Subscribe: RSS Twitter

間違えて使いやすい「between」と「among」の違いと使い方、使い分けについて



日本語にも結構あると思いますが、意味は似ているけど使い方が違う単語。今回の記事では、そういった「とても似ているけど使い方が違う英単語」について紹介していきたいと思います。

今回紹介する英単語は「between」と「among」です。「between」と「among」は双方とも前置詞で、「~の間に・で・を」という意味になります。


簡単に説明してしまうと、「between」は「二つの物の間」という話をする時に使います。「among」は「三つ、三つ以上の物の間」という話をする際に使う事が一般的です。

※イギリス英語では、「among」だけではなく、「amongst」という言い方もあります。両方とも正しいスペルと発音なので、どちらも使っても大丈夫ですが「amongst」は少し古い言い方です。

それでは、シーンで別けて使い方をクローズアップしていきます。


似ているが使い方が違う「between」と「among」の違いと使い分け

似ているが使い方が違う「between」と「among」の違いと使い分け


おすすめ記事:





1. 物の位置を説明する際の「between」と「among」の違いについて



「物の位置」に関する話をする際、「between」は「~と~の間にある・いる」という意味になります。しかし、「among」は「~に囲まれている」という意味になります。


それでは、実際の使われ方を例文で確認していきましょう。


例文:

My house is between a pub and a restaurant.
(私の家はパブとレストランの間にあります。)


Please sit between Katy and Emma.
(ケイティーとエマの間に座ってください。)


The house was hidden among the trees.
(家は木々の中に隠れています。)


He sat amongst the other students.
(彼は他の生徒の間に座りました。)




2. ~の間で分けるという場合に使う「between」と「among」



二人の場合、「between」を使い、三人か三人以上の場合、「among」を使います。「分ける」は英語で「share」や、「divide」になります。

では、例文で使い方を確認していきましょう。


例文:

Divide the money between yourselves.
(そのお金を二人で分けてください。)


Share the sweets between yourselves.
(お菓子を二人で分けてください。)


Divide the money among yourselves.
(そのお金をみんなで分けてください。)


Share the sweets amongst yourselves.
(お菓子をみんなで分けてください。)




3. ある数・仲間の中でという場合に使う「between」と「among」

 


物を比較する際、「between」か「among」を使えます。しかし、「between」は二つの物、「among」は三つの物(以上)の話をする際に使います。

ちょっと分かりづらいかもしれませんので、例文で詳しくみていきましょう。


例文:

Among romantic comedies, I like “Love Actually” the best.
(ロマンチックコメディーというジャンルの中で、私はラブ・アクチュアリーが一番好きです。)


He is among the best footballers in the world.
(彼は世界一流のサッカー選手の1人です。)


Between Mark and Daniel, who do you like the best?
(マークとダニエル、どっちの方が好き?)


I have to choose between staying in the UK and moving back to Japan.
(私は、イギリスに滞在するか、日本に帰国するか決めなければならない。)




4. お互い・協力して~するというという場合に使う「between」と「among」

 


「みんな・二人で力を合わせて~する」という表現を使う際には、「between」か「among」を使えます。


例文:

Settle it between yourselves.
(二人で協力して解決しなさい。)


Please discuss the problem between yourselves.
(二人で問題について話し合ってください。)


Settle it among yourselves.
(みんなで協力して解決しなさい。)


Please discuss the problem amongst yourselves.
(みんなで問題について話し合ってください。)




「between」の使い方の例外



「between」は主に「二つの物/事・二人の間」についての話をする際に使われていますが、実は例外もあります。

例えば、具体的な物・事の中で選ぶ際、二つ以上あっても「between」を使える場合があります。


文章で説明すると理解しづらいと思いますので、実際の使い方を例文で確認していきましょう。


例文:

She had to choose between Waseda, Keio, and Tokyo University.
(彼女は早稲田、慶応、東大の中で選ぶ必要がありました。)
※具体的に大学の名前を使ったので「between」を使えました。


The differences between English, Japanese, and Chinese are significant.
(英語、日本語、中国語の間に重大な違いがあります。)




   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。

   ビジネス英語教材:ビジネス・イングリッシュ・マスター





当サイトの英語圏のネイティブライターが行う無料メルマガ英語塾の会員募集



マスターランゲージでは現在、当サイトの4ヶ国のネイティブ英語講師が行う無料メルマガ英語塾を開講しています。

全8回で行われるこのメルマガ英語塾は、コミュニケーションを主体とする話せる英話学習をテーマにした内容で行っております。

ネイティブとの会話の際にすぐ使える実践型の英会話テクニックやビジネス英語講座、TOEICのスコアアップ講座等も合わせて紹介していきます♪
メールを送るサーバーの限界があるので、初回300名様限定とさせて頂きます。

・第一日目: 1.英語圏の文化を理解する為に必要な英語のイディオムとフレーズの学習:食べ物やカルチャー偏

・第二日目: 2.英語力を磨くために:句動詞をマスターする学習

・第三日目: 3.パターントレーニングに応用可能な映画やドラマなどの会話フレーズで学習

・第四日目: 4.シークレットアドバイス:ネットで無料で英語スピーキングする為の方法やサイトの紹介

・第五日目: 5.絶対にTOEICのスコアアップをさせる為に必要なスキルとオリジナルノウハウ紹介

・第六日目: 6.恋愛英語フレーズと国際恋愛英語

・第七日目: 7.すぐに使えるビジネス英語フレーズ集

・第八日目: 8.リスニング力をアップさせる教材の探し方とテーマの選び方について

また、お申し込み頂いた方に以下の無料で英語学習のE-BOOKをプレゼントしています。
このE-BOOKは「ビジネス英語をマスターする為の英語フレーズにテーマをしぼった教材です」

※こちらのE-BOOKは、メルマガ英語塾の最終回である第八日目にプレゼントさせて頂いております。



※ 最近、携帯電話のキャリアのメールアドレスにはメールが届きにくくなっています。登録の際はパソコンのメールアドレス(プロバイダーのアドレスやyahoo,gmail等)のアドレスでのご登録をお願い致します。

※また、こちらのメールシステムの都合上、お名前を登録して頂く際に変わったニックネームで名前を登録されますと、メールが届かなくなってしまう事があるので、出来るだけニックネームではなく、お名前で登録お願いします。


お名前
メールアドレス




© 2016 独学で英語を勉強してマスターする為の方法を紹介する英語学習サイト:マスターランゲージ | イギリス英語の学習方法も紹介しています。 · Subscribe: RSS Twitter · マスターランゲージ