中学英語を徹底的にやり直しする方法を紹介:何故,中学英語が必要なのか?


忙しい社会人でも効率良く中学英語をやり直す方法を紹介します!



今日の記事では「中学英語をやり直す方法」について話してみたいと思います。実は過去にもこのサイトで英語を話せるようになるには「中学レベルの英語基礎知識が重要になる」という事を話してきたと思います。

とくに社会人になると、日本の企業では「英語力」を求められるようになってきます。今までは英語から離れていたという方でも社会人になるとヒシヒシと英語の重要性を感じるようになってくる方が多いと思います。

殆どの人は英語の必要性に気がついていると思いますが、実際には「どうやって英語の勉強を始めればよいのか?」という事を悩んでいると思います。

そこで、今回の記事では「何故、中学英語をやり直す必要性があるのか?」というテーマと「中学英語のやり直し方」について紹介してみたいと思います。



中学英語を徹底的にやり直しする方法を紹介:何故,中学英語が必要なのか?
中学英語を徹底的にやり直しする方法を紹介:何故,中学英語が必要なのか?


こちらの記事もお勧めです:




何故「中学英語をやり直す」という必要性があるのか?



久しぶりに英語を勉強するという方の場合、英語を勉強する目的がどんな理由であっても「中学校レベルの英語」から勉強をスタートするべきだと思います。

例えば、あなたがビジネス英語を習得したいという場合でも、旅行英語を学びたいという場合でも、日常英会話をマスターしたいという理由であっても、必ず「中学校レベルの基礎英語」から勉強をやり直すようにしましょう。

その理由としては、どの「種類」の英語であっても、中学校レベルの英文法が非常に大きな基礎となります。

日本人が中学校の英語の授業で覚える「be動詞」、「一般動詞」、「進行形」などの文法ポイントは「英会話、ビジネス英会話、旅行英語、英語資格試験(英検やTOEIC)」などのベースとなります。

その為、中学校の英語授業で覚えた英文法をもう一度、復習する事が必要になります。それをマスターしないと英語は話せるようになりません。




英語を話せるようになりたければ「中学レベルの英文法」から始める事



「英文法」という表現を聞いて嫌がる日本人は多いと思います! 中学校の頃のつまらない英文法ドリルを思い出すと英語が嫌いだった理由を思い出す人も少なくないと思います(笑)。

そんな事もあり、中学校の英語の授業の「文法の教え方のせい」もあって「英文法に嫌なイメージがある」という学習者の方は非常に多いと思います。

ですから、私の意見では「文法」というキーワードは考えず、知識を詰め込みで覚えるのではなく、文法を「会話でシーンによって使われるパターン」として考えた方が良いと思います。


例えば、「何かを頼む際にはこういったパターンを使う」や、「誰かを誘う際にはこういうパターンを使う」、「招待を断る際にこういうパターンを使う」といったように文法をそういう風に考えると、もっと分かりやすくなると思います。

文法ドリルなどのエクササイズをやる事が好きな人もいると思いますが、私も日本語を勉強した際に個人的にそういった暗記型の勉強が好きではなかったので、もっと効率的で効果的な勉強法を探していました。

中学校レベルの文法(=センテンスパターン!)をマスターするためには、よくある英文法ドリルのようなものではなく、もっと面白い教材があります。


当サイトで制作した「English Reboot(イングリッシュリブート)」という教材はそういった英文法を実際の知識として使えるようにする為の練習を行いながら学べる英語教材になっています。


この教材を使って勉強していけば、「中学校レベルの文法パターンを実際に使える知識として覚える事が出来る」という点と「楽に文法を覚える事が出来る」ようになります。

この教材を使った勉強法としては、先ずは自分の覚えたい文法が入っているダイアログを聞きます。その後、文法の説明を読んで例文を聞き込みます。

教材の最後のステップはその文法を使ってアウトプットの練習する事が出来ます。英会話のために中学レベル文法をやり直したいなら、この教材はお勧めです!

この教材を使った方のレビューも紹介しておきます。

参考記事:「イングリッシュ・リブート(English Reboot)を利用した際の感想・体験談をレビュー



中学校レベルのボキャブラリーを覚えましょう



一般的に、日本人の英語学習者は「文法よりもボキャブラリーを沢山覚えている」という人が多いと思います。中学校レベルのボキャブラリーは以外と少ないですし、日本語の外来語になっている英語も多いので、もう既に知っている単語が多いと思います。

しかし、ボキャブラリーだけではなく「ボキャブラリーの発音」を練習する事も必要だと思います。ボキャブラリーを覚えるためには、どんな教材でも大丈夫なのですが、出来るだけ音声付の教材が好ましいです。

何故なら、ダイアログや例文を聞きながらボキャブラリーを覚え、さらに「ネイティブの発音を自然と吸収する」という事が出来るからです。




リスニング力をレベルアップさせる!



多くの日本人の英語学習者の最も大きな悩みは「英語が聞き取れない!」という事だと思います。その問題を解決するためには「リスニング力をアップさせる」という方法しかないと思います。

リスニング力をレベルアップさせるためには「リスニング量を増やす」という方法しかないと思います。当サイトで紹介している教材には全て音声が付いていますので、どの教材を使ってもオッケーです!

そして、リスニング力をレベルアップさせるためには、英語の「リンキング」というコンセプトを理解した方が良いと思います。「リンキング」とは英語の「単語と単語の繋ぎ方」という事です。

英語ネイティブが話すと「単語と単語が繋がって聞こえる」という現象が起きますので、それぞれの単語が聞き取りづらくなります。ネイティブの発音を聞きながら単語を勉強するとリスニング力はかなりアップすると思います。

参考:「英語の「リンキング」とは何?リンキングの法則とお勧めの教材を紹介します!




4. 中学レベル英語のアウトプットを練習しよう!



英会話の上達は「アウトプット(=スピーキング・ライティング)の練習」を避けていると、ずっと成長しません。

ですから、教科書を読んだり音声を聞いたりする事だけではなく「自分で実際に英語の文章を作ってみる」という作業を行わないと会話力は上がりません。その為には繰り返しの「アウトプット練習」が必要になってきます。


アウトプットを練習する方法は沢山ありますが、私がお勧めするメソッドはこちら:




英語のアウトプットについてもっと詳しく理解するためには、この記事がお勧めです:「英語のアウトプット力を高める勉強法とお勧めの教材を紹介!

以上、今回は英語力をアップする為にお勧めの方法として「中学レベルから英語をやり直す為の学習法」を紹介してみました!

中学校レベルの英語知識をしっかりと身につける事が出来て、されにそれらの知識を使って自分の言葉としてアウトプットする練習を行っていけば、英語力は格段にアップします。是非、皆さんもお試し下さいね^^






   当サイトお勧めメソッド系英語教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

このEnglish Rebootという教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。
  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション
英語の知識や英単語を沢山知っているが英会話となるとさっぱり話せなくなるといった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。





   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^






Share This Post