英語の発音がよくなる方法を探すよりも文脈を大切に!英語の発音はネイティブに近いじゃないと通じないのでしょうか?



英語の発音はネイティブに近いじゃないと通じないのでしょうか?



一般的な日本人の英語学習者達は、自分の英語の発音について
かなり心配している方、自信がない方が多いかもしれません。

しかし、ネイティブ達の視点から見ても、日本人が話す英語の発音についての問題は、さほど心配しなくてもいいと思います。勿論、ネイティブに近ければ近いほど、ネイティブスピーカー達には理解されやすくなりますが、会話を中心としたコミュニケーションで英語を使う場合、かなりアクセントの強い英語でも通じるでしょう。


英語の発音がよくなる方法よりも文脈を大切に!
英語の発音がよくなる方法よりも文脈を大切に!




日本人や非英語圏の人達が話す英語について



あなたは、フランス人の英語のアクセントを聞いたことがありますか?
または、メキシコ人の英語のアクセントを聞いたことがありますか?

どこの国の人でも、英語で話す時には強いアクセントがあります。日本人のカタカナ英語も、なんとなく、ベーシックなレベルで通じると思います。

しかし・・・。

英語を片言で話せば、話すほど、相手に理解される可能性は段々と下がります。例えば、一つだけの単語を強いアクセントや悪い発音で話した場合、殆ど通じないケースが出てきます。

文法的に正しい文章を使い、文脈で説明する事によって日本人を含めた非英語圏の人達の強いアクセントや、悪い発音で話した場合でも、文脈でネイティブ達理解してもらえるずです。

ですから、英語学習者として、ネイティブの発音を真似する事が難しいなら、心配しないで他のポイントに集中した方がいいでしょう。

例えば、中学校レベルの文法をマスターして文章を練習すること。
発音しにくい単語があれば、その単語に相当する他の単語を覚える事で問題は解消されると思います。

英語の発音にこだわって英語を話さないでいるよりは、様々な会話パターンを覚えて、別の言い方や文脈で伝えていきましょう。そうする事によって、英会話力は向上してくると思います。












   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post