独学で英語をマスターする為には英語耳を作る事が大切:英語耳の作る勉強法と効果


独学で英語を習得する為には英語耳を作る事が大切な理由



最近の英語教育業界でよく使われいるキーワードの中に「英語耳」というコンセプトがあります。皆さんはこの英語耳という言葉を知っていますか^^


英語を勉強している方なら「英語耳」や「英語脳」などのキーワードを一度は見聞きした事がある方も多いのではないでしょうか。

現在、日本の英語教育業界で流行しているこの「英語耳」というキーワードは、実は紹介されている英語教材、紹介している方によって様々な意味を含んでいる事が多いです(定義が曖昧な場合が多い)。


しかし結局のところ英語耳とは簡単に言うと「英会話を聞きなれている事」、「英語が聞き取れる事」というコンセプトを指しています。


英語を勉強しはじめたばかりの学習者の耳では、ネイティブが普通に話す会話はとても速く感じるでしょうし、
単語が繋がって聞こえたり、発音の問題から英語が聞き取りにくい事も多いと思います。



そういった事からも英語を無理なく聞き取れるようになる為に「英語耳」を作る事は大切だと思います。当サイト、マスターランゲージでは「独学で英語をマスターする」というコンセプトを掲げているという事もあり、この英語耳を作るというコンセプトに関しては重視しているポイントです。



英語耳の作る方法
英語耳の作る方法





ネイティブスピーカーのように英語耳の作る方法



英語耳を作る方法としては、実はそれ程複雑なコンセプトではありません。何故ならそれはあなたが日本語耳を作る事が出来た方法と同じ方法を実行すればよいからです。

しかし英語耳を作る為の勉強にかける時間の投下は勿論必要です。私たちは小さい子供の頃に、毎日のように母国語のリスニングトレーニングを自然に受けています。この母国語の学習時間は膨大な時間数です。


日本で育った日本人の方であれば、日本語の環境で育ってきた方だと思いますので、自然に「日本語耳」を作る事が出来ます。そしてオーストラリア人の私はオーストラリアで生まれ育ち、オーストラリアの英語の環境で育ったので、当然「オーストラリア英語耳」を作りました^^


この一見すると当たり前のような現象を自分の環境に当てはめて理解する事が出来るようになれば、英語学習における「英語耳」を作る為にどんな事が必要で、どのくらいの時間を要するのかが理解出来るようになってくると思います。



英語耳の作る為の具体的なステップ



まず英語学習の初心者であればベーシックな英会話教材(CD、MP3が付いた教材)を手に入れる。そして単語リストよりも長い文章の英語音声を聞くようにする事。

そして自分のレベルより少しだけ高い教材を選ぶと良いと思います。出来ればリスニングする原稿も同時に見ながら聴くと効果的です。


それを毎日繰り返しリスニングして全てが聞き取れるようになるまでにトラック繰り返し聴き込む事。知らないフレーズや単語があればその場で辞書で調べる事。

この時点で全て聴き取れるようになったら次のトラックに進みます。ここで重要な事は「前に勉強した文章も同時に復習して聞き返す事」この作業が大切です。

こうして定期的に復習することによって、前回学んだ知識を記憶に定着させる効果があります。ですから適切なタイミングで前回学んだ事も繰り返すと効果的です。



英語耳を作るポイント:

英語耳を作るには小さい子供が母国語を自然と吸収してきたように、リスニングをしつこく繰りかえして聞く事がキーポイントになります。インプットの量を増やすことこそが英語耳を作る唯一つの方法です。








   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post