洋楽を使った英語の学習効果について:音楽使ってイギリス英語を勉強する事が出来るのでしょうか?



音楽使ってイギリス英語を勉強する事が出来るのでしょうか?


英語圏の音楽(洋楽)を通して英語を覚える事は、かなり効果的な勉強方法でしょう。

好きな音楽を繰り返し聴いていると、ボキャブラリーや表現、文法パターンを自然に吸収しながら暗記する事が出来ると思います。


しかし、英語圏の国の音楽を使って英語を勉強した場合に「英語の発音」まで上達させる事は出来るのでしょうか?


洋楽を使った英語の学習効果について
洋楽を使った英語の学習効果について



おすすめ記事:





イギリスの音楽を使ったイギリス英語の勉強方法について



例えば、「イギリスの音楽を学習教材」として使用して英語のリスニング学習をした場合、イギリス英語のアクセントや発音を身につける事は出来るのでしょうか?

私の個人の意見としては、英語の発音を上達させたのであれば、スピーキング用教材のオーディオを聞いた方が効果的だと思います。

英語圏の音楽を聴く事自体は、リスニングの学習として効果的な学習方法です。しかし、イギリス英語を習得したいと思っているのであればあまり意味がないと思います。


それは何故かというと、イギリス人の歌手達は歌を歌う際にイギリス英語のアクセントや発音を、アメリカ英語の発音で歌います。

また自分のローカルのアクセントで歌うアーティストは全体的に少ないようです。

彼らは、意識的にアメリカ英語の発音を使っているかのかどうか分かりませんが、歌う際にイギリスの発音が殆ど聞こえなくなりますね。


例えば、イギリス英語の特徴である、母音の言い方が変わります。


  • イギリス英語の場合・・・ can’t (カーント)は、can’t (キャント)になる。
  • イギリス英語の場合・・・dance (ダーンス)は、dance (ダンス)になる。


この他の例もあります。

イギリス英語の発音を使って歌うアーティストは少ないですが中には存在しています。

下記のアーティストは、自分の地元のローカルのアクセントで歌っているアーティストです。彼らの曲を聴いたら分かると思います。

  • 1. Lily Allen (ロンドンのアクセント)
  • 2. Kate Nash (コックニーっぽいアクセント)
  • 3. The Streets (バーミングハムのアクセント)
  • 4. Oasis (マンチェスターのアクセントが少し聞こえる)
  • 5. Coldplay (少し南部のミドルクラスアクセントが聞こえる)


イギリスの最も有名なグループのザ・ビートルズは、元々リバプールの出身ですが、歌を歌う際には、殆ど、ローカルのアクセントがなくなります。


しかし、彼らも曲によっては、少しローカルなアクセントが出ます。

ノーウィージャン・ウッドという曲を聴けば、リバプールの訛りが少し出ています。


アメリカのアーティストも、歌を歌う時に、ローカルのアクセントが少し柔らかくなります。アメリカ英語の「r」の発音は、少し柔らかくなり、母音も長くなったり、短くなったりする事があります。


また、オーストラリア人のアーティストも、歌う際にはアメリカ人のように聞こえます。オーストラリア英語に興味のある人は、「Missy Higins」というアーティストの曲を聴いてみて下さい。

彼女はわざと自分のオーストラリアのアクセントで堂々と歌っている事に気がつくでしょう。












   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post