気になるワーキングホリデー費用と各国の生活費内訳・ワーキングホリデーの時給


ワーキングホリデーのビザについて

 

ワーキングホリデービザとは?

ワーキングホリデービザは、『ワーキングホリデービザ休暇』を過ごすことを目的としている人に対して発給されるビザです。
ボランティアやアルバイトを含め、現地で就業することが認められているビザのことです。
将来海外で働きたいと考えている、海外就職希望者には、よいステップアップとして利用されています。

観光ビザで入国した場合だと最長3ヶ月までの滞在までのビザで、さらに現地にて働くことは一切認められません。
しかし、ワーキングホリデービザは、滞在費用を補うために現地で働く事が出来ます。
さらに4ヶ月間、語学学校に通うことも可能です。



 

ワーキングホリデーの費用とビザについて
ワーキングホリデーの費用とビザについて

 
 



気になるワーキングホリデー費用

 

日本ワーキングホリデー協会が行った調査の結果によると
1年間ワーキングホリデーした際に発生する住居費が41万円で、生活費32万円、レジャー費用などが29万円
学費が27万円、その他雑費に22万円が、なっているようです。

生活費に関しては、現地で出来る働ける仕事内容によって収入や
生活スタイルも変わってくると思いますので、ズレはあると思います。

また、都会よりも田舎の方が家賃や生活費は安いですが、仕事を探す際に求人が少ないなどの問題も出てきますので
やはりこちらも、個人のワーキングホリデーに求めるスタイルによって、変わってくると思います。

また、こちらも、日本ワーキングホリデー協会のデータになりますが
各国でワーキングホリデーで働いた場合のアルバイトの時給の目安になります。


  • オーストラリアにてワーキングホリデーで働いた場合A$8~
  • ニュージーランドにてワーキングホリデーで働いた場合N$11~
  • カナダでワーキングホリデーにて働いた場合C$7.5~
  • 韓国でワーキングホリデーにて4000ウォン
  • フランスでワーキングホリデーにて働いた場合7ユーロ~
  • イギリスでワーキングホリデーにて働いた場合5.73ポンド~






   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post