(笑)。もしあなたがイギリス人と付き合った場合、愛称(ニックネーム)を使う際には気をつけた方が良いと思います^^。


そしてニックネームは時々使う場合であれば可愛い事だと思いますが、あまりにニックネームを使いすぎるとちょっとふざけているという感じになるかもしれません(笑)。

しかし最近の若いイギリス人女性達の間では、自分の女性の友達と話す時に、「愛称」を使って呼び合う事が多くなってきています。例えば、「babe」や「hun」(ハニーの省略)などの呼び方を使いますね。




英語圏の恋人の呼び方: 2. アメリカ人がよく使う恋人の呼び方



私はアメリカ人ではないので、この記事を書くためにアメリカ人の友達に質問したり、自分で色々と調べました。やはりアメリカ人が使う相性は、イギリス人が使う愛称と少し違います。

アメリカ人は、「love」と「pudding」という呼び方は使わないと思います。そして、「darling」という呼び方は少し古い感じがする呼び方なので、アメリカ人の若者にはあまり使われていませんね。


アメリカでは、以下の紹介する愛称が最も人気があるようです。

  • Babe/baby
  • Hun/honey
  • Sweetie/sweetheart
  • Sugar
  • Boo(少しヒップホップの歌詞みたいな感じの呼び方です!)
  • Angel (男性が女性に対して使う)
  • Darling (アメリカのディープサウスの人が使うとの事)


恋愛英語を学びたい方にお勧めの教材



国際恋愛を成功させる為には、英語の知識もさる事ながら”お互いの国のカルチャーや考え方”を理解する事が非常に重要だと思っています。
そして相手の国のカルチャーが理解出来るようになると、おのずと相手への理解も深まり、同時に愛情も深まっていくのではないかと思っています。

そのような経緯からこの教材では、「恋愛英語」+「英語圏の国の恋愛カルチャー」+「恋愛マナー・考え方」のアングルから教材を制作しています。

使われている英語表現のニュアンスは、ネイティブである私達がしっかりと制作、編集しているので気持ちの部分、ニュアンスまでしっかりと的確に相手に通じます。

ニュアンスがしっかり伝われれば、外国語で自分の気持ちを的確に表現する事が可能になります。そういった部分まで配慮して作り上げた本格的な恋愛英語フレーズ集です。教材に興味がある方は以下のページで紹介しています。


   外国人と国際恋愛する為の恋愛英語教材:Love Talk Master(ラブ・トークマスター)




恋愛英語の関連記事:








   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post