ネイティブが考える英語脳の発想法:英語で話す時に頭の中から日本語を排除する方法・バイリンガルの英語脳について



英語で話す時に頭の中で日本語に訳せずに英語で直接答える



英語がペラペラな日本人の特徴を見ていると、彼らが英語で会話する際には、頭の中で日本語訳を考えずに直接に英語で答える事が出来ている点があげられると思います。この現象は、勿論、日本人の英語習得者だけではなく、世界中のバイリンガルな人達の才能でもあります。

実は私もそうなんですが、私は長い間、日本に住み、日本語を勉強しているので、毎日の生活を日本語で行っています。ベーシックな日常会話では、自分の母国語である英語は考えずに、日本語での質問を聞いて直接、日本語で答えを言います。



では一体、具体的にはどうような方法が考えられるのでしょうか。


・どうしたらそのような方法が出来るようになるのでしょうか?

・バイリンガル達と同じような英語脳を作る事が出来るのでしょうか?




ネイティブが考える英語脳の発想法
ネイティブが考える英語脳の発想法




英語脳を作る為には会話のパターンから覚えていく



語学の初心者であれば、自然な英会話を、自然なスピードで聞いたら、分からない単語が多いですし、文章のパターンが理解出来ないかもしれません。

しかし、よく聞くと、文章の中には、何回も同じパターンが出るという事に気が付きます。それに、同じパターンだけではなく、同じボキャブラリーも多く使われており、さらに同じ文章もよく使われています。

ですから、一番大切な事は、日常会話でよく使われるパターンを完全に暗記すること。複雑なボキャブラリーを考えずに、英語のパターンを覚えた方がいいでしょう。


英語の日常会話のパターンで覚える



  • I play soccer.
  • I played soccer yesterday.
  • I will play soccer tonight.
  • I want to play soccer tonight.
  • I can’t play soccer tonight.
  • I have played soccer for 3 years.
  • Let’s play soccer tonight.
  • Shall we play soccer tomorrow?


上記のような例文を練習すれば、話す時に日本語に訳さずに、直接英語で話せるようになります。

そして、接続語も考えずに直接言えるようになった方がいいです。そうする事によって、上記のような文章を繋いで、もっと複雑な文章が作れます。

同様にこれらのパターンを聞き取る為に、リスニング力も、とても大切になってきます。リスニング力を上達させられれば、自動的に返事を言えるようになります。

最後のコツは、パターンではなく、よく使うフレーズを暗記する。挨拶や質問などのフレーズは殆ど毎日使うので、暗記すれば、日本語に訳さなくても話せるようになります。




文章のパターンで英会話をマスター出来る方法














   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post