Subscribe: RSS Twitter

英語が聞き取れない理由と対策を紹介



日本人は、なぜ英語が聞き取れないのか?


英語を勉強している日本人の中で、一番よく聞く意見の一つとして

「ネイティブの話す英語が聞き取れない」


この意見は、英語学習者が最もハマリやすく、英語学習を挫折してしまうポイントだと思います。

それに以外にも、「英語は速すぎる」、「単語を区別できない」
「英語ネイティブは、ハッキリ発音しない」などの意見が多いと思います。


今回の記事では、上記に上げたの意見を一つずつクローズアップして
その後の英語学習において、リスニング力を上達する作戦を考えていきましょう。


日本人が英語が聞き取れない理由

日本人が英語が聞き取れない理由






英語が聞き取れない理由:1.英語は速すぎる



日本人にとっては、英語は速すぎて聞き取りにくいというイメージがあります。

しかし、このScientific Americanに掲載している研究によると
http://www.scientificamerican.com/article.cfm?id=fast-talkers
日本語は英語より早いという結果が出ています。


実は、言語のスピードを比較することは、ほとんど意味がないという事実があります。
英語ネイティブは英会話が聞き取れますし、日本語ネイティブは日本語の会話が聞き取れますからね。


決して日本人が、英語を聞き取る事が無理なわけではないんです。
ここで重要なのが “何故、日本人にとって英語が速く聞こえるのでしょうか?”

以上の質問を解明していく必要があります。



日本人が英語を聞き取れない始めの理由としてあげられるのが
圧倒的に、英語をリスニングする練習時間が足りないことにあります。


中学生や、高校生は、学校で一週間に3~4時間の英語授業を受けていますが
その中のリスニングは、15分くらいしかありません。

これが、最も英語を聞き取れない原因になっています。
また、社会人になって英語を勉強している人は、殆ど本を主体に英語を勉強していると思います。

また他にも問題があって、英語のリスニングを練習している人達は、ネイティブが話す遅い英語を聞いている事にあります。
英語学習の教科書に付属しているリスニング用のCDや、英語学習者向けのMP3などは、特に話し方が遅いと思います。


これらの英語のスピードはネイティブ達が話す日常会話よりずっと遅いと思います。

なぜかというと、これらの教材は、初心者向きに作られた物が多く
わざとゆっくりレコーディングをされている物が多いです。

こういった教材では、ボキャブラリーの練習や、発音の練習には使えると思いますが、実践的なリスニングを上達させようと思った場合、このような教材で学習していくと、実際のネイティブの日常会話を聞いた際に、かなりショックを受けると思います。


今まで、リスニングの練習をしてきたのに・・・。”自分は英語が聞き取れない”などと思ってしまうでしょう。


ですので、このような事になってしまわないように、ネイティブのスピードでリスニングに挑戦したい人は
英語圏のネイティブ向けのメディアを聞いた方がいいです。

具体的には、ラジオや、テレビドラマのダイアログを聞いてみましょう。
本来のリスニング学習は、こういった自然なスピードで英語リスニング力を磨くことが大切です。

日本人が英語が聞き取れない理由

日本人が英語が聞き取れない理由






英語が聞き取れない理由:2.英語のスペルと英語の発音の違い



英語の綴りは、他のヨーロッパの言葉よりも複雑で変則的です。
英語のスペルは、表音的ではないです。ですから、新しい単語を見た場合、発音が分からない可能性があります。

日本人である我々は、義務教育でかなりの時間を英語学習に費やしてきたので
ある程度は、英語の発音に対して推測できるかもしれませんが、英語圏のネイティブの発音を聞かなければ
その単語の発音を間違える可能性は、十分にあります。

リーディングする際には、発音に関してあまり意識する必要はないと思いますが
リスニングする上では、全く聞き取れない可能性も出てきます。




英語の変わった綴りと発音の問題をクローズアップ: ough の発音



    • rough ラフ
    • bought ボート
    • Slough スラウ
    • through スルー
上記の例を見ると、英語の不整な発音の問題が確認できると思います。
同じoughのスペルなのに、それぞれの単語の発音が全く違います。

ですから、英語のリスニング力を上達させる為にも、新しい単語を覚える時にも
必ずネイティブの発音を確認した方がいいでしょう。




英語が聞き取れない理由:3.一個の単語と文章の中の単語の発音が違う。



日本人は、特に中学校と高校生では、新しいボキャブラリーを覚える際に、単語リストで暗記します。
先生の発音を繰り返して練習し、単語の発音を忘れそうな場合は、英単語の隣にカタカナで発音を書いていますよね。

しかし、自然な会話の中で、単語を一言を言う人は少ないですよね。
単語は一般的に長い文章に入って使われています。
また、単語を繋ぐときに一つの単語の語尾は、次の単語の始めとつながって話されます。

例えば以下のような場合

have a look at this

  • 日本人のカタカナ発音で: ハヴ・ア・ルック・アット・ディス
  • ネイティブの発音で: ハヴァルッカゼィス

単語が全て繋がっているので、日本の英語の授業で練習するように発音した単語と違う発音になります。
(それに、カタカナ読みでは英語の発音を表現できないです)

新しい単語を覚える際には、文章でリスニングを練習する。
カタカナで英語の発音を書かないようにしましょう。




英語が聞き取れない理由:4.ネイティブはショートカットをする



会話では、同じ文章のパターンがよく出ますが、ネイティブのスピーカーはよく発音を省略することが多いです。
日常会話の際に、一番よく話させる省略の用語を覚えておくとリスニング練習の際にスムーズだと思います。

  • want to ウォナ
  • have to ハフタ
  • should have シュダ
  • would have ウダ
  • could have クダ
  • kind of カインダ
  • what do you ワダヤ
  • when do you ウェンダヤ

他にもあるが、上記の例はよく省略されています。




英語が聞き取れない理由:5.ネイティブの話し方と教科書英語が違う



一般的に、どの国のネイティブスピーカーも、自分の国の言葉をきれいに話しません。
意味のない単語や、余計な表現、スラングがとても多いですよね。

これは、我々日本人もそうですし、スペイン人もそうですし、韓国人、中国人もそうでしょう。
ネイティブスピーカーのは、どこの国の誰でもそうなんです。綺麗な表現を使って言葉を話すのは
テレビのニュースキャスターくらいですね^^

教科書英語は、一番簡単で、きれいな英語です。理想な英語です。
しかし、リアルな英会話は、スラングや、諺や、イディオムや、要らない接続語だらけです。

英語のリスニング力を上達ためには、日常会話で主に使われるフレーズを覚えておくといいでしょう。
このために、リスニングを上達させるには、ネイティブ向けのメディアを利用して英語を学習する方法が一番だと思います。






   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。

   ビジネス英語教材:ビジネス・イングリッシュ・マスター





当サイトの英語圏のネイティブライターが行う無料メルマガ英語塾の会員募集



マスターランゲージでは現在、当サイトの4ヶ国のネイティブ英語講師が行う無料メルマガ英語塾を開講しています。

全8回で行われるこのメルマガ英語塾は、コミュニケーションを主体とする話せる英話学習をテーマにした内容で行っております。

ネイティブとの会話の際にすぐ使える実践型の英会話テクニックやビジネス英語講座、TOEICのスコアアップ講座等も合わせて紹介していきます♪
メールを送るサーバーの限界があるので、初回300名様限定とさせて頂きます。

・第一日目: 1.英語圏の文化を理解する為に必要な英語のイディオムとフレーズの学習:食べ物やカルチャー偏

・第二日目: 2.英語力を磨くために:句動詞をマスターする学習

・第三日目: 3.パターントレーニングに応用可能な映画やドラマなどの会話フレーズで学習

・第四日目: 4.シークレットアドバイス:ネットで無料で英語スピーキングする為の方法やサイトの紹介

・第五日目: 5.絶対にTOEICのスコアアップをさせる為に必要なスキルとオリジナルノウハウ紹介

・第六日目: 6.恋愛英語フレーズと国際恋愛英語

・第七日目: 7.すぐに使えるビジネス英語フレーズ集

・第八日目: 8.リスニング力をアップさせる教材の探し方とテーマの選び方について

また、お申し込み頂いた方に以下の無料で英語学習のE-BOOKをプレゼントしています。
このE-BOOKは「ビジネス英語をマスターする為の英語フレーズにテーマをしぼった教材です」

※こちらのE-BOOKは、メルマガ英語塾の最終回である第八日目にプレゼントさせて頂いております。



※ 最近、携帯電話のキャリアのメールアドレスにはメールが届きにくくなっています。登録の際はパソコンのメールアドレス(プロバイダーのアドレスやyahoo,gmail等)のアドレスでのご登録をお願い致します。

※また、こちらのメールシステムの都合上、お名前を登録して頂く際に変わったニックネームで名前を登録されますと、メールが届かなくなってしまう事があるので、出来るだけニックネームではなく、お名前で登録お願いします。


お名前
メールアドレス




© 2016 独学で英語を勉強してマスターする為の方法を紹介する英語学習サイト:マスターランゲージ | イギリス英語の学習方法も紹介しています。 · Subscribe: RSS Twitter · マスターランゲージ