Subscribe: RSS Twitter

留学時に英語を話す機会を沢山得られる留学先の選び方



留学する人の中には、様々なタイプの人がいるという記事を以前にも紹介しました。私もアメリカに留学をする前は、留学に行く人なんて将来の目標をかなり明確にもっていて、元々英語が出来る人、得意な人が行くんだろうな~等と考えていたんですが、実際にいってみるとそんな事はありません(笑)


当時の私のように英語が苦手な人も随分留学に来ていました。そして留学目的も個人によって様々で、スポーツの為にアメリカ留学に来た人や映画のノウハウを学ぶ為に来た人、医療関連の職業に付く為に来ている人。

カルチャー的な(ダンスや音楽、エンターテイナー等)知識、アクティビティーものを学びに留学に来ている等、実際にはもっと色々なタイプの人がいると思いますが実にいろんなタイプの方がアメリカ留学にきています。



そのような事もあり、英語圏の国の都会には多くの日本人(他の国の外国人)留学が多くいます。そしてそのような環境に身をおいていると自然と日本人、他の外国人留学生との交流が中心になりやすいです。

同じ国の留学生同士で情報交換や交流をする事はとても良い事もありますが、その反面英語を使わない環境になってしまうというマイナスの面もあります。


英語圏の国で留学する場合田舎の街がおススメな理由

英語圏の国で留学する場合田舎の街がおススメな理由



参考記事:




都会から田舎の町に場所を変えただけでも英語を使う機会はぐっと増える



以前にも社会人が語学留学先として選ぶべき国という記事でも紹介しましたが、私個人の意見としては、日本人が留学するには都会の大都市の街よりも出来るだけ田舎の街を選ぶべきだと思っています。


参考記事: 「社会人が留学で失敗しない為に選ぶべき留学先と英語を話す環境を作りやすい国


勿論、日本人留学生が全くいない街を選ぶ事は難しいですが、私の友人の中にもはじめにロサンゼルスやニューヨーク等の都会に留学に来た人が、「都会では中々英語を話す機会が作れない!」という理由から、生活は多少不便になるが日本人留学生が比較的の少ない田舎町で自分を鍛える為に引っ越したという友人がいました。


彼等の口からはそろって、「やはり都会の街にいるとどうしても日系のコミュニティーが大きいので日本語の環境に囲まれてしまう事が多い」そんな意見を聞きます。

だからこそ態々と田舎町に住み現地のネイティブと積極的に話す機会を作り、英語オンリーの環境に身を置くことを考えたようです。これは私もとてもいい考えだと思っています。


参考記事: 「海外留学で友達ができない人は必見:留学先で確実に外国人の友達(ネイティブの友達)を作る方法


私自身はアメリカの田舎の町には旅行で行った経験はありますが、実際に生活した事はありません。しかし確かに田舎町には日本人はおろか外国人は少ないですし、実際に英語で話さなければ生活できない状況も多々有ります。


つまり自然と英語でコミュニケーションせざるを得ない環境になるでしょう。そういった環境に身をおくことによって、英語を話す力、英語の基礎力みたいなスキルがつくと思っています。また、アメリカ以外の英語圏で言うと、イギリスよりもヨーロッパでは、アイルランド留学などもおすすめです。


アイルランドはイギリスにも近いですし、アメリカなどに比べるとユーロなので少し物価は高くなりますが、アイルランド人は一般的にフレンドリーな人が多いので、外国人に対しても親切でフレンドリーな人が多いです(つまり田舎町にいったような効果が得られる)。


ですから自然と現地のネイティブと英語で話す機会は多くなると感じています。特に短期で留学を考えるいる方は出来るだけネイティブと英語でコミュニケーションする機会を作る事が大切です。


個人的には留学する期間に拘るよりも、「どれだけ濃い留学生活を送れたのか?」に焦点を当てるようにするとおのずと留学先の街選びも変わってくると思います。実際に私も田舎町や少し小さな都市に留学していればよかったな~何て思っています^^





   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。

   ビジネス英語教材:ビジネス・イングリッシュ・マスター





当サイトの英語圏のネイティブライターが行う無料メルマガ英語塾の会員募集



マスターランゲージでは現在、当サイトの4ヶ国のネイティブ英語講師が行う無料メルマガ英語塾を開講しています。

全8回で行われるこのメルマガ英語塾は、コミュニケーションを主体とする話せる英話学習をテーマにした内容で行っております。

ネイティブとの会話の際にすぐ使える実践型の英会話テクニックやビジネス英語講座、TOEICのスコアアップ講座等も合わせて紹介していきます♪
メールを送るサーバーの限界があるので、初回300名様限定とさせて頂きます。

・第一日目: 1.英語圏の文化を理解する為に必要な英語のイディオムとフレーズの学習:食べ物やカルチャー偏

・第二日目: 2.英語力を磨くために:句動詞をマスターする学習

・第三日目: 3.パターントレーニングに応用可能な映画やドラマなどの会話フレーズで学習

・第四日目: 4.シークレットアドバイス:ネットで無料で英語スピーキングする為の方法やサイトの紹介

・第五日目: 5.絶対にTOEICのスコアアップをさせる為に必要なスキルとオリジナルノウハウ紹介

・第六日目: 6.恋愛英語フレーズと国際恋愛英語

・第七日目: 7.すぐに使えるビジネス英語フレーズ集

・第八日目: 8.リスニング力をアップさせる教材の探し方とテーマの選び方について

また、お申し込み頂いた方に以下の無料で英語学習のE-BOOKをプレゼントしています。
このE-BOOKは「ビジネス英語をマスターする為の英語フレーズにテーマをしぼった教材です」

※こちらのE-BOOKは、メルマガ英語塾の最終回である第八日目にプレゼントさせて頂いております。



※ 最近、携帯電話のキャリアのメールアドレスにはメールが届きにくくなっています。登録の際はパソコンのメールアドレス(プロバイダーのアドレスやyahoo,gmail等)のアドレスでのご登録をお願い致します。

※また、こちらのメールシステムの都合上、お名前を登録して頂く際に変わったニックネームで名前を登録されますと、メールが届かなくなってしまう事があるので、出来るだけニックネームではなく、お名前で登録お願いします。


お名前
メールアドレス




© 2016 独学で英語を勉強してマスターする為の方法を紹介する英語学習サイト:マスターランゲージ | イギリス英語の学習方法も紹介しています。 · Subscribe: RSS Twitter · マスターランゲージ