海外留学先の語学学校の種類を紹介


このページでは海外留学先の語学学校の種類を紹介していきます。
○語学学校の種類は大きく分けて次の3つの種類にわかれます。
 それぞれの語学学校に特徴があります。
・大学付属型の語学学校
大学のキャンパスの中に併設されている
大学によって運営されている語学学校です。
外国人留学生の進学準備をを目的としている。
コースの期間は8~16週間が一般的です。
長期なので途中からの入学は出来ません。
ポイント:
大学内の図書館やスポーツ施設、レストランを使用できる。
サークル活動も参加することが可能です。
他の学校よりも地元の学生と知り合いが増える機会が多い。
ある一定のレベルの英語コース授業を修了すれば
TOEFLのスコアは不要で大学に入学できる学校もある。
現地の大学する人にはおすすめです。
大学生活に重点をおきたい長期留学生に向いている。
・私立独立型
市街地の商業施設、オフィスビルなどに教室を持っている民間経営の語学学校です。
入学日に関しての規定があまく、毎週又は2~4週間ごとに入学が可能。
プライベートを充実させたい学生向きです。
自分の都合に合わせられることが、最大のメリット。
ポイント:
一般のESLのほかにビジネス系英語、英語系試験対策の授業など多目的なコースが多い。
サービスがわりときめ細かい、生活相談、進路相談、ホームステイ先の紹介もしています。
学校内は外国人留学生がほとんどで
現地のネイティブスピーカーと知り合う機会が少ない。
学校の規模は小さい。
留学初心者、短期語学留学の人、授業時間やコースを自由に設定したい人向けの学校。
・私立キャンパス型
大学のカレッジ内に設置されている私立の語学学校。
大学付属型と私立独立型の間のようなコンセプトの学校。
両方のいい部分を持ち合わせたハイブリットなスタイル。
ポイント:私立の語学学校なのでサポートも充実しています。
大学付属型の語学学校と同じで、各種の施設の利用も可能です。
市街地の不便なところにある場合が多い
やはり、授業料が若干高めのところが多い。
キャンパスの雰囲気を味わえるのはやはり魅力。
サポート体制も整っている。






   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post