英語のスピーキング力を伸ばす方法:一人で行なうスピーキングの勉強方法紹介


日本人の英語力で最もかけているスピーキング力を伸ばす方法

 

日本人の英語学習者の中で、英語力の分野を、スピーキング、ライティング、リーディング、リスニングというように大きく分けた時に
こららの中で、何が一番得意かと質問すると、『リーディング』が比較的得意だと答える人が多いと思います。

私自身も、英語を本格的に学ぼうと考えた時に、今の自分の英語力の中で
比較的、得だなと自分が感じたのが、リーディングでした。

逆にもっとも苦手だと感じたのが、スピーキング力でした。
私達日本人は、中高(大学受験した人は大学含む)で約6年間英語の教育を受けた事もあって
リーディングや英単語に関しては、多くの知識を持っています。

しかし、英語を話すスピーキングになると全く駄目という人が多いのも現状です。

 

英語のスピーキングの勉強方法について
英語のスピーキングの勉強方法について


 

英語学習者の中で最も勉強時間が少ないと思われるスピーキングの勉強時間

社会人で英語学習している人達の学習時間の内訳を質問してみると
英語文法学習、英単語の学習、リスニングの学習に比べて圧倒的に
英語のスピーキングに割いている時間が少ない方が多いです。

英語のスピーキング上達方法の一番のポイントは、スピーキングの学習に費やす時間を増やす事ですので
スピーキングに苦手意識のある、英語学習者の人は、今行なっている英語の学習時間のスケジュールを大きく見直す必要があると思います。

英語がペラペラになりたいのに、英単語の暗記をしたり、英文法の勉強に時間を割くことは本来間違っています。
ですから、今までの英語学習に充てていた時間を、少しでも多くスピーキングの勉強時間に充てる事が得策です。

 

英語を話す機会が日常生活で少ないと考えている人への学習対策

日常生活で、英語を話す機会が少ない、もしくは全くないと感じている英語学習者の人は多いと思います
英語学校に通っている人ならまだしも、忙しい英語学習者にとって英語学校に行く時間のない方も多いと思います。

しかし、何も英語学校にいかなくとも、ネイティブと会話しなくとも英語のピーキングの勉強は行なう事はできます。

 

 

・スピーキングを上達させるには、自分一人で、自分の口から伝えたい文章を繰り返し暗唱する。

自分の伝えたい内容を正しい英語に直して、正しい文章で、なるべく適切な発音で口から出す練習をします。
これなら、時間と場所を選ばずにネイティブスピーカーがいなくてもスピーキングの練習が可能になります。
誰に話しているわけでもなく、壁に向かって英語を話す練習です。

英語のスピーキングの練習は、特定の誰かに向かって話す事が重要なのではなく
重要な事は『自分で考えた英文を、自分の口から出す』この訓練が一番重要なのです。

壁に向かって話す人が嫌だと感じる人は、極端な話、人形相手でも、パソコン画面に映っているネイティブの写真相手でも
全くかまわないと思います。

とにかく、まずは英語を口に出す練習が、英語のスピーキングを上達させる近道です。

 

 

 






   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post