語学留学についての不安:英語の成績が悪い人は留学に向いていないのでしょうか?



英語の成績が悪い人は留学に向いていないのでしょうか?


学生時代に英語の成績が悪かった人は留学に向いていないのでしょうか?
以前留学を志望している知人と話していた時にこんな話題になりました。

実は私ことMasaは、このサイトで偉そうに留学に関する情報を語っていますし・・。

今でこそ英語が好きになり、アメリカでようやく仕事を出来るくらいに英語に慣れてきましたが・・。


実はアメリカどころか、海外にも行った事がない留学前の当時までは、自他ともにみとめる大の英語嫌いでした!!(笑)。



はい・・・。
学校での英語の成績なんて普通レベルにも満たないひどい成績でした^^
改めて今と比べると、人って変わば変わるものだな~と思います。


結局のところ、私が語学留学(英語)に目覚めた理由は・・・
英語を使うことによって、様々な国の人たちとコミュニケーションをする楽しさを覚えてしまった事が一番の理由です。


例えば、私の場合はオリジナルの映像を作ったり、音楽を作ったり、楽器を演奏することが趣味なので
趣味が合う外国人に、もっと自分の意見を言いたい、もっと自分の表現している事を理解してもらいたい!!
彼らの考えについてをもっと知りたい!!

という気持ちから、英語を勉強しようとする思いが強くなりました。
そして、海外語学留学するという流れになるわけですが

滞在先のアメリカでは、はじめは英語のボキャブラリーもとても少ないし
日本語のカタカナ英語まじりの片言英語を使って話したり、ボディーランゲージばかり使って自分の意思表示をしていました。


ですが、そのうち会話の中で何回も使うフレーズがいつの間にか、頭に馴染み、知識としてインプットされて徐々に会話が成り立つようになってきました。

そんな時に、ようやく感じたました。

自分が今まで英語を勉強しなかった理由は”英語を話す事によって可能になる物事の楽しさを理解出来ていなかったからだ!”と気がつきました。


これが理解出来た私は、英語を勉強するというよりも、自分の意見を友達になるであろうネイティブスピーカーに伝えたい!
この純粋な思いから英語の知識のインプットに時間をかけました。

もしみなさんも、自分の英語力を気にかけて、外国人とのコミュニケーションや海外語学留学を踏み止まらせているなら、少し考えてみて下さい。英語が話せるようになる事で開ける未来の可能性は、とても大きい物になると思います。

まずは、もっと世界に出て様々な外国人と話たい!コミュニケーションをとりたい!という気持ちを最優先させると、少しづつ考え方が変わるかもしれませんね^^













   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post