TOEIC受験者必見!ニュージーランド英語の特徴について:ニュージーランド英語の発音と特徴に聞きなれる方法



ニュージーランド英語の特徴について


ニュージーランドは日本人の語学留学生にとって人気の高い国です。
ニュージーランドを留学先として選ぶ理由としては景色が綺麗、ニュージーランド人のおっとりとした人柄や優しい性格、またアメリカやイギリスに比べたら、物価が安いという事が上げられると思います。

しかし、義務教育でアメリカ英語を中心に勉強している日本人にとって、ニュージーランド英語は訛っているのではないか?

ニュージーランド英語は聞き取りにくいのだろうか?等、様々な意見を耳にする事があります。
ですが、近年のTOEIC試験では、ニュージーランド英語の発音も問題に追加されるようになりました。

TOEIC側の考えとしては、「様々な国と地域で英語が使われている事を考慮して、アメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリア(ニュージーランドを含む)、各国の英語の4つの発音を導入している」という意見のようです。

そこで今回は、ニュージーランド英語の特徴を学び、聞きなれる方法について紹介したいと思います。



ニュージーランド英語の特徴について
ニュージーランド英語の特徴について





ニュージーランド英語の特徴



ニュージーランドの英語の発音は、オーストラリア英語に非常に近い発音です。実際は他の国の英語圏の人にとっては、オーストラリア英語とニュージーランド英語はかなり似ている為に、区別出来ない程似ています。しかし、よくリスニングしてみると、やはり様々な違いがあります。

ニュージーランド人の母音の発音は、他の英語の種類と少し異なります。一番大きな違いは、”e”と”a”の発音です。

ニュージーランドの”e”は、”エ”ではなくて、”イ”の発音に近いです。

◎例:

  • get → ギット
  • met → ミット

そして、 ”a”という母音の発音は、”ア”ではなく、”エ”に近くなります。

  • happy → ヘピー
  • man → メン

他の母音の微妙な違いがありますが、上記の例は日本人にとって最も気になる部分だと思います。
それに、アメリカ英語と違って、a → aa の発音があります。この点ではイギリス英語にとても似ています。

  • can’t → カーント
  • bath → バース

ニュージーランド英語のスペルはイギリス英語と同じです。



ニュージーランドのスラング



ニュージーランド人はオーストラリア人と同じく単語を省略する事が好きです。

例えば:

  • advertisements → ads テレビのCM
  • aggravation, aggression → aggro 喧嘩などのトラブル
  • barbecue → barbie バーベキュー
  • biscuits → bickies クッキー
  • breakfast → brekkie 朝ご飯
  • cigarettes → ciggies タバコ

等があります。



ニュージーランド英語:聞きなれる方法



ニュージーランドに留学・観光に行く前には、ニュージーランド英語になれる為にも多くのニュージーランド英語を耳に入れた方がいいと思います。

そして、TOEIC試験に挑戦したい人も、アメリカ英語、イギリス英語以外の英語に聞きなれる為にもリスニングしましょう。
TOEICのリスニングテストには、先程も紹介したように様々な英語圏の発音で出題されてくるのでリスニング訓練が必要です。


ニュージランド英語を一番勉強しやすい方法としては、ニュージーランドの映画やニュース、メディアを聞く事でしょう。

最近ニュージーランドのドラマで人気があるのが、Flight of the Conchordsというコメディーシリーズです。このドラマは世界中で人気になっています。2人のニュージーランド人男性は、成功するためにニューヨークに行くという内容です。

いきなりコメディー音楽を歌いだしたり、ニュージーランド人とアメリカ人の間の会話が多くでますので、簡単にアクセントの違いを比較する事が出来ます。

ニュージーランドの国営テレビ局はTVNZというテレビ局です。
日本のNHKのような放送局です。TVNZのウェブサイトを見ると多くのビデオや動画を見る事が出来ます。


TVNZのウェブサイト

www.tvnz.co.nz













   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post