Subscribe: RSS Twitter

語学留学時にホームステイ先のホストファミリーと上手に共同生活して英語を上達させよう



海外に語学留学を考えている方で最も悩む事といえば、留学時の滞在先の確保です。

滞在先も、留学生個人の目的によって、ホームステイを考えている方、短期語学留学を考えている方
長期の語学留学を考えている方によっても、変わってくると思います。

今回のページでは、海外語学留学の滞在先として人気のホームステイについて私の体験と意見をまとめて書いてみたいと思います。


ホームステイは日常的に英語に触れる事が出来ますし、ネイティブが日常で使う英語も簡単に吸収する事が出来ると思います。
ですから、上手の利用すれば非常に高い学習効果が高い留学方法です。

語学学校が斡旋しているドミトリー等と比べると、多少高い物件もありますが、良いホストファミリーに当たればとても有意義な留学生活が出来ると思います。


ホームステイ先のホストファミリーと上手に共同生活

ホームステイ先のホストファミリーと上手に共同生活






ホームステイ先のホストにはどんなタイプがいるのか?



一口にホームステイ先といっても、様々なタイプの人たちがホストファミリーとして受け入れを行っています。
例えば、仕事を定年退職した老夫婦で行っている昔ながらの典型的なホームステイタイプのホスト。
空いている部屋の有効活用としてビジネスライク的に部屋貸しをメインとしているホスト。(若いカップルなどがいました)


受け入れ側のホストといっても、様々なタイプがあります。
あまり自分の事に干渉されたくないような人(例えば日本でしっかり社会人で自立しているような方)であれば、ある程度プライベートを守れるような、環境を提供してくれるホストがいいと思います。


また、食事や共同生活をネイティブのファミリーと共に行っていきたいと考えている人であれば、老夫婦や小さい子供達を持っている親達が行っているホストを選んでホームステイした方がお勧めです。


いくら語学学校側で紹介されたホストファミリーだからといっても、自分に合ったホストが紹介されるとは限りません。
お互いの愛称や考えの違いなどもありますので、ホームステイに望む前にかなりしっかりと相手先のホストの過去の利用者の評判を確かめる必要があると思います。




ホームステイ先のルールやマナーについて



国も違えば生活のルールやマナーも大きく異なりますので、日本の常識が向こうのホストにとっては非常識になる事もあるので
コミュニケーションは頻繁にとっておくと良いでしょう。家の中の掃除や家事手伝いは強制的に行わなければならないと思っている方も多いと思いますが、家族によってはそんな事はありません。


ホームステイと言っても、しょせんは他人との共同生活ですので、自分勝手な行動は許されませんので、ある程度相手のホストファミリーのルールに従う必要も出てくると思いますし、その方がお互いに気持ちよくホームステイの生活を楽しめると思います。

基本的には、ルームシェアなどと同じだと認識してもいいかもしれません。
食事を済ませたら、後片付けを手伝う。部屋を汚したら掃除をする。ホストファミリーと共に生活をしていく上でこれらの事は自然な流れです。

ホームステイは、ホテルに宿泊している客という立場とは全く異なりますので、その点については理解する必要があると思います。
ホスト達もお金を出してもらっているからといって、お客という意識はないでしょう。
むしろ、留学生側は一緒に生活をさせてもらっているという認識を少しでももっておいた方がいいと思います。

意識的には自分は、あくまでも共同生活者だという認識を常に持っておいた方がホームステイ生活が上手くいくのではないかと思っています。
時には、自分から進んで家事の手伝いをしたり、積極的に家の掃除やホスト達とコミュニケーションを取る事も大切だと思います。
これだけは確実にいえますが、やはりネイティブ達と一緒に生活して得られる経験はとても大きいと思います。



ホームステイ先の部屋などについて



ホームステイ先で自分に与えれた専用の部屋の整理整頓は常識です。
自分の部屋をいつも清潔にしておくのは当然の事です。ベットのシーツは取替えてくれると思いますが(ホストによってバラつきもある)
基本的には自分の部屋の掃除やベットメイクについては、出来るだけ自分で行うようにした方がいいと思います。



ホームステイ先のバスルームの使い方について



これは、特に気をつけるべき事かもしれませんが、ホームステイ先のシャワーはあまり頻繁に使い過ぎないようにしましょう。
英語圏の国では、日本と入浴の習慣がだいぶ異なります。日本人のようにお風呂に使ってゆっくりするというような習慣がない為、湯ぶねにお湯をはって、入浴するようなことは殆どしないホストが多いです。

英語圏の人達は、殆どの人達がシャワーで入浴を済ませる人が多いです。
それと、建物によってシャワーのシステムも異なります。お湯は建物内のタンクにお湯を沸かして貯蓄し使用しているタイプの家もありますので、1人が大量のお湯を使ってシャワーで使用してしまうと、一時的にお湯が使えなくなったりしますので注意して下さい。

お湯が沸くのに非常に時間がかかります。ですから次に入浴する人に迷惑がかかります。


私も始めてのホームステイでこのことを全く知らなくて、他の人が数人入浴した後にシャワーを浴びたら…
水のシャワーでした・・・(汗)。

ホームステイでの入浴時の注意点としては、シャワーはいつも日本で浴びている時間よりも短めを心がけるとよいと思います。




ホームステイ先のホストファミリーとの関係で注意する事



ホームステイ先のホストファミリーとのトラブルは意外と多く報告されています。
実際にそれが原因で、ホームステイをやめた人も多いんですね・・・。

そこで、ホームステイ先のホストファミリーとの関係で注意する点としては以下の事に注意しましょう。

語学学校の友達をホストの家に呼びたいときは、必ずホストファミリーに一声かけて許可を得ましょう。
帰宅する時間が遅くなる時には、必ずホストファミリーに一声かけてから出かけるといいと思います。

ホームステイ先の電話を借りる際は、必ずホストファミリーの承諾を得てから電話を借りましょう。
その際は、国際プリペイドカードをつかってかけるようにしましょう。(今はスカイプがあるのであまり心配する必要はないと思いますが)

またホームステイの滞在期間が終了した場合は、速やかに家をチェックアウトしましょう。ホームステイの期間を延長したい場合は、半月くらい前に受け入れを手伝ってくれた語学学校や、もしくは直接ホストファミリーにかけあってみてもいいと思います。








   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。

   ビジネス英語教材:ビジネス・イングリッシュ・マスター





当サイトの英語圏のネイティブライターが行う無料メルマガ英語塾の会員募集



マスターランゲージでは現在、当サイトの4ヶ国のネイティブ英語講師が行う無料メルマガ英語塾を開講しています。

全8回で行われるこのメルマガ英語塾は、コミュニケーションを主体とする話せる英話学習をテーマにした内容で行っております。

ネイティブとの会話の際にすぐ使える実践型の英会話テクニックやビジネス英語講座、TOEICのスコアアップ講座等も合わせて紹介していきます♪
メールを送るサーバーの限界があるので、初回300名様限定とさせて頂きます。

・第一日目: 1.英語圏の文化を理解する為に必要な英語のイディオムとフレーズの学習:食べ物やカルチャー偏

・第二日目: 2.英語力を磨くために:句動詞をマスターする学習

・第三日目: 3.パターントレーニングに応用可能な映画やドラマなどの会話フレーズで学習

・第四日目: 4.シークレットアドバイス:ネットで無料で英語スピーキングする為の方法やサイトの紹介

・第五日目: 5.絶対にTOEICのスコアアップをさせる為に必要なスキルとオリジナルノウハウ紹介

・第六日目: 6.恋愛英語フレーズと国際恋愛英語

・第七日目: 7.すぐに使えるビジネス英語フレーズ集

・第八日目: 8.リスニング力をアップさせる教材の探し方とテーマの選び方について

また、お申し込み頂いた方に以下の無料で英語学習のE-BOOKをプレゼントしています。
このE-BOOKは「ビジネス英語をマスターする為の英語フレーズにテーマをしぼった教材です」

※こちらのE-BOOKは、メルマガ英語塾の最終回である第八日目にプレゼントさせて頂いております。



※ 最近、携帯電話のキャリアのメールアドレスにはメールが届きにくくなっています。登録の際はパソコンのメールアドレス(プロバイダーのアドレスやyahoo,gmail等)のアドレスでのご登録をお願い致します。

※また、こちらのメールシステムの都合上、お名前を登録して頂く際に変わったニックネームで名前を登録されますと、メールが届かなくなってしまう事があるので、出来るだけニックネームではなく、お名前で登録お願いします。


お名前
メールアドレス




© 2016 独学で英語を勉強してマスターする為の方法を紹介する英語学習サイト:マスターランゲージ | イギリス英語の学習方法も紹介しています。 · Subscribe: RSS Twitter · マスターランゲージ