TOEIC試験対策の為のお勧めの教材とスコアアップにつながるTOEICの勉強法紹介



TOEICのスコアアップにつながる具体的な勉強法とTOEIC試験対策の為のお勧めの教材について



今回の記事は当サイトの読者の方から頂いた質問に答えていきたいと思います。今回頂いた質問は「TOEIC試験の教材・TOEIC試験の学習ポイント」に関する質問です。


TOEICの勉強法やTOEICの教材選びについて迷っている方は多いと思いますし、大手書店にいってもTOEIC試験対策の教材は非常に多いので、正直どれにすれば良いのか、中々自分にあったものは選びずらいというお話もよく聞きます。

そして何よりも今回の質問は当サイトをご覧になっている他の読者の方の為にもなると思いましたので、質問内容を記事としてシェアしようと思いました^^



TOEIC対策の為のお勧めの教材と勉強方法
TOEIC対策の為のお勧めの教材と勉強方法




読者の方からの質問:



メルマガで毎日お世話になっています。
今日、第5回日を読みまして、疑問に思ったことがありましたので、メールさせて頂きました。

TOEIC試験学習ポイントとして以下の4点を上げていましたが具体的に、ネイティブ用メディアや教材でオススメの媒体があれば教えて欲しいと思います。

知りたい4つのポイントとして・・

・英語圏各国のアクセントになれておくとリスニングしやすくなる。
・英語学習教材・TOEIC試験教材のCDよりもネイティブメディアに多く耳をならせておく事。
・英語圏のネイティブスピーカー達が利用しているメディアを使ってリスニングスピードになれる。
・最初に聞いて50%聞き取れる物で勉強する事。



ご質問ありがとうございます^^
この質問に答える前に先ずは「TOEIC試験のリスニングテスト」について話しておきたいと思います。


最近のTOEIC試験のリスニングテストには、「アメリカ英語」だけではなく、「イギリス英語とオーストラリア英語」の音声も入っています。しかしTOEIC試験のリスニングテストは、主にアメリカ英語で録音されているそうです。


イギリス英語とオーストリアリア英語の音声も使われていますが、「イギリス英語やオーストラリア英語特有のボキャブラリー」等は収録されていませんので、アメリカ英語との違いといえば「発音の違い」だけです。


ですから、TOEIC試験の為にイギリス英語とオーストラリア英語特有のボキャブラリーを勉強する必要はありません。そして、イギリス英語とオーストラリア英語のアクセントに慣れる事が出来れば、試験の際にリスニングで困る事は少なくなると思います。


それでは、どういった勉強方法を行えばイギリス英語とオーストラリア英語の発音を上手に聞き取れるようになるのでしょうか?


その為に先ずは、「各国の英語の発音の特徴」について知るべきだと思います。私は以前に別の記事でイギリス英語とオーストラリア英語の発音について紹介してきました。参考までに以下に紹介しますので、是非読んでみて下さい^^


イギリス英語の発音の特徴に関する記事:



オーストラリア英語の発音の特徴に関する記事:



そして、イギリス英語の発音をもっと詳しく知りたいなら、この教材はお勧めです。この教材はそれぞれの母音・子音の発音を紹介しています。(音声で例文を紹介しています)





そして、英語ネイティブ用のメディアとは、具体的に言うと、映画、テレビドラマ、ラジオ、オーディオブックになります。私の意見として、この中で最も楽しい勉強方法といえば、やはりネイティブ向けの映画やテレビドラマを観ながら勉強する方法だと思います。


殆どのDVDには英語と日本語の字幕も付いているので、映画の台詞を聞きながら英語の字幕を読む事が出来ます。これは凄く良いリスニングの練習になると思います。


そしてDVDの場合、いつでも映像を停止してリワインドする事が出来るので、聞き取れなかった部分を繰り返し聞き返す事が出来ます。これはリスニング学習を行う上で重要な事だと思います。



リスニング練習に良いおすすめ映画リスト



もう一つの良い勉強法はオーディオブックを聞く事です。オーディオブックは映画よりも難易度は上がると思いますが、英語レベルが上級になった方には役に立つ教材になると思います。


参考:「お勧めのイギリス英語のオーディオブック



英語レベルが初級、中級の方にはネイティブ用のメディアは少し難しく感じるかもしれません。特に初級レベルの方は、英語学習者向けの音声付教材が一番役に立つかもしれません。(CDやMP3付き教材)


参考教材:



最後に今回、質問を下さった方が疑問に思っていたポイントの中で、「最初に聞いて50%聞き取れる物で勉強する」という事に関してもっと噛み砕いて解説すると、これは「自分の現在の英語レベルに合わせた教材を選ぶべき」という事につながってきると思います。


中級レベル以上の英語学習者はネイティブ向けのメディアを学習教材として使った方がいいと思います。しかし、英語レベルが初級の方の場合は、英語学習者向けの教材で勉強した方がいいと思います。


その理由としては、ドラマや映画等で使われている日常会話では、(英語ネイティブは)かなり広いボキャブラリーが使われていますので、初級レベルの人はあまり上手に聞き取れない可能性が高いと思います。

また、英語学習者向けの教材はボキャブラリーを少しずつ紹介していくものが多いので、ステップバイステップで新しいボキャブラリーを勉強する事が出来ます。

はじめのうちから難しい内容の教材で勉強すると挫折する事に繋がってしまいますので、やはり目安としては「リスニングしてみて50%以上聞き取れるもの、理解出来るもの」で勉強を進めていくべきだと思います。


他の英語学習関係の質問があれば、是非当サイトのライターに連絡してくださいね^^!








   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post