ing形の正しい使い方とルール、作り方をネイティブが解説します!「ing形」はどんな時に使うべき?


英文法で「ing形」を使う際の正しいルールと作り方を紹介します!



今回の記事では久しぶりに「英語の基礎文法」について詳しく解説してみたいと思います。今回のテーマは日常英会話でも非常によく使う「~ing」という文法ポイントです。

上手に英語を話す為には「ing形の使い方」と「ing形を作る際の正しいルール」を理解する必要があります。


英語の「動詞+ing」というパターンは「主に3つのシーン」で使います。1つ目は、「進行形」を表す際の表現です。2つ目は「動名詞」を作る際です。

そして、3目は「未来形」を表す際の表現です。それでは、これから「進行形、動名詞、未来形の作り方」を詳しく紹介していきたいと思います。

そして、その後に「日本人の英語学習者がよく間違えやすいing形のポイント」についても解説してみたいと思います。


ing形の正しい使い方とルール、作り方をネイティブが解説します!「ing形」はどんな時に使うべき?
ing形の正しい使い方とルール、作り方を解説:「ing形」はどんな時に使うべき?


こちらの記事もお勧めです:




1. 進行形を表す「~ing」



英語の「進行形」は「今やっている事」や「今起きている事」を表す文法になります。「過去進行形」とは「その時にやっている・起きている事」を表す文法です。

英語では進行形を表す際に「be動詞+動詞ing」というパターンを使う必要があります。例えば「する」という動詞の原形は「do」になりますが、進行形を表す際に「doing」という形になります。

それでは、実際の使い方を例文でみていきましょう。



実際の例文:


I am watching TV now.
(私は今テレビを観ています。)


He is not doing his homework.
(彼は宿題をしていません。)


What are you making?
(あなたは何を作っていますか?)


She was taking a bath at 9pm yesterday.
(彼女は昨日の9時にお風呂に入っていました。)


What were you doing when I called?
(私が電話していた時に何をしていましたか?)


「過去進行形」を表すためには「be動詞を過去形」にするだけです。とても簡単ですね!




2. 「動名詞」を作る「~ing」



「動名詞」とは、簡単に説明すると「観る」→「観る事」という変化を表す文法になります。

例えば、「私はテレビを観る事が好き」という文章の「観る事」を英語にする場合には「動名詞」を使う必要があります。

動名詞を作る際には、その動詞を「ing形」に変化させるだけです。それでは、実際の使い方を例文で確認してみましょう。


実際の例文:


I like watching TV.
(私はテレビを観る事が好きです。)


He is good at using the computer.
(彼はパソコンを使う事が上手です。)


She hates cooking.
(彼女は料理を作る事が好きではない。)


Speaking English is easy for me.
(私にとって英語を話す事は簡単です。)




3. 「未来」を表す「~ing」



もう一つの「ing」の使い方は「未来」を表す場合の表現です。英語で未来を表す文法には色々ありますが、その一つの表現方法として「動詞+ing」という方法があります。

「~ing」という未来の表し方を使った場合、その「未来の計画が既に決まっている」というニュアンスを表します。

例えば、「私は朝大阪に行く」という計画が決まっているなら、「I am going to Osaka tomorrow」という文法を使います。

この文法は「1」で紹介した「進行形」と同じパターンの作り方になりますが、「tomorrow」(明日)、「next Saturday」(来週の土曜日)などの単語で「未来」の話という事を表現出来ます。


実際の例文:


I’m going to a concert tomorrow.
(私は明日ライブを見に行くよ。) ※この計画が決まっている場合。


My daughter is starting at Tokyo University in April.
(私の娘は4月に東大に入学する。) ※もうすでに入学試験に受かって「東大の生徒になる」という事が決まっている場合。

I’m handing in my report tomorrow.
(私は明日レポートを提出する。) ※明日そのレポートを必ず提出する場合。




日本人がよく間違える「ing」の使い方



英語の「~ing」は日本人の英語学習者にとって落とし穴の多い文法ポイントだと思います。

ing=~している」というように覚えている人が多いと思いますが、実は、「~している」という文法を「ing」に直訳すると間違えが出てくる事もあります。

例えば、「私は東京に住んでいる」という日本語は「進行形」のようにみえるので「I am living in Tokyo」という英語を使いたくなる人が多いと思います。

しかし、英語ではその文章の場合には「進行形」を使いません。「I live in Tokyo」という文法を使います。他には、「愛している」も「進行形」にみえますが、英語では「I am loving you」ではなく「I love you」になります。

何故なら、「live」と「love」は「状態動詞」という動詞の種類です。「状態動詞」は「動き」を表す動詞ではなく、「状態」、「感情」、「感覚」、「他人との関係」などを表す動詞です。

ですから、「状態動詞」の場合は「~ing」を使いません。

例えば・・・
  • want:(欲しい)
  • love:(愛する)
  • hate:(嫌う)
  • have:(持つ)
  • smell:(臭う)
  • hear:(聞こえる)

以上の動詞は「状態動詞」なので「今~をしている」という日本語を使っても「~ing」という英語にはなりません。気をつけて扱いましょう!



英会話上達をメインに考えた文法パターントレーニング教材



以上、今回は「ing」の3つの使い方を紹介してみました。もっと詳しく実際の英会話に役立つ基礎英語の文法パターンを勉強したいという方は、当サイトのライターが制作した「English Reboot(イングリッシュリブート)」というメソッド系の英語教材がお勧めです。

この教材では「中学校レベルの英文法」を12のレッスンでステップバイステップで学習していきます。この教材は、例文が豊富なのでどんな学習方法にも適しています。

リスニング力アップに効果のあるダイアログを使った学習、メソッド系のスピーキングの練習など。この教材ならではの様々な学習法がたっぷり入っていますのでお勧めです! 是非ご覧くださいね!











   当サイトお勧めメソッド系英語教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

このEnglish Rebootという教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。
  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション
英語の知識や英単語を沢山知っているが英会話となるとさっぱり話せなくなるといった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。





   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^






Share This Post