英語学習者は絶対に英語翻訳ソフトを使ってはいけない理由:英語翻訳ソフトについての翻訳精度



英語翻訳ソフトはどれくらい正しく英語を訳せるのでしょうか?



私は、全ての翻訳ソフトを試してみた訳ではありませんが、今まで試しに使ってみた感想として・・。
英語翻訳ソフトによって機械翻訳された英語の精度は、かなり低いという事です。

和英、英和の翻訳ソフトだけに限らず、翻訳ソフトには世界中の様々な言語が入っています。
しかし、どの国の言語を翻訳ソフトに通して機械翻訳しても、やはり答えは同じく、翻訳の精度はとても低いです。

つまり、ハッキリ言ってしまうとパソコンのソフトでは、人間の言語を100%正しく訳すことが出来ない。
翻訳する二つの言語が近ければ近いほど、翻訳的に上手に訳される可能性はありますが
それでも、やはり間違えが多すぎてダイレクトに使用する事はとても出来ません。

例えば、スペイン語とイタリア語は、言語的に凄く似ていて、文法が近いですし、単語の順番も近いです。
しかし、これらの言語であっても、まだ間違えが多く出てきます。

英語と日本語に関して言うと、これらの言語には全く共通性が無い言葉なので、日本語の文章をソフトに入れると、とんでもないおかしな英語が出てきてしまいます。


英語翻訳ソフトについての翻訳精度
英語翻訳ソフトについての翻訳精度




英語翻訳ソフトの翻訳精度が低い理由について


最近、翻訳ソフトの技術が向上しているものの、まだまだ超えられない問題がとても多くあります。
それは日本語と英語の間に、以下のような問題が大きな壁になっているからです。



英語翻訳ソフトの翻訳精度が低い理由:1.パソコンは文脈が理解出来ないので単語の選択でミスをする


パソコンは、文脈が理解出来ないので、単語の選択でミスをします。例えば「雨」や「飴」などの単語を漢字ではなくて、平仮名にすると、「rain」か「candy」か、どちらにすればいいか理解出来ていない。



英語翻訳ソフトの翻訳精度が低い理由:2. 日本語では省略や代名詞抜きの文章が多い


日本語の日常会話では、省略や代名詞抜きの文章が多いです。
英語では代名詞が必要なので、英語翻訳ソフトに通すと勝手に「it」や「he」などの代名詞を入れてしまう。この事から全く違う意味の文章として翻訳されてしまう。



英語翻訳ソフトの翻訳精度が低い理由:3. 英語では句動詞がよく使われている


英語では、句動詞がよく使われているので、フレーズを全て見ていかないと、単語だけでは意味が分かりません。



英語翻訳ソフトの翻訳精度が低い理由:4. イディオム的なフレーズが上手く翻訳できない



英語翻訳ソフトは、イディオム的なフレーズが上手く翻訳できない。
例えば、英語では「you’re pulling my leg」(直訳:「あなたは私の足を引っ張っているよ!」)の本当の意味は
「冗談言っているでしょう」という意味になります。英語翻訳ソフトは、このようなニュアンスが理解できない。



英語翻訳ソフトの翻訳精度が低い理由:5.敬語や微妙な言葉遣いのコンセプトを理解出来ない


日本語では敬語などのコンセプトがありますし、人によって言葉遣いを変えると思います。
この点において英語に翻訳する際、ニュアンスが理解出来ない翻訳ソフトは間違えた翻訳をしてしまいます。



英語翻訳ソフトの翻訳精度が低い理由:6.双方の言語に存在しないフレーズがある



日本語には英語に全く存在しないフレーズがあり、逆に英語には日本語に存在しないフレーズが多々あります。
例えば、日本語の「お疲れ様」というフレーズは、英語圏において同じような意味の言葉はありませんし、使われていません。
ですから、このようなフレーズは英語に訳す事が出来ません。


今回の記事のポイント:

  • 文脈がカギ!
  • 英語では代名詞が必要
  • ネイティブと同じように句動詞を使おう










   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post