留学先での健康・体調管理・日本の医療のシステムとの違い。



留学先での健康・体調管理・日本の医療のシステムとの違い。
留学先で病気やケガになってしまった時。。。
とても心細いですよね。
私も短期留学中に、かなりの高熱にうなされたことがあって
あの時は、1人で住んでいるアパートだったので
とても心細かった思い出があります。
もし、病気になったり、交通事故にあってケガをした場合
語学学校のスタッフやホストファミリー、友人に相談して
病院を紹介してもらいましょう。
海外旅行損害保険(AIU等)に加入している場合は世界各地にその連絡先の
情報があります。24時間対応で尚且つ日本語で対応してくれるので
加入していれば現地でのトラブルの際には安心です。
保険加入時の冊子には、キチンと目を通しておくといいと思います。
留学中に病気やケガよりもっと心配なのがメンタル面のケアーだと思います。
特に海外生活で慣れない上、ホームステイ先での環境の変化など
慣れない海外生活での初めのうちは
どんな人でも一度は精神的に不安定になったりするものです。
そんな時に、相談できる友人やエージェント、学校のスタッフなど
ストレスを発散できる相談相手を確保することが重要だと思います。
どんな語学学校にも、少ないながらも日本人留学生はいるはずですので
たまには、気分転換に一緒に出かけることも大切です。
海外ならではのホームパーティなどに出かけて
友達の輪を広げてみても面白いと思います。
・医療システムについて
海外では基本的にお医者さんは、ホームドクター制度をとっている場合が多いです。
地域にかかりつけの医者がいて、健康面の管理をしてくれる。
救急の場合を除き、基本的にはこのホームドクターにかかることになります。
大きな病院にかかる時もホームドクターの紹介が必要になるケースが多いです。
また注意事項として、とにかく医療の分業が徹底していて
薬や受付も複雑な場合があります。
国によっては、留学生には医療費の保険も適用されるけど
全額がまかなえるわけでもないので、海外で病気やケガをした際には
高額な医療費がかかるという事は、認識したほうがいいでしょう。
異常な理由からも、留学前には海外損害保険には加入しておきましょう。







   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post