Subscribe: RSS Twitter

「used to」という表現はどのように使うのでしょうか?「used to」と「would」の違いについて



皆さん、こんにちは。今回の記事は当サイトの読者の方から頂いた質問に答えてみたいと思います。

今回の質問は「used to」という英文法の使い方についてです。


読者の方の質問:


「used to」の使い方を教えてください!
他に似ている表現があれべ教えてください!よろしくお願いします。



「used to」という英語はどのように使うのでしょうか?

「used to」という英語はどのように使うのでしょうか?



おすすめ記事:





「used to」の正しい使い方についての答え



ご質問ありがとうございました!これは凄く良い質問なので多くの英語学習者に役に立つ情報になると思います。

では、「used to」という英文法はいつ使うでしょうか?


「used to+動詞(原形)」という文法は「過去の習慣・過去の状態」というコンセプトを表すために使う文法です。

「昔はよくやっていたけど現在はしていない」というニュアンスも含まれています。では、例文で詳しい使い方を覚えていきましょう!


例文:

I used to eat cereal every morning.
(私は毎朝シリアルを食べる習慣があった。)
※「今は違う物を食べている」というニュアンスが含まれています。


She used to take piano lessons.
(彼女は(前に)ピアノレッスンを定期的に受けていました。)
※「今は受けているかどうか不明です」というニュアンスが含まれています。


I used to go to bed at 10pm every night.
(私は毎晩10時に寝る習慣があった。)
※「今は違う時間に寝る」というニュアンスが含まれています。


There used to be a supermarket here.
(昔、ここにスーパーがありました。)
※「だけど、今はスーパーがない」というニュアンスが含まれています。



否定文にした場合、「didn’t used to ~」というパターンになります。

She didn’t used to play tennis.
(彼女は昔テニスをやる習慣はなかった。)
※「だけど、今はテニスをやっているかもしれない」というニュアンスが含まれています。


He didn’t used to wear jeans.
(彼は昔ジーパンを穿く習慣はなかった。)
※「だけど、今はよくジーパンを穿く」というニュアンスが含まれています。



「Used to ~」は疑問文でも利用可能です。


Didn’t you used to live here?
(あなたはここに住んでたよね?)


Did he used to come to this school too?
(彼もこの学校に通っていたの?)



「過去の習慣」を表す文法は他にもあります。

「Used to」の代わりに「would+動詞(原形)」というパターンも使う事も出来ます。しかし中には微妙な違いがあります。例文で紹介していきます。


例文:

When I was young, I would get up early every morning.
(私が若い頃、毎朝早く起きる習慣があった。)
※「だけど、今は違う」というニュアンスが含まれています。


When I was at university, I would study until late every evening.
(私が大学の頃、毎晩遅くまで勉強する習慣があった。)



それでは、「used to」と「would」の違いはどんなところなのでしょうか? 「used to」と「would」には使い方の違いがあります。



1.「used to」を使う場合



used toと使う場合には「~の頃」や「昔」のようなフレーズを使わなくても大丈夫ですが、「would」を使う場合、「過去を表す」表現を使った方が良いです。

何故なら、「過去」というコンセプトは「used to」に入っていますが、「would」には他の使い方があります。ですから「過去の話だ!」とはっきり表現した方が良いです。


少しわかりづらいので以下の例文でみていきましょう。


例文:

I used to get up early.
(私は(昔、過去)早く起きる習慣があった)
※「used to」を使っていますので「過去の習慣」というコンセプトは自動的に含まれています。


I would get up early.
※この文章には二つの意味があります。「私は早く起きる習慣があった」という意味がありますが、「(あなたは)早く起きた方がいいよ」というアドバイス的な意味にもなります。


ですからこのような場合は「過去」を表す節を使うべきです。


When I was young, I would get up early.
(私が若いころ、早く起きる習慣があった。)
※「When I was young」という過去を表す節が入っていますので、当然「過去の習慣」という意味になります。




2.「would」を使う場合



「used to」は多くの動詞と一緒に使えますが、「would」の使用は限られています。

「would」は「love」(大好き、愛する)、「like」(好き、好む)、「hate」(大嫌い、嫌う)などの「状態動詞」と一緒に使う事は出来ませんので注意しましょう。

それでは以下の例文で使い方を確認していきましょう。


例文:

I used to love playing tennis.(正しい使い方)
I would love playing tennis.(間違った使い方)
(私は(昔)テニスをするのが大好きだった。)


I used to hate natto.(正しい使い方)
I would hate natto.(間違った使い方)
(私は納豆が大嫌いだった。)


「used to」の使い方は「would」よりも広いので、分からない場合「used to」を使ってみましょう^^




   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。

   ビジネス英語教材:ビジネス・イングリッシュ・マスター





当サイトの英語圏のネイティブライターが行う無料メルマガ英語塾の会員募集



マスターランゲージでは現在、当サイトの4ヶ国のネイティブ英語講師が行う無料メルマガ英語塾を開講しています。

全8回で行われるこのメルマガ英語塾は、コミュニケーションを主体とする話せる英話学習をテーマにした内容で行っております。

ネイティブとの会話の際にすぐ使える実践型の英会話テクニックやビジネス英語講座、TOEICのスコアアップ講座等も合わせて紹介していきます♪
メールを送るサーバーの限界があるので、初回300名様限定とさせて頂きます。

・第一日目: 1.英語圏の文化を理解する為に必要な英語のイディオムとフレーズの学習:食べ物やカルチャー偏

・第二日目: 2.英語力を磨くために:句動詞をマスターする学習

・第三日目: 3.パターントレーニングに応用可能な映画やドラマなどの会話フレーズで学習

・第四日目: 4.シークレットアドバイス:ネットで無料で英語スピーキングする為の方法やサイトの紹介

・第五日目: 5.絶対にTOEICのスコアアップをさせる為に必要なスキルとオリジナルノウハウ紹介

・第六日目: 6.恋愛英語フレーズと国際恋愛英語

・第七日目: 7.すぐに使えるビジネス英語フレーズ集

・第八日目: 8.リスニング力をアップさせる教材の探し方とテーマの選び方について

また、お申し込み頂いた方に以下の無料で英語学習のE-BOOKをプレゼントしています。
このE-BOOKは「ビジネス英語をマスターする為の英語フレーズにテーマをしぼった教材です」

※こちらのE-BOOKは、メルマガ英語塾の最終回である第八日目にプレゼントさせて頂いております。



※ 最近、携帯電話のキャリアのメールアドレスにはメールが届きにくくなっています。登録の際はパソコンのメールアドレス(プロバイダーのアドレスやyahoo,gmail等)のアドレスでのご登録をお願い致します。

※また、こちらのメールシステムの都合上、お名前を登録して頂く際に変わったニックネームで名前を登録されますと、メールが届かなくなってしまう事があるので、出来るだけニックネームではなく、お名前で登録お願いします。


お名前
メールアドレス




© 2016 独学で英語を勉強してマスターする為の方法を紹介する英語学習サイト:マスターランゲージ | イギリス英語の学習方法も紹介しています。 · Subscribe: RSS Twitter · マスターランゲージ