どんな人が海外語学留学に来ているのか?


どんな人が海外語学留学に来ているのか?

留学にこれから行く人達が気になる内容として
どんな人が海外語学留学に来ているのか?
結構、気になる人も多いかと思います。


まず大まかに分けると、どんな人たちが海外留学に来ているのでしょうか。

1.学生タイプ

2.社会人タイプ

3.目的を持って夢を実現するために来たタイプ

4.海外で特殊技能の取得に来たタイプの人

5.親子留学タイプ


大まかに分けるとこのような分類にわかれると思います。




1.学生タイプ

高校生や大学生が中心。
最近では、短期の語学留学をしている人が多いです。

学生ならではの特権、夏休みや長期休みを利用して短期留学している人が多いです。
大学生などは、学校を休学して半年ほど留学したりする人。
将来の就職を考えてインターンシップを前提に留学をしている人も多かったです。




2.社会人タイプ

インターンシップの希望の人が多いと思ったんですが
純粋に英語を勉強して、次の仕事に活かしキャリアアップを図ろうとしている人が多いという印象です。

実際の私のクラスにいた、元社会人の方はIT系の技術者の方で仕事で英語を必要としているが
日本の英会話スクールでは、自分は真剣に勉強する事ができない。と一念発起し
海外での語学留学を決めたそうです。
もちろん、ビザなしで短期的に留学している人も多かったのも社会人タイプの人たちです。



3. 目的を持って夢を実現するために来たタイプ

将来、日本や海外でダンサーやエンターテイメント業界に進みたいと
思っている人たちに多いと思います。

英語を付属的なモノと考えていて、他の成し遂げたい夢の為に留学に来ている。
ロサンゼルスなどでは、映画の俳優やダンスが人気ありました。

ハリウッド周辺にはそのような学校も沢山あります。
ロサンゼルスやニューヨークにに留学する人に多いタイプだと思います。



4.海外で特殊技能の取得に来たタイプの人

私の知っている限りだと
医療系の資格を取りに留学に来ている人が結構多かったです。

具体的に詳しい授業と資格のカリキュラムは聞いてないんですが
アメリカだと取得しやすい、医療系の資格があるらしいです。
彼らは、長期滞在組で最低でも数年滞在している。



5.親子留学タイプ

ここ最近の人気?の留学体系。
私の行っている語学学校では、日本人の親子留学の方は、ほとんど見ませんでしたが
外国人の親子留学の方は、数人いらっしゃいました。

国籍で言うとモンゴルの方と、韓国の方がいらっしゃいました。
大まかですが、留学生はほとんどの場合このようなタイプの人が多いと思います。









   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post