留学後のお金の管理の仕方って??



留学後のお金の管理方法
留学後に気になるのがお金の管理方法。
現地でお金の管理方法をどのようにしたら便利なのか
書いてみようと思います。
留学先でのお金の管理方法として
トラベラーズチェック、クレジットカード、銀行口座の開設の種類があります。
現地に向かう際は、1週間分くらいの経費を現金で持っていき
2週間程度の生活費をトラベラーズチェックやクレジットカードで支払うといいと思います。
現地に長期留学をする人は現地の銀行口座を開くといいと思います。
○トラベラーズチェック
トラベラーズチェックは券面に金額が表示された旅行用の小切手です。
現金と同じように使うことができるので便利なんです。
さらにメリットとしては盗難や紛失の際も再発行されるので
非常に便利です。作り方の方法は購入する金額分の現金を持って日本国内の銀行の外国為替窓口に
行くだけで申し込めます。トラベラーズチェックには、1枚1枚サインする欄が二ヶ所あるので注意が必要です。
購入した際は、まず所定の1箇所にサインをしておくといいと思います。
これを先にしておかないと盗難にあった際に勝手に使われてしまう恐れがあるからです。
あと一箇所の部分は、現地で使用する際にサインします。
使用する際はパスポートの提示が求められるので、使用する時は必ずパスポートを
持っていって下さい。
トラベラーズチェックには、それぞれ違った固有の番号がついていますので
紛失したり、盗難したりした場合、この固有の番号が必要になりますので、忘れずに控えを
とっておくといいでしょう。
○クレジットカード
買い物や現地通貨のキャッシングにも使えるクレジットカードは
海外では身分証明書にもなる大切なアイテム。
日本とは違い、治安の悪い地域もある海外では大金を現金で持ちあるくと
大変危険なので、クレジットカードは大変おすすめです。
VISAやMASTERなどの国際提携のカードがいいと思います。
アメリカンエクスプレスなどは、一部使えない場所もありました。(ロサンゼルス)
カードの裏面には必ず自分のサインを記入しておきます。
買い物の際の明細は必ずとっておくようにするといいと思います。
○銀行口座
長期留学ともなれば
なるべく早く現地の銀行に口座を開いた方がいいです。
日本から現金を送金してもらうことも可能なので、大金も家に保管しておく心配もなくなる。
留学であれば、きちんと手続きすれば、基本的にはどこの国でも
自分の銀行口座を開設する事ができます。







   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post