Subscribe: RSS Twitter

ハリー・ポッターで英語の勉強は出来るのでしょうか?



今回の記事は英語学習のテーマ、英語学習のリーディング教材としてよく取り上げられている「ハリー・ポッターを使った英語学習」についてイギリス人である私なりの意見を書いてみたいと思います。

ハリー・ポッターのシリーズは全世界中で450,000,000冊以上を売り上げた歴史上で最も人気のあったシリーズです。


ハリー・ポッターは67ヶ国語の言語に翻訳されており、世界中の子供に愛されているストーリーです。日本人の英語学習者以外の方でもハリー・ポッターの日本語版を読んだ事がある人は多いと思います。

そこで今回の本題に入りますが「ハリーポッターの英語版」を教材として使って日本人の英語者は英語の学習をする事が出来るのでしょうか?


この質問に簡単に答える事は難しい事だと思うので、まずはハリー・ポッターを英語教材として使う場合に「どんな点が英語学習に向いているのか?」そして「どんな点が英語学習に向いていないのか?」という点を分析して紹介していきたいと思います。

以上の事を理解した上で、英語学習者の方は「ハリーポッターが英語学習の教材として向いているのか?」「それとも向いていないのか?」を判断して決めた方が良いと思います。


ハリー・ポッターの英語教材

ハリー・ポッターの英語教材



おススメのリーディング学習記事:





ハリー・ポッターが英語教材としての良いポイント



ハリー・ポッターのストーリーは確かに楽しいです。もしあなたがハリー・ポッターを英語で読もうと思っているなら、あなたは既にハリー・ポッターのストーリーが好きな人 = つまりファンの方だと思います。^^


そしてストーリーが面白ければ「英語で本を読む」という行為に対してモチベーションを最後までキープ出来ると思います。
またこれは他の英語の教材に関しても言える事ですが、英語の教材を選ぶときには「必ず自分が興味を持てるテーマで英語を学習する事」それが最も大切な事だと思います。


興味がないテーマの本や退屈な文章であれば、直ぐにモチベーションはなくなり結局、最後まで読まずに諦めてしまう可能性が高いでしょう。実際に私が日本語を勉強した時にもそのような経験はあります。

ですから、これはハリー・ポッターに限らずリーディングの学習教材を選ぶ際に大切なポイントになると思います。


話は戻りまして、ハリー・ポッターは世界中で愛されている作品ですがストーリーやキャラクター、言葉遣いは本当にイギリスっぽいです。(イギリス英語の要素が強い作品です)


一応、魔法使いのストーリーですが、魔法使いや魔女たちはとてもイギリス人っぽいキャラクターです。以上の事からハリーポッターを読む事によって、イギリスのカルチャー的なポイントも自然と吸収する事が出来ます。作家のJ.K.ローリングは言葉遊びやユーモア的なイディオムが上手な作家です。殆どのキャラクターの名前や地名などには「二つの意味」が含まれています。


こういった微妙なニュアンスは日本語(他の言葉もそうですが)に翻訳しにくいので、時々日本語版には出ない部分もあります。ですから、これらを英語で直接リーディングする事によって、J.K.ローリングのユーモアや作家としての才能を直接感じる事が出来る所も良いポイントです。


そしてハリー・ポッターにはオーディオブックのバージョンもあるので、これを買えば本を読みながらリーディング力を上達させながら、同時にリスニング力を上達させる事にもつながります。




ハリー・ポッターの英語教材としての弱点



ハリー・ポッターは一応子供向けの本ですが、子供の本だからといって(英語で)読みやすいというわけではありません。

英語圏の10歳の子供は簡単にハリー・ポッターの小説を読めますが、英語圏の10歳の子供が知っているボキャブラリーの数は以外と多いんです。


平均的な英語圏の国のネイティブの10歳の子供は「10,000語~20,000語の英単語」を理解出来ます。

それに子供達は当然の事ながら、自分達のネイティブカルチャーに詳しいですし、言葉遊びやイディオム、カルチャー的な話が外国人よりも簡単に理解出来ます。


ハリー・ポッターの本は子供向けですが、日本人を含め非英語圏の国の外国人にとって、それらは意外と難しく感じるかもしれません。

またハリー・ポッターは魔法使いのストーリーでファンタシーの世界を綴ったものなので、勝手に作られた英単語がとても多いです。J.K.ローリングは多くの英単語を自分で作ったので、辞書には全く掲載されていない英単語が多いです。


このためストーリーはかなり読みにくい部分もあります。そして、実際の会話には出ないような英単語を勉強をする事は「英会話を勉強している学習者」にとっては以外と無駄な勉強になりやすい事も事実です。


またハリー・ポッターはストーリー自体が長いです!シリーズ中で一番長いものは「Harry Potter and the Order of the Phoenix(ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団)」です。

イギリス英語のバージョンでは765ページあります。この分量はリーディング学習をする勉強時間として集中できる時間でしょうか?(笑)


まとめると、やはりハリー・ポッターは英語学習教材として「良いポイントもあり、同時に弱点もある」その事は否めません。

本当にハリー・ポッターのファンであれば良い学習教材になると思いますが、内容的に子供向けの本のわりにクセがあって読みにくいとは思います。


私の個人的な意見なのですが、もし私が英語を勉強するならハリー・ポッターは使わないと思います。私が英語を勉強する際には、もう少し日常会話に使えるフレーズが多く入っている小説を選ぶと思います。結局は英文小説でリーディングの勉強をしたい人は「自分の興味に合わせたテーマ」で本を選び、それを学習教材にした方がいいと思います。



ハリー・ポッターのビックリ情報



ハリー・ポッターのイギリスバージョンとアメリカのバージョンは様々な違いがある事を知っていますか?!

勿論、イギリス英語版はオリジナルバージョンです。アメリカバージョンでは、アメリカ人の読者に読みやすくする為に様々なポイントが書き直されているんです。


例えば・・・・。

●スペルについて


イギリス英語:colour 
アメリカ英語:color

イギリス英語:favourite
アメリカ英語:favorite


これらのようにイギリス英語からアメリカ英語のつづりに変えられた。


それと「ハリー・ポッターと賢者の石」という本の名前も違います。

イギリス英語バージョンでは「Harry Potter and the Philosopher’s Stone」ですが
アメリカ英語バージョンでは「Harry Potter and the Sorcerer’s Stone」となっています。


またボキャブラリーの違いも多いです。
アメリカ人の子供に通じないイギリス英語のボキャブラリーはアメリカ英語に変えられています。


例えば・・・。

  • イギリス英語:dustbin
  • アメリカ英語:trash can (ゴミ箱)

  • イギリス英語:biscuits
  • アメリカ英語:cookies(クッキー)


このように単語を変えられています。
以上の事が理解出来てはじめて、ハリー・ポッターが英語教材として自分自身に向いているのかを見極めた上で判断されると良いと思います^^



イギリス英語の特徴も学べるイギリス英語専門教材


当サイトのイギリス人ライターが制作したイギリス英語を学習する為の専門教材です。
イギリスのカルチャーやイギリス英語の特徴、発音、スペル等、イギリス英語の全てを学べる教材です。

英語音声の後に日本語訳が流れる音声教材も付属しているので、場所を選ばす空いた時間を使ってイギリス英語を勉強出来ます。

  イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスターの詳細を見る




   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。

   ビジネス英語教材:ビジネス・イングリッシュ・マスター





当サイトの英語圏のネイティブライターが行う無料メルマガ英語塾の会員募集



マスターランゲージでは現在、当サイトの4ヶ国のネイティブ英語講師が行う無料メルマガ英語塾を開講しています。

全8回で行われるこのメルマガ英語塾は、コミュニケーションを主体とする話せる英話学習をテーマにした内容で行っております。

ネイティブとの会話の際にすぐ使える実践型の英会話テクニックやビジネス英語講座、TOEICのスコアアップ講座等も合わせて紹介していきます♪
メールを送るサーバーの限界があるので、初回300名様限定とさせて頂きます。

・第一日目: 1.英語圏の文化を理解する為に必要な英語のイディオムとフレーズの学習:食べ物やカルチャー偏

・第二日目: 2.英語力を磨くために:句動詞をマスターする学習

・第三日目: 3.パターントレーニングに応用可能な映画やドラマなどの会話フレーズで学習

・第四日目: 4.シークレットアドバイス:ネットで無料で英語スピーキングする為の方法やサイトの紹介

・第五日目: 5.絶対にTOEICのスコアアップをさせる為に必要なスキルとオリジナルノウハウ紹介

・第六日目: 6.恋愛英語フレーズと国際恋愛英語

・第七日目: 7.すぐに使えるビジネス英語フレーズ集

・第八日目: 8.リスニング力をアップさせる教材の探し方とテーマの選び方について

また、お申し込み頂いた方に以下の無料で英語学習のE-BOOKをプレゼントしています。
このE-BOOKは「ビジネス英語をマスターする為の英語フレーズにテーマをしぼった教材です」

※こちらのE-BOOKは、メルマガ英語塾の最終回である第八日目にプレゼントさせて頂いております。



※ 最近、携帯電話のキャリアのメールアドレスにはメールが届きにくくなっています。登録の際はパソコンのメールアドレス(プロバイダーのアドレスやyahoo,gmail等)のアドレスでのご登録をお願い致します。

※また、こちらのメールシステムの都合上、お名前を登録して頂く際に変わったニックネームで名前を登録されますと、メールが届かなくなってしまう事があるので、出来るだけニックネームではなく、お名前で登録お願いします。


お名前
メールアドレス




© 2016 独学で英語を勉強してマスターする為の方法を紹介する英語学習サイト:マスターランゲージ | イギリス英語の学習方法も紹介しています。 · Subscribe: RSS Twitter · マスターランゲージ