英語の早口言葉で英語の発音練習をする方法について紹介


英語の早口言葉で英語の発音を練習しましょう



今回の記事は「英語の早口言葉で英語の発音を練習する方法」について紹介していきたいと思います。早口言葉は、どの国の言語(外国語)にもある言葉遊びだと思います。


例えば日本語では、「隣の客は柿をよく食う客だ」という早口言葉がありますよね。これは早口言葉を説明する上でとても良い例の一つです^^。この早口言葉を言おうとすると、「カ」と「キャ」の発音を間違えてしまう人が多いですよね。


英語の早口言葉で発音の練習をする方法
英語の早口言葉で発音の練習をする方法



そして早く言えば言おうとする程、完璧に言えなくなってしまいますよね^^。日本語の早口言葉は、日本語を学習する外国人にとっても発音の練習にとても良いんです。


同じく英語の早口言葉も英語の発音を練習する際にとても効果があります。
英語の早口言葉を使って英語の発音の練習をすれば、とても楽しく発音の練習が出来ると思います^^。

英語では早口言葉の種類がとても多いんです。ですから、英語学習者の方は自分の苦手な英語の発音を重点的に集中して練習していくと効果があがると思います。


しかし英語の発音を勉強している日本人の学習者にとっては、英語の発音の中でいくつか「言いづらい発音」や「難しい発音」があると思います。例えば以下の発音が最も代表的なものとしてあげられると思います。



  • 「rの発音」と「Lの発音」
  • 「sの発音」と「shの発音」
  • 「vの発音」と「bの発音」
  • 「thの発音」と「zの発音」



これらの「発音ペア」は日本人の英語学習者にとってとても発音しにくいと思います。それぞれのペアの中の発音はとても似ていますので、区別できない方が多いと思います。これらの音をしっかりと発音できないと、早口言葉を完璧に言う事は出来ないでしょう。

これから以下に最も難しい英語の発音が含まれている英語の早口言葉を紹介していきたいと思います。早口言葉を言う前に、難しい発音の言い方を練習しておきましょう。例えばまず、「r」と「l」の発音の違いについては理解されているでしょうか。


音の作り方をマスターしたら、今度は早口言葉をゆっくり、はっきりと言っていきましょう。声をだして、それぞれの音節をはっきりと発音しましょう。ゆっくりしたスピードで言えるようになったら、今度はスピードアップしていきましょう!



英語の早口言葉で英語の発音を練習: 1. 「r」と「l 」の違い



Red lorry, yellow lorry.


日本語の意味: (赤いトラック、黄色いトラック。)
※「Lorry」はイギリス英語で「トラック」という意味になります。



英語の早口言葉で英語の発音を練習: 2. 「s」と「sh」の違い



She sells sea shells by the sea shore.

日本語の意味: (彼女は海岸で介殻を売っています。)



英語の早口言葉で英語の発音を練習: 3. 「v」と「b」の違い



Veronica bit into a very bad berry.

日本語の意味:(ヴェロニカはとてもまずいベリーを噛みました。)


英語の早口言葉で英語の発音を練習: 4. 「th」と「s」の違い



Six thick thistle sticks.

日本語の意味:(六本の太いアザミ。)









   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post