Subscribe: RSS Twitter

イギリス文化の特徴:イギリスのパブカルチャーについて紹介



イギリスの文化、イギリス人を理解する上で切っても切り離せない存在であるイギリスのパブ。イギリス人にとってパブは特別な場所とも言えるようです。イギリスのパブには、私達日本人がよく理解しづらいイギリスならではの独特なルールやマナーがあるようです。

そこで今回の記事はイギリスのパブカルチャーについて、本サイトのイギリス人ライターであるMairiさんに紹介してもらいたいと思います。イギリスに観光にに行く予定がある方は知っておくと便利かもしれません^^



イギリスのパブカルチャー

イギリスのパブカルチャー






イギリスのパブの歴史について



イギリスにおいてパブという存在は、その地域の人達にとって重要な場所になっています。パブのカルチャーは歴史が古く長い間、各エリアのコミュニティーを形成する上で中心となる存在でした。

イギリスのパブは「ただお酒を飲む場所」としての存在だけではなく、ローカルのパブに限っては「もう一つの自分の家」というコンセプトで考えられています。確かに「pub」という単語は「public house」(大衆・公共の家)の省略です。つまりパブは「みんなの家」というコンセプトに基づいています。


パブと一口にいっても、パブには様々な種類があります。庭付きの田舎風のパブもありますし、料理にこだわったグルメパブもあります。そしてスポーツの試合をテレビで観戦できるスポーツバーのようなパブもあります。

また多くのパブには、自分のサッカーチームがあり、カラオケナイトやクイズナイト、コメディーナイトなどのイベントを行っています。もしイギリスに行った際に現地でイギリス人の友達を作りたい場合パブは新しい人に出会う為の良い場所になると思います。


パブにはバー・サービスがあります。バー・サービスとはお酒を頼みたいときにバーに行って飲み物を頼んでその場で直ぐに代金を払うことを指します。通常のレストランのように、ウエイターやウエイトレスがテーブルにつくサービスはありませんが、食べ物を頼んだ場合はスタッフがテーブルまで持ってきてくれます。

そしてイギリスのパブではアメリカのバーと違ってチップは必要はありません。心配しなくても大丈夫です^^ バーカウンターではキチンと行列を作って並ぶ必要はありません。バーテンダーは誰が次にオーダーする番なのかをしっかりと理解して守ってくれます。


イギリスのパブカルチャー

イギリスのパブカルチャー






イギリスパブでよく使う英語・ボキャブラリー集


  • pint : イギリスのビールは一般的にパイントグラスで出されます。一パイントは0.56リットルに近いです。
  • half : 小さいグラスならhalf of ○○というフレーズでオーダーします。
  • lager : ラーガーとは日本のビールに近いです。一般的に冷やして飲まれます。
  • bitter : ビターはラーガーより茶色く少し温いまま飲みます。クリーミーでおいしいビールです。
  • packet of crisps : おつまみだけでいいならポテトチップを頼むのが普通です。「crisps」とはポテトチップの事です。
  • It’s my round : みんなの一番聞きたいフレーズです!友達と一緒に飲みに行った際、別々で飲み物を買う事はマナー違反です!パブでは一人の人が順番にみんなの飲み物を注文する習慣があります。自分がバーに行ってオーダーする時「It’s my round.  What are you having?」と仲間に聞いたら、みんな嬉しいでしょう^^



イギリス英語の特徴も学べるイギリス英語専門教材


当サイトのイギリス人ライターが制作したイギリス英語を学習する為の専門教材です。
イギリスのカルチャーやイギリス英語の特徴、発音、スペル等、イギリス英語の全てを学べる教材です。

英語音声の後に日本語訳が流れる音声教材も付属しているので、場所を選ばす空いた時間を使ってイギリス英語を勉強出来ます。

イギリス英語教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター



イギリスのカルチャーを深く知るためのお勧め本



この二人のライターはイギリスのパブカルチャーについて詳しく紹介しています。パブの種類やパブに来ている人の分析、パブでのタブーとマナーが紹介されています。イギリスのパブカルチャーを知りたかったらこの本がお勧めです!










   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。

   ビジネス英語教材:ビジネス・イングリッシュ・マスター





当サイトの英語圏のネイティブライターが行う無料メルマガ英語塾の会員募集



マスターランゲージでは現在、当サイトの4ヶ国のネイティブ英語講師が行う無料メルマガ英語塾を開講しています。

全8回で行われるこのメルマガ英語塾は、コミュニケーションを主体とする話せる英話学習をテーマにした内容で行っております。

ネイティブとの会話の際にすぐ使える実践型の英会話テクニックやビジネス英語講座、TOEICのスコアアップ講座等も合わせて紹介していきます♪
メールを送るサーバーの限界があるので、初回300名様限定とさせて頂きます。

・第一日目: 1.英語圏の文化を理解する為に必要な英語のイディオムとフレーズの学習:食べ物やカルチャー偏

・第二日目: 2.英語力を磨くために:句動詞をマスターする学習

・第三日目: 3.パターントレーニングに応用可能な映画やドラマなどの会話フレーズで学習

・第四日目: 4.シークレットアドバイス:ネットで無料で英語スピーキングする為の方法やサイトの紹介

・第五日目: 5.絶対にTOEICのスコアアップをさせる為に必要なスキルとオリジナルノウハウ紹介

・第六日目: 6.恋愛英語フレーズと国際恋愛英語

・第七日目: 7.すぐに使えるビジネス英語フレーズ集

・第八日目: 8.リスニング力をアップさせる教材の探し方とテーマの選び方について

また、お申し込み頂いた方に以下の無料で英語学習のE-BOOKをプレゼントしています。
このE-BOOKは「ビジネス英語をマスターする為の英語フレーズにテーマをしぼった教材です」

※こちらのE-BOOKは、メルマガ英語塾の最終回である第八日目にプレゼントさせて頂いております。



※ 最近、携帯電話のキャリアのメールアドレスにはメールが届きにくくなっています。登録の際はパソコンのメールアドレス(プロバイダーのアドレスやyahoo,gmail等)のアドレスでのご登録をお願い致します。

※また、こちらのメールシステムの都合上、お名前を登録して頂く際に変わったニックネームで名前を登録されますと、メールが届かなくなってしまう事があるので、出来るだけニックネームではなく、お名前で登録お願いします。


お名前
メールアドレス




© 2016 独学で英語を勉強してマスターする為の方法を紹介する英語学習サイト:マスターランゲージ | イギリス英語の学習方法も紹介しています。 · Subscribe: RSS Twitter · マスターランゲージ