英会話教室の講師の選ぶポイントについて:英会話の先生を選ぶ際に日本語が話せる人を選ぶべきか?日本語が話せない人を選ぶべきか?



英会話の先生を選ぶ際に日本語が話せる人を選ぶべきか?日本語が話せない人を選ぶべきか?



英会話学校に通えば、ネイティブの英語講師が先生になる事が一般的です。
彼ら講師達は日本語が話せた場合であっても、英語のレッスン中には日本語を使ってはいけない事になっています。

いずれにしても、日本で英語の講師をしているネイティブスピーカー達の中には、英語の文法を日本語で説明できるくらい、日本を完璧に取得している人はとても少ないと思います。また、一般的に英会話学校の講師達は短期間しか日本に住んでいない人が多いです。

しかし、英会話教室ではなく、プライベートな英会話レッスンや、スカイプレッスンを挑戦したい人は、先生を自由に選ぶ事ができるでしょう。そして、どんな先生がいいのでしょうか?日本語が話せる人か、日本語が話せない人か、どっちがいいのでしょうか?


英会話の先生を選ぶ際に日本語が話せる人を選ぶべきか?
英会話の先生を選ぶ際に日本語が話せる人を選ぶべきか?




英会話教室に通う際のポイント:日本語の話せるネイティブ講師の良い点と弱点


英会話教室には、教室側の方でも英語を教えている講師達にある程度のルールを設けていると思います。
先程説明したように、日本語がある程度もわかる講師でも、授業中は日本語を話さないように厳しく注意されいるから
余程のことが無い限り、日本語でコミュニケーションを取るネイティブ講師も少ないと思います。


日本語の話せる英会話講師の良い点


上手な先生は、出来るだけ日本語を使わないようにしますが、生徒が分からない時、日本語で何かを説明することが出来れば、とても役に立つと思います。

特に子供が生徒の場合や、初心者の生徒の場合、日本語で生徒の疑問を説明出来る事は、とてもいい事だと思います。
中級や上級の生徒は、英語の説明だけで分かるはずだと思います。そして、日本語の話せる英語圏のネイティブは日本人の考え方や日本人が間違える可能性のある箇所や間違えを起こす理由が分かるので、直ぐにそれらの問題を指摘出来、直す事が出来ます。


日本語の話せる英会話講師の弱点


日本語が出来る講師の場合、生徒側が授業中に日本語を使ってしまった際、講師もそれに合わせて
日本語で話してしまう可能性があります。そうしてしまうと英語の会話が中々進まなくなってしまいます。

そして、長い間日本に住んでいる英会話講師は、時々日本に馴染み過ぎて自然な英会話を忘れてしまいがちです!毎日の生活の中で日本語や、日本人っぽい英語を使って生活していますので、あまり「フレッシュ」な英会話にならない可能性も出てくるでしょう。いくら英語ネイティブであっても、日本の生活が長い人の場合「英語脳」を無くしてしまう場合があります!


日本語の話せないネイティブ講師の良い点と弱点


以下には、日本語が話せないネイティブ講師の良い点を弱点にクローズアップして紹介していきます。
この場合を比較的してみても、上記と比べてやはり良い点もあれば悪い点も存在しています。


日本語の話せないネイティブ講師の良い点


英会話の練習が止まってしまうような事がありません!講師は英語しか話せないので、日本語になってしまう可能性はゼロです。
また、分からない文章があれば、講師側が違う言い方で話してくれるので、話しが通じるまでしつこく英語を使ってくれます。その講師が先生としての経験があれば、ゆっくりと話してくれて、簡単な言葉を選んで話してくれる点も利点です。


日本語の話せないネイティブ講師の弱点


日本語が出来ないネイティブの講師の弱点としては、日本人の生徒が中々理解しずらい、複雑な文法に疑問を持った際、それらをしっかりと説明する事が出来ない点です。

生徒は、授業後に家に帰った後で自分で調べるしか方法がありません。そして日本語の話せない講師は、日本人の英語に対する問題点がしっかりと理解出来ていない可能性があります。日本人の英語学習者は、大抵は同じ間違いをしている可能性が高いです(私の今まで教えてきた経験論ですが)。

この間違いの理由は、母国語(日本語)の影響です。講師は日本語の知識がなければ、日本人の生徒が何故間違いをしているのか?その理由を上手に説明出来ないかもしれません。


結局、英会話講師を選ぶ際に日本語の話せる講師と話せない講師、双方ともに良い点と弱点があると思います。初心者は、日本語の知識のある英会話講師にした方がいいと思いますが、中級と上級のレベルに達している人であれば、日本語の話せない講師とレッスンを受けても問題はないと思います。














   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post