英語圏の各国の言語の違いについて:英語圏の国の中で、どの国が英語の標準語だと言われているのでしょうか?

英語圏の各国の言語の違いについて



日本語は、日本という一つの国でしか使われていない言語なので、「標準語」というコンセプトについては、比較的分かりやすいと思います。日本語での「標準語」は、関東(東京)エリアの発音と言葉遣いだと思われていると思います。それに、他の地方の日本語は、「方言」や、「訛り」だという括りで考えられていると思います。


しかし英語の場合は、どうでしょうか?


英語は、多くの国の人達に使われている言語です。英語圏の国以外にもく、インドやシンガポール、香港などの国において、共通言語として英語は使われています。

各国の英語の発音は違いますし、ボキャブラリーの違いもあります。そういった理由から、「標準語」というコンセプトを考える上では、少し複雑になると思います。


英語圏の各国の言語の違いについて
英語圏の各国の言語の違いについて




アメリカ英語においての標準語



日本人は、中学校と高校では、アメリカ英語を勉強して、アメリカ英語の発音に慣れているので、他の国の英語の種類は「訛り」がある英語だと思ってしまうかもしれません。

日本の語学関係の掲示板などを見ていると、「オーストラリア英語の訛り」や、「アイルランド英語の訛り」などについて、多くの質問を見ますが、オーストラリア人に「あなたの英語は訛っているよ」と言えば、殴り合いになるかもしれません!(笑)

オーストラリア人の立場から見ると、自分達の英語は、「標準英語」で、他の国の英語は「訛っている」と思っています・・。やはり、自国の立場によって、「標準語」のコンセプトが異なると思います。

英語圏の国、各国には、しっかりと標準語に対するコンセプトがあります。
アメリカの場合を見れば、「標準語」は、General American English (GA)と呼ばれている。

このアクセントは、テレビのニュースやラジオ、映画に使われている一般的な標準語です。GAは、アメリカのミッドウェストで使われているアクセントに近いと言われています。勿論、多くのアクセントや方言もある。



イギリス英語においての標準語



イギリスの場合は、Received Pronunciation(RP)という発音が標準語と言われています。RPは、BBCのアナウンサーなどの人達に使われているので、高級なイメージがあります。日常的にRPを話す人は比較的少ないでしょう。殆どの人は、自分のエリアの方言で話します。イギリスのRPは、ロンドンと南の方のアクセントに近いです。

他の英語圏の国でも、やはり標準語は存在しています。国内の地方エリアの話し方は、「訛り」だと思われており、そして立場によって、他の国の英語は「訛り」だと思っている人もいます。イギリス人にとっては、GAは「アメリカ英語のアクセント」で、イギリスのリバプールの人達にとっては、RPは「高級アクセント」だと思われています。

やはり、世界中の人は、自分のアクセントは「普通」だと思っていますし、自分の話し方は、「アクセント」ではないと思っている人が多いでしょう。

日本人の英語学習者は、自分のウォンツとニーズを考えてから、英語の種類を選んで勉強するべきでしょう。アメリカのGAとイギリスのRPは、世界中で通じますが、もし海外に行ったり、留学、ワーキングホリデーを考えているのであれば、ローカルのアクセントと話し方に慣れた方がいいと思います。オーストラリアやニュージーランドに行けば、GAとRPは勿論通じるが、「あなたの英語はアメリカのアクセントで話すね!」、「あなたの英語は、イギリス英語のアクセントだね」と言われるかもしれませんね ^^







スポンサーリンク




   当サイトお勧めメソッド系英語教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

このEnglish Rebootという教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。
  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション
英語の知識や英単語を沢山知っているが英会話となるとさっぱり話せなくなるといった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。





   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^






Share This Post