洋楽で英語学習する前に知っておくべき事:ビートルズの歌詞で英語を勉強したいと思いますが訛っているリバプールの発音になってしまうのでしょうか?


ビートルズの歌詞で英語を勉強したいと思いますが訛っているリバプールの発音になってしまうのでしょうか?



洋楽で英語学習する上でビートルズの訛りが気になる

洋楽で英語学習をする上で人気が高い物の一つとして、ビートルズが上げられると思います。ビートルズの歌詞を使って英語を勉強する人は比較的多いと思いますが、日本の中学生、高校生、サラリーマンの中でも、「Hey Jude」や、「Let it Be」などの有名な歌を使って英語のボキャブラリーと発音を勉強している人がいるかもしれません。しかしこの方法は、本当に英語の発音の練習に良いのでしょうか?

私は、英語を教えていて、この問題や質問をよく聞かれます。


ビートルズなどの洋楽で英語学習する場合
ビートルズなどの洋楽で英語学習する場合





ビートルズのリバプールアクセント



ビートルズの出身地が分かる人が多いと思いますが、一応紹介しておくと、彼らはイギリスのリバプールという都市で生まれ育ったバンドです。イギリス英語に詳しい人は、リバプールのアクセントは特に強いと分かるかもしれませんね。^^

ビートルズのインタビューを聞けば、彼らのリバプールアクセントに気が付くと思いますが、実は彼らの音楽を聞けば、強いアクセントはあまり出ていないです。

イギリス人の歌手は、一般的に、ポップやロック音楽を歌う時に、発音を軟らかくして、アメリカ英語っぽくなる傾向があります。私もイギリス人なのに、ラジオで歌を聞くときに、そのアーティストはアメリカ人かイギリス人か区別できない時があります。

英語圏の人は誰かが英語で話す時に、2秒以内でその人の出身地が分かってしまう。
しかし、歌などで英語の発音を聞いた場合、その人が何処の出身なのか特定する事は難しいです。基本的に、みんなアメリカ人の話す英語のように聞こえてしまいます。

ビートルズの曲も殆どそのように聞こえるケースが多いです。アメリカ人ではないという事が、大体分かりますが、強いリバプールのアクセントがあまり出ないので、英語の発音の為に使いたいと思っている人がいるなら、全く問題はないでしょう。










   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post