Subscribe: RSS Twitter

平均的なアメリカ人の性格・国民性について:アメリカ人の国民性を知る為の手がかり



今回の記事では、当サイトの読者の方から頂いた質問に答えてみたいと思います。当サイトと姉妹サイトの「ブリティッシュ英語.com」でも度々読者の方から質問を頂いております。


私たちはマスターランゲージのライターも頂いた質問は出来るだけ早く答えたいと思っていますので、英語学習に関する事や英語圏の国のカルチャーに関する質問があれば是非ご連絡くださいね^^。質問はこちらのページで受け付けております。


質問内容:

「私はアメリカ合衆国に興味を持っており、アメリカ人の国民性について教えてほしいと思います。」


これはいい質問ですね。しかし、この質問はかなり答えにくいです(笑)。何故なら、アメリカという国は広いですし、人口が多く、国民の中には数多くの人種が含まれていますので、「一つの国民性」というコンセプトがありません。


日本はアメリカと比べれば比較的小さい国ですので、「日本人の国民性」という話は比較的簡単に出来ると思います。また日本は単一民族国家です。

そしてアメリカは国土も広い上に50州あります。それぞれの州も歴史が異なり違う国のようなものなので、「アメリカ人の国民性」という話は少し説明しにくくなります。


ですがそう言っても、やはり一般のアメリカ人には数多くの特徴があります。
今回はその辺りのポイントに絞って紹介していきたいと思います。


アメリカ人の国民性について

アメリカ人の国民性について



おすすめページ:



アメリカ人の国民性: 1. 外向的なアメリカ人



アメリカ社会では、「外向的な性格」が認められていますので、一般的なアメリカ人は日本人と比べた場合、自分の意見を言う際に殆ど遠慮しませんし、知らない人に話しかける事も普通です。

アメリカ人は初対面でも、とても「フレンドリー」な面を出します。そして、アメリカ人は日本人よりも友達や知り合いと会う際には、ハグやキス等、相手に触る習慣があります。


参考ページ:「同じ英語圏でもこんなに違う!イギリス人の性格とアメリカ人の性格とオーストラリア人の性格の違い




アメリカ人の国民性: 2. 個性のあるアメリカ人



アメリカ人は個性(individuality)を認めます。アメリカ人にとって、個人の幸せや自由、個人の夢、意見、権利などについてはとても大切な事です。この点で、アメリカ人は「ワガママ」にみえるかもしれません。


しかしその結果、殆どのアメリカ人は自分以外にも他の人の権利や意見も同時に認める傾向があります。つまり相手の「ワガママ」、「意見」もある程度は尊重するという感じの考え方があると思います。


参考記事:「英語圏のカルチャー紹介:アメリカ人のイギリス人に対するステレオタイプ・イギリス人のアメリカ人の対するステレオタイプ




アメリカ人の国民性: 3. 会話・コミュニケーションがダイレクトなアメリカ人



アメリカ人は日本人よりもダイレクトに話します。日本人がよく使う遠まわしな言い方や謙遜のようなコンセプトはアメリカではあまり通じないと思います。


この点はアメリカ人とビジネスを行う日本人のビジネスマンに重要な知識だと思います。ですから、アメリカ人とビジネスをする際にはいつもよりダイレクトに話さないとビジネスはやりにくいと思います。


参考:




アメリカ人の国民性: 4. 上下関係があまりないアメリカ人



日本では、「先輩・後輩」の上下関係がとても大切ですね。相手によって言葉遣いを気をつける必要がありますし、「誰々さん」などの呼び方を使う必要があります。


しかしアメリカでは、殆どの場合相手のファーストネーム(名前)を使います。そして、自分の上司と話す場合でも、部下と話す場合でも言葉遣いはあまり変わりません。アメリカ社会では「みんなが平等」というコンセプト・考え方がありますので上下関係はあまりありません。




アメリカ人の国民性: 5. 国際的ではないアメリカ人



これは一般的なアメリカ人とアメリカのメディアの弱点ですが、平均的なアメリカ人は他の国や世界のニュース、カルチャー、政治等にあまり詳しくありません。

アメリカはとても広い国なので、多くのアメリカ人は海外旅行をした事がありません。アメリカのメディア(ニュース番組など)は主に国内ニュースを中心に放送していますので、一般のアメリカ人は国際ニュースに関して少し無知です。(>_<)



アメリカ人の国民性: 6. 愛国心のあるアメリカ人



一般的なアメリカ人は愛国心がとても強いです。他の国の人々も愛国心があると思いますが、アメリカ社会では愛国心を表す事が普通です。多くのアメリカ人は家の前に国旗を揚げますし、殆どの学校では国歌を歌う事が当たり前です。

他の英語圏の国では、(例えばイギリスなど)学校で国歌を歌う事はとても珍しい事です。英語圏の国の中では、アメリカが最も愛国心を表す国だと思います。


皆さん、他の英語や英語圏のカルチャーに関する質問があれば是非ご連絡くださいね!






   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。

   ビジネス英語教材:ビジネス・イングリッシュ・マスター





当サイトの英語圏のネイティブライターが行う無料メルマガ英語塾の会員募集



マスターランゲージでは現在、当サイトの4ヶ国のネイティブ英語講師が行う無料メルマガ英語塾を開講しています。

全8回で行われるこのメルマガ英語塾は、コミュニケーションを主体とする話せる英話学習をテーマにした内容で行っております。

ネイティブとの会話の際にすぐ使える実践型の英会話テクニックやビジネス英語講座、TOEICのスコアアップ講座等も合わせて紹介していきます♪
メールを送るサーバーの限界があるので、初回300名様限定とさせて頂きます。

・第一日目: 1.英語圏の文化を理解する為に必要な英語のイディオムとフレーズの学習:食べ物やカルチャー偏

・第二日目: 2.英語力を磨くために:句動詞をマスターする学習

・第三日目: 3.パターントレーニングに応用可能な映画やドラマなどの会話フレーズで学習

・第四日目: 4.シークレットアドバイス:ネットで無料で英語スピーキングする為の方法やサイトの紹介

・第五日目: 5.絶対にTOEICのスコアアップをさせる為に必要なスキルとオリジナルノウハウ紹介

・第六日目: 6.恋愛英語フレーズと国際恋愛英語

・第七日目: 7.すぐに使えるビジネス英語フレーズ集

・第八日目: 8.リスニング力をアップさせる教材の探し方とテーマの選び方について

また、お申し込み頂いた方に以下の無料で英語学習のE-BOOKをプレゼントしています。
このE-BOOKは「ビジネス英語をマスターする為の英語フレーズにテーマをしぼった教材です」

※こちらのE-BOOKは、メルマガ英語塾の最終回である第八日目にプレゼントさせて頂いております。



※ 最近、携帯電話のキャリアのメールアドレスにはメールが届きにくくなっています。登録の際はパソコンのメールアドレス(プロバイダーのアドレスやyahoo,gmail等)のアドレスでのご登録をお願い致します。

※また、こちらのメールシステムの都合上、お名前を登録して頂く際に変わったニックネームで名前を登録されますと、メールが届かなくなってしまう事があるので、出来るだけニックネームではなく、お名前で登録お願いします。


お名前
メールアドレス




© 2016 独学で英語を勉強してマスターする為の方法を紹介する英語学習サイト:マスターランゲージ | イギリス英語の学習方法も紹介しています。 · Subscribe: RSS Twitter · マスターランゲージ