Subscribe: RSS Twitter

英会話上達法・ネイティブとの会話で重要なポイント・英語の発音の重要性を理解する




海外旅行や、海外留学にいった経験のある人なら
いかに、日本で勉強していた英語が通じないか驚いた人は多いと思います。

実際に私も、はじめて渡米した際には、英語が出来ない事で
とんでもなく苦労しました。

日本で予め英語を学習していた人や、留学2度目の人などに混ざって時の
私の英語レベルは、間違いなく最低ランクのレベルでした。

アメリカで最も大切とされている自己アピールや自分の意見が全く英語で話せず
今思っても、とてもモドカシイ思いを沢山しました。


また、せっかく話した英語も自分の発する発音の悪さから
ネイティブのアメリカ人に、中々理解されずかなり落ち込んだのを覚えています。

しかし、語学学校のペーパーテストを受けると周りの外国人留学生よりも
比較的点数がいい為に、余計に英語が思うように話せない事に苛立ちを感じていました。

特に、簡単な単語・フレーズ、特に街の地名などは、かなり通じない事が多く
この時に、かなり発音の悪さの問題を痛感しました。

勿論他の国から来た、語学留学生もかなり強いアクセントの英語を話しています。
アクセントに関しては、韓国人も中国人も、インド人もメキシコ人も
かなり強い独特のアクセントがあります。

しかし問題は、アクセントではなく発音です。
正しい発音が理解出来ていなければ、ネイティブが何を話しているのかも
わからないので、会話を理解する事も難しくなります。

ですから、発音の問題はリスニングの問題にもつながってきます。

日本では、和製英語が日常に蔓延している事から
知らず知らずのうちに、頭の中にカタカナ英語がインプットされています。
ですから、英語を話す際にも自然とカタカナ英語の発音になりがちです。

同じ単語でも、日本人の話すカタカナ英語とネイティブの話す英語では
全く別物です、これは日本にいると気がつかない人も多いと思いますが
例えば、カタカナ英語でマクドナルドと発音する場合も
ネイティブが発音する場合では、全く違います。
(海外でマクドナルドに行く人が多い思いましたので^^)

以上の事から、考えても我々日本人が英語において
まず、克服しなくてはいけないのが、カタカナ発音をやめる事にあります。
英語は、カタカナ発音をしていると絶対に表現できません。

ネイティブのようになりきって、英語の発音をする必要があります。

よく日本人が苦手な発音の音として
RとLとTHが上げれると思います。

これは、英語が話せても上手に発音できない人も沢山いますので
じっくり時間をかけて学ぶ分野でもあります。

また、たかが発音と考えている人もいるかもしれませんが
海外で、ネイティブと会話した際に間違った発音をして
トラブルに巻き込まれる事もあるので、ある意味英会話においては
最重要項目になるかと思います。

また、すでに知っている英語の知識、日本の生活で出来上がった和製英語
カタカナ発音を、大人が直していくのはかなり難しい作業になります。

日本語に無い舌の使い方などをする発音もありますので
本気で、ネイティブの発音を極めたい人は英語教材のリスニングCD以外にも
英語の音楽や映画、生のネイティブが話す英語に積極的に触れる必要があります。

私個人的には、洋楽が好きだった為に
毎日音楽を聴いているので、自然とネイティブの話している発音が耳に入ってくるようになりました。

また、映画を英語の学習教材として使用している人も
自然とネイティブの発音が耳に慣れてくると思います。

もちろん英語の発音を勉強できる教材も多い出ていますので
教材で発音の学習に取り組んでもいいと思います。


最後に・・・。
英語は日本語と比べても言葉に強めのアクセントがありますので
(外国人が日本語を話している時、強いアクセントがありますよね?それと逆のイメージです)
ネイティブと会話する際は、自分もネイティブのような態度や仕草で
話すように心掛ける事も必要だと思います。



   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。

   ビジネス英語教材:ビジネス・イングリッシュ・マスター





当サイトの英語圏のネイティブライターが行う無料メルマガ英語塾の会員募集



マスターランゲージでは現在、当サイトの4ヶ国のネイティブ英語講師が行う無料メルマガ英語塾を開講しています。

全8回で行われるこのメルマガ英語塾は、コミュニケーションを主体とする話せる英話学習をテーマにした内容で行っております。

ネイティブとの会話の際にすぐ使える実践型の英会話テクニックやビジネス英語講座、TOEICのスコアアップ講座等も合わせて紹介していきます♪
メールを送るサーバーの限界があるので、初回300名様限定とさせて頂きます。

・第一日目: 1.英語圏の文化を理解する為に必要な英語のイディオムとフレーズの学習:食べ物やカルチャー偏

・第二日目: 2.英語力を磨くために:句動詞をマスターする学習

・第三日目: 3.パターントレーニングに応用可能な映画やドラマなどの会話フレーズで学習

・第四日目: 4.シークレットアドバイス:ネットで無料で英語スピーキングする為の方法やサイトの紹介

・第五日目: 5.絶対にTOEICのスコアアップをさせる為に必要なスキルとオリジナルノウハウ紹介

・第六日目: 6.恋愛英語フレーズと国際恋愛英語

・第七日目: 7.すぐに使えるビジネス英語フレーズ集

・第八日目: 8.リスニング力をアップさせる教材の探し方とテーマの選び方について

また、お申し込み頂いた方に以下の無料で英語学習のE-BOOKをプレゼントしています。
このE-BOOKは「ビジネス英語をマスターする為の英語フレーズにテーマをしぼった教材です」

※こちらのE-BOOKは、メルマガ英語塾の最終回である第八日目にプレゼントさせて頂いております。



※ 最近、携帯電話のキャリアのメールアドレスにはメールが届きにくくなっています。登録の際はパソコンのメールアドレス(プロバイダーのアドレスやyahoo,gmail等)のアドレスでのご登録をお願い致します。

※また、こちらのメールシステムの都合上、お名前を登録して頂く際に変わったニックネームで名前を登録されますと、メールが届かなくなってしまう事があるので、出来るだけニックネームではなく、お名前で登録お願いします。


お名前
メールアドレス




© 2016 独学で英語を勉強してマスターする為の方法を紹介する英語学習サイト:マスターランゲージ | イギリス英語の学習方法も紹介しています。 · Subscribe: RSS Twitter · マスターランゲージ