イギリス英語とアメリカ英語の違いと長所・短所の分析:アメリカ英語とイギリス英語のどちらの発音にした方が良いのか?


英語学習をする上でのイギリス英語とアメリカ英語の違いと長所・短所



日本の学校では主にアメリカ英語が教えられています。
独学で英語を勉強するしている人は、アメリカ英語とイギリス英語をどちらを選んでも問題ない訳ですが

一般的にアメリカ英語とイギリス英語のどちらを選んだにしても世界中の人達に理解されますが、双方を比べた際に長所や短所もあります。

今回の記事では、アメリカ英語とイギリス英語の長所・短所を比較しながら紹介していきたいと思います。


イギリス英語とアメリカ英語の違いと長所・短所の分析
イギリス英語とアメリカ英語の違いと長所・短所の分析


お勧めの教材

当サイトのライター(Mairi)が書いた電子書籍をお勧めします!


アメリカ英語の長所



アメリカ英語は、日本や韓国、中国、南米の諸国でも教えられています。そしてアメリカ人以外にも、アメリカ英語を話すスピーカーは世界的に多いです。

アメリカの人口は、300,000,000人です。そしてどこの町や州に行ったとしても、強いアクセントや発音のバリエーションが比較的少ないです。(勿論多少はありますがイギリス程多くありません)。

そしてカナダ人の発音は、アメリカ英語とあまり変わりません。そしてアメリカ英語はネイティブスピーカーが多いので練習パートナーが多いです。

アメリカのメディアやポップカルチャーは影響力が強いので、英語学習としての教材が多く、ドラマや映画で英語の発音を勉強したければ教材として使える物が非常に多いです。


そしてポップカルチャーだけではなく、専門的なウェブコンテンツやテクニカル系の情報の大部分がアメリカ英語で書かれている事が多いです。特にテクノロジーやサイエンスの分野で働いている方であればアメリカ英語の方が有利かもしれません。




アメリカ英語の弱点



アメリカ英語では、「r」の音韻がはっきり発音されています。「r」の発音は日本人にとって最も苦手な英語の発音の一つなので、アメリカ英語の発音は少し難しいという見方もあります。

アメリカ英語を中心に紹介している辞書は比較的少ないです。多くの英語辞書はイギリス英語で作られていて、勿論イギリス英語が中心に紹介されています。




イギリス英語の長所



イギリス英語は、勿論イギリス人(人口:62,000,000人)によって使われていますが、その他にも近隣のヨーロッパの諸国でも教えられています。また現在でもアフリカの国々(特にイギリスの元植民地)で使われています。

そしてオーストラリアやニュージーランドには自国の英語がありますが、アメリカ英語に比べて、「イギリス英語の発音」にとても近い発音です。イギリス英語を使っている人は意外と多いです。


イギリスの辞書はクオリティー的には世界でNo.1です。イギリス英語の辞書を使えばイギリス英語の発音だけではなく、アメリカ英語の発音も紹介されています。またイギリス英語を勉強しながら、同時にアメリカ英語の発音にも触れることが出来ます。


イギリスは比較的小さな国ですが、メディアの規模や種類が多いです。イギリス英語はBBCのドキュメンタリーを使っても勉強する事が出来ますし、多くの有名な映画(ハリー・ポッターや、ブリジェット・ジョーンズなど)を使って勉強する事も出来ます。


音楽好きな方には、「ビートルズ等のロックミュージックを使ってイギリス英語を勉強」が出来る点もポイントが高いと思います。


イギリス英語の発音は少し上品なイメージがあります。「イギリス英語」という発音は、実は「RP」というアクセントでテレビニュースやドキュメンタリーなどのメディアで広く使われており、イギリスの専門職や上流階級の人々によって使用されています。


以上の理由から、イギリス英語には少し上品なイメージがあります。

アメリカ人の立場から見ると、少し「インテリ」なアクセントだと思われています。またアメリカに行った際にもイギリス英語のアクセントはチャームポイントになります^^

アメリカ人の多くはイギリス英語のアクセントが好きで可愛いと思っている人が多いです。イギリス英語は、日本人の自然なアクセントに近いかもしれません。子音がはっきり発音されているので、「r」の発音は滅多に出ません。




イギリス英語の弱点



イギリス英語を学習してイギリスに行った際、実際に使われているイギリス英語に対して少しショックを受けるかもしれません。イギリスは小さい島国ですが、実はアクセントのバリエーションは非常に多いです。

例えば、となりの街から30km程度しか離れていない街のアクセントでも全く違うアクセントで話す事があります。
「RP」を使っているイギリス人は意外と少ないです。

テレビやメディアに出演している人たちは「RP」を使って話しますが、ローカルの人達は自分の方言で話している人が多いです。




アメリカ英語とイギリス英語についての比較のまとめ



以上アメリカ英語とイギリス英語についてまとめてみましたが、やはり教材やメディア等を見比べてみると、アメリカ英語の方が優勢ですね。

しかし英語学習においては、どちらの英語を選んだとしても正しい答えはありません。どちらを選ぶにしても英語学習者として、「自分のニーズとウォンツ」を見比べてから決める方が良いと思います。

どちらの英語にしても、リスニング学習をする際には発音の部分を加味せずに勉強出来るメディアを使いながら学習していくと良いでしょう。

またどこに行っても双方の英語が使われているので、結局は必要に応じてアメリカ英語とイギリス英語を理解しなければならないと思います。



今回の記事のポイント:

  • イギリス英語の辞書を使えばアメリカ英語の発音も調べる事が出来る
  • 自分のニーズとウォンツを見比べて選ぶ
  • リスニング学習する際には発音の部分を加味しないで勉強出来るメディアを選ぶ
  • 道路が左側通行





イギリス英語の特徴も学べるイギリス英語専門教材


当サイトのイギリス人ライターが制作したイギリス英語を学習する為の専門教材です。
イギリスのカルチャーやイギリス英語の特徴、発音、スペル等、イギリス英語の全てを学べる教材です。

英語音声の後に日本語訳が流れる音声教材も付属しているので、場所を選ばす空いた時間を使ってイギリス英語を勉強出来ます。

イギリス英語教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター











   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post